タグ別アーカイブ: ホノルル

【ホノルルの夜シリーズ Vol.1】マウンテンを一緒に登ることの価値【ホノルルマラソン2014】

ビジネス思考

前回、ホノルルマラソンを完走した話をしたのですが、様々なメッセージが来て凄く嬉しかったです。ありがとうございました。   そんな中、今回ホノルルツアーに一緒にいったメンバーとは、夜一緒にホテルの部屋でお酒を飲んだりなど、約1週間、寝食を共にする過程で非常に濃い話をすることが出来ました。メンバーのみなさんは、全員が独立して自分でビジネスをしている、またはこれからやっていこうとしている方でした。(勤めている方は今回は0人でした。)なので、これからどういうビジネスをしたいのか?自分の実現したいことを、どのようにマネタイズし、ビジネスにしていくか?というような話がメインで、すごく色々面白い話が出来たんですよね。そこで、今回から「ホノルルの夜シリーズ」と名付け、(なんか意味深なタイトルになってしまった笑)興味深い話題だと思ったものを数点紹介していきたいと思います。※ただし、恋愛話ではなく、あくまでビジネスの話に焦点を当てたいと思います笑さて、まず今回、「ホノルルの夜パート1」のテーマとして取り上げるのは、ーーーーービジネスをしていくには「実績」がまず必要か?ーーーーーという話題です。例えば、情報発信をするときには、お金的な実績が必要だから、転売などをして実績をつけよう! とか   イベントがしたいから、まずはその分野について自分が詳しくならないといけない とかアームレスリングの楽しさを世に広めたくて、その為には、まず自分がアームレスリングを強くならないといけない とかこのような形で、『実績をつけてから、外への発信を行おう』という思考になる場合が、結構多いです。もちろん、この思考も素晴らしいことだし、それで成功している人もいます。実績はあった方がいいに決まっています。しかし、実績をつくるというのはもちろんですが、簡単ですぐに出来ることではないし、本来発信をしたいにも関わらず、実績をつくることをまず目標にしないといけないので、逆に僕は遠回りなんじゃないかと思うんですよね。さらに、実績というのは最初の段階で、認知してもらうきっかけにすぎず、継続してお客さんになってくれる人は、『実績』にずっと惹かれて参加してくれるわけではないのです。     では、何に惹かれるのか? というと、あなたの提示する「理念」です。理念というのは、例えば、イベント企画だとすると「そのイベントに参加する人に、どういう風になってほしいのか?」だったりするし、情報発信だと、「読者さんに、どういったライフスタイルを歩んでほしいのか?」ということだったりします。そしてその「理念」に共感してくれる人が参加してくれるということなのです。つまり、イメージとしては、「山(マウンテン)の頂上を見せる」感じです。     山の頂上を見せて、その山に一緒に登りませんか?という提案をするのです。そして、共感する人とその山を登っていく、というスタイルになります。これは、どんなビジネスでも一緒で、基本は、この『山(マウンテン)』という考え方が非常に大事です。なので、実績というのは、山の存在を知ってもらうきっかけにしかすぎないので、正直それほど重要ではないのです。それよりも重要なのは、「山(マウンテン)の頂上は何か?」ということです。例えば、情報発信の場合は、・情報発信を通して、読者さんに目指してもらう「山の頂上」を決める・山の頂上にいくためには何が必要なのか? を考える・それを「企画」という形で提供して、一緒に山の頂上に登っていくというイメージです。つまり、「情報発信マウンテン」をつくるのです。ちなみに、僕の情報発信マウンテンの頂上は、「脱固定ライフ」です。固定概念を捨てて、自分らしいライフスタイルを築くという頂上をまずは提示します。そして、脱固定ライフに行く為に必要な要素として・自分自身を表現すること・仕掛ける側になることをまず挙げています。だからこそ、僕はあらゆるビジネスの中でもその両方が実現できる、情報発信ビジネスを教えているのです。そして最近では、さらに必要な要素として・整理力を上げることを提案しています。「ランナーズハイ」や新企画「パズル」は、この整理という要素を重視した企画にしています。このように、言うまでもないかもですが、僕はただ思いついたままに企画をつくってポンポン提案しているわけではなく、全ては、「脱固定ライフ」というマウンテンを登ってもらうために必要な要素を企画という形にしているにすぎないのです。こうすることで、自分の活動に一貫性がでるし、何より、読者さんも自分自身もお互いが進化する「マウンテンを一緒に登る」という構造ができます。こう考えた時に、先ほどの「実績をまず出してから発信する」ということをマウンテンに当てはめると、まず、自分がマウンテンをかなり登って、もしくは登りきって頂上に行ってから、人を集めるということになります。そう考えると、タイムロスがあることが分かりますよね??そうじゃなくて、一緒に最初から自分も参加者と『一緒に』マウンテンを登っていけばいいわけです。事例でいうと、「ランナーズハイ」はまさにその思考です。実績を出してから発信するという思考だと僕が一度今年にホノルルマラソンを完走してから、「僕も完走しました!あなたもランニングをはじめてみませんか?」という提案になります。そして、みんなで走るのは来年のホノルルマラソンになってしまうのです。これだと、参加者の人にとってもタイムロスなのは言うまでもありません。さらに、ここからが大事なのですが、タイムロス以上に「登ってから提案する」スタイルのもったいないところは、「ストーリー」を共有できない ということなのです。今回、僕はランナーズハイのメンバーさんと、ホノルルマラソンをはじめとして、フルマラソンを完走する、という目標を共に歩んでいます。つまり、ランニングにおいては、メンバーさんと僕は同じストーリーを歩んでいるのです。だからこそ、そこに一体感が生まれます。そして、今回のようにホノルルマラソンを一緒に完走することで、そのストーリーは1人の完走よりも当然巨大になり、より大きなストーリーを生み、それは企画としての価値をかえって増幅させます。つまり、単に「マウンテンを一緒に登る」ということは、時間短縮という意味のみならず、『ストーリーを共に歩むことで、一体感を生む』というものすごい効果が生まれるわけです。だからこそ、マウンテンを自分で登りきってから発信するよりも一緒にマウンテンを登る、ということはものすごく大事なんです。「一緒にマウンテンを登る」ということに関する他の例を上げると、勉強会、イベント、ランチ会、スカイプ会議、などなどです。つまり、「場」をつくって、そこにコミュニティを形成するということです。で、大事なのはその「場」における理念=マウンテンの頂上を明確化して掲げること。これをしっかり行えば、共感する人は集まってきてくれるのです。これが、僕は自分にとっても、そしてお客さんにとっても価値のある形だと考えています。こういったことを、実際はもっと端的で、違う形ですが、ホノルルのホテルでお酒を飲みながら話していました。(これも1つの場ですよね)なので、僕自身も非常に気づきを生んだし、凄く面白い時間だったなーと思います。次回も、「ホノルルの夜パート2」という形で、1つ話題を取り上げてシェアしていきます^ ^ ホノルルの夜パート2 ⇒ しばらくお待ち下さい!続きを読む

汗と雨と涙の、ホノルルマラソン2014レポ!!【ランニング×ビジネスコミュニティ「ランナーズハイ」企画】

ホノルルマラソン2014

今回は「ホノルルマラソンレポ!」という形で、本日ハワイで催された「ホノルルマラソン」に出場したお話をしたいと思います^ ^今回、ホノルルマラソンに参加したのは、僕の企画「ランナーズハイ」のメンバーさんの内、計7名が参加!   ホノルルマラソンはハワイ時間の朝5時にスタートするので、時差の関係もあり(ちなみに日本との時差は19時間なので、朝5時は日本では丁度夜0時)出来るだけよいコンディションで挑みたいと思い、数日前からハワイに来て、ハワイの美味しいご飯屋さんにいったり、(普通の観光者向けのお店はそこまでなのですが、現地のしか行かないようなお店を紹介していただき、行ったお店は格別でした。)海でボディーボードをやったりなどなど時差ぼけを修正しながら、ハワイを堪能しました。       ご飯もものすごく美味しくて、堪能しました!   [caption id="attachment_4273" align="aligncenter" width="650"] アサイーボール[/caption] [caption id="attachment_4274" align="aligncenter" width="650"] ガーリックシュリンプ[/caption] [caption id="attachment_4275" align="aligncenter" width="650"] ハワイ滞在中で一番おいしかった甲殻類鍋!![/caption] [caption id="attachment_4276" align="aligncenter" width="650"] 食べきれないくらいのパンケーキ[/caption] そんな中、マラソンにおける準備も万端で、ランハイのランニングコーチである浦中さんが、マラソンの前後に必要なものをリストにまとめてくれて、レースの前日は、これを飲むといいとか、当日のレース前、レース中に取り入れるべきドリンク・サプリメントものなども提示してくれたり、さらに、怪我を予防するテーピングも個々に行ってくれて、本当に頼もしい限りでした。   よし、これでホノルルマラソンはバッチリだ!と思っていたのですが・・・・   なんと! レース当日は大会では異例の雨と風が凄いという天気だったんです!!笑     しかも、ホノルルマラソン以外の日は晴れていたにも関わらず、なぜか、レース当日だけ雨という状況でした。しかし、これには実は思い当たる節があって、浦中さんは、最強の『雨男』なんですよね。浦中さんが出場するほとんどのレースは、雨か雪という、ありえないほどの雨男で、僕や他のメンバーがそこそこの晴れ男にも関わらず、それを全く蹴散らすかのように、見事にレース中はずっと雨が降っていました。「浦中さんがいるから仕方ない・・」とメンバー一同渋々受け入れ、レースに望みました。 僕は雨のレースというのは初めてだったのですが、雨って想像以上にランナーの体力を消耗させるんですよね。。体も冷えて、寒くなってくるし、もう本当に最初から過酷なレースでした。しかし、それにも屈せず走れたのは、ホノルルマラソンの雰囲気と、応援してくれる方々がいたからでした。スタート時には大きな花火が上がり、3万人以上のランナーが一斉スタート! http://youtu.be/QzbDxcsL1s4 そして道路の脇には、常に応援してくれる人がいて、ハイタッチをしながら走ったり、横でライブ演奏している人もいました。     なぜかバッドマンがいたりなども、、笑   http://youtu.be/NfcWHNpdgvY 雨の中、一生懸命応援してくれ、またそれに答えて懸命にゴールを目指す周りのランナーに刺激され、僕も走ることができました。僕は今回が、初のフルマラソンで(最長のレースが30km)30km以降の足の疲れ具合などを経験したことがなかったのですが、噂で聞くとおり、30kmくらいを超えてから足が動きづらくなり、ペースが極端に落ちました。今回のレースでは、5時間を切りたいという目標があったんですが、それが段々難しくなってきました。そして、35kmくらいから、1kmが非常に長く感じ、ただただ気力で走るような状態でした。しかし、39kmくらいから、5時間30分は切れることが分かり、絶対に切ってやるという思いで、無我無心で走りきりました。   最後はしんどすぎて半泣きみたいな感じで笑、周りの応援の人に「笑顔でー!」みたいなことを言われるのですがそこまでの余裕がほとんどなく、ゴールしてから更に感情がこみ上げ、ほぼ泣いているような状態でしたww。いやー! ホントにきつかったです。結果的に5時間10分くらいで無事完走することが出来ました!完走Tシャツとメダルをもらったときは感無量だったし、そのTシャツを来て、ハワイを歩いていると、「You Finish?? Oh,Yeah!!」みたいな感じで賞賛してくれるので、少し誇らしく思いました。確実に、このマラソン完走という出来事は僕を数段成長させてくれたと思います。 結果的に、ランハイメンバーも全員が無事完走し、本当によかったです^o^ランハイのみんなの話を聞いていると、フルマラソンは、人によって様々なストーリーがあって本当に面白いし、何より、何にも変えがたい達成感が本当に前進で感じることができました。日々の成果をレースで発揮でき、本当によかったと思います。ホノルルだけじゃなく、日本にも色々なレースがあるので、定期的に参加していこうと思います。(僕は次回は3月のレースを控えています)いやー、本当に感動した、そして物語のある大会になりました。ホノルルマラソンがきっかけで、ランナーズハイというコミュニティ企画やスポーツコーチの方々に出会えたので、本当に感謝です。ではでは、今回はホノルルマラソン2014レポでした!     p.s.   僕が企画しているランナーズハイについての詳細はこちら!    続きを読む

ホノルルマラソン2014に出場する上で色々調べてみた【初マラソン+初ホノルル!】

ランニング

今年の12月にホノルルマラソン2014に出場しようと思っています。 僕自身はマラソン自体も始めて。   どうせなら、日本とは離れた、ちょっと非日常な空間で マラソンの達成感を味わいたいと思ったのです。   そんな中、始めてのホノルルマラソンということで、 色々事前調査をしてみたので、シェアしようと思います。   ホノルルマラソン2014 公式ホームページ   ホノルルマラソン2014って? そもそも、ホノルルマラソンってどんなマラソン? っていうことなのですが、 「世界最大の市民マラソン」と言われており、2014年の今年で41回目を迎えます。 もちろん、ガチなマラソン選手も参加しますが、僕みたいに健康志向の一般市民も多く、 なんと日本人は近年だと、参加者の過半数をしめているということで驚きです!     ホノルルマラソン2014の開催日程 2014年は、12月14日(日)。 まだ暑くならないうちに、午前5時スタートです^ ^ 例えば、3時間ちょっとで完走したとしても午前8時にはゴールなので、 暑くなってバテないうちにゴールできますね。     ホノルルマラソン2014の参加資格 ホノルルマラソンは抽選とかではなく、エントリーすれば誰でも参加できるとのこと^ ^ また、7歳以上だったら参加できます。年齢制限もありません。 例えば90歳近い方が完走するということもあるそうです。   また、完走する自身がない人も、 レースデーウォークっていう、レースではなく10kmのコースを楽しむというものもあり、 赤ちゃんを抱いたりベビーカーに乗せて参加されている方もいるそうです^ ^     ホノルルマラソン2014の参加費用 申し込み時期によって、参加費用は変わります。 日本の受付は、もうアーリーエントリーは終わったので、 はやくて5月30日から10月10日まで、第1期の募集があります。 費用は24000円。 思ったより安いですね!     完走すると。。 完走すると、全員に、完走記念Tシャツと完走メダル、完走証が貰えるそうです。 Tシャツとメダルは年によって異なります。   例えば2012年はこんな感じだったそうです。 [caption id="attachment_3898" align="aligncenter" width="240"] 出典http://www.bodies.jp/blog/020bodies_running_club/0332012/[/caption]   メダルを楽しみに参加してもいいかもですね^ ^       ホノルルで走るという事について   僕は走る事はとても好きで、自宅近くの川添いによく走りにいっています。 こちらの記事にも以前書いた事があります。 朝ランニングを1日20分するだけで24時間が有意義になる!朝ランニングを1ヶ月続けてみて感じること   走っているときって本当に色々なことを考えられて、 仕事のこととか日常のことか、それらが整理されていく時間のように思えます。   そんな日々のランニングも好きなのですが、 目標を決めて、それに向かったランニングもしてみたかったし、 何よりその成果をホノルルで達成できるのは最高だと思います。   マラソンもホノルルも始めての僕にとっては 凄く貴重な経験になりそうです。       p.s.  ホノルルマラソンに関連した面白い企画を 近々メルマガ内で行います。 もしホノルルマラソンに興味ある方は下のリンクから登録してみてください。 ↓↓↓↓↓↓↓続きを読む