自分が一番信用しているもの

僕が情報発信において、
ここ1,2年の中で心がけている事があって、

それは、
「誰かが言っているような事を、自分が考えた言葉のように言わない」
という事です。


言い換えると
「自分で考えたり、気づいたりした事だけを、発信しよう」
と心がけるようにしています。



実際、情報発信って、やろうと思えば誰でもできます。

なぜなら、情報の9割くらいには、権利や特権などがないので、
誰かが、一次情報として発信した情報を、
いくらでも自分の情報として発信できるからです。

そして、それは特に悪い事でもなく、
情報が広まっていくとは、そういう事なので、むしろ重要な事でもあります。



でもだからこそ、誰かが言っている情報を、
あたかも自分が思ったり考えたかのように言う事も、
全然できてしまいます。

なので、情報発信自体は、
自分が沢山の情報を持っていなかったとしても
全然出来る訳ですね。



そして、情報発信をビジネスにする事においても、
自分で、0から何かを生み出さなくて良い訳で、

あらかじめ存在する情報を、
自分なりに加工・アレンジして、発信していけば、
ある程度は形になります。



もちろん、その加工・アレンジの仕方によって、
価値の大きさが変わるので、そこはスキルが必要ですが、

そのスキルさえ身につければいいので、
やはり、情報発信のビジネスと言うのは、
誰にでもチャンスがあると言えるでしょう。




実際、僕も数年前は、誰かが言っていた情報を、
自分の情報として、発信していた事も、
今思うとあったのかなーと思っています。


もちろん、全然それは悪い事ではないのですが、
その頃の自分を思い返すと、
根本の部分では、自分に自信がなかったんだなと、今では思います。


だからこそ、誰かの言葉を借りて発信した方が、
言葉の責任が、自分自身にないと潜在的に思えるので、
ある意味、楽だったのかもしれません。




でも、ビジネスやトレードなどを年単位で取り組み、
多くの成功経験や失敗経験を積み重ねていくにつれて、

自分自身から発する言葉を、
他の何よりも、信頼するようになってきたのです。

この変化はとても大きいなと思います。



以前は、自分より凄い誰かの言葉を信用し、
むしろ、自分が考える言葉の方に、
疑いを持っていた自分自身が(今思うと)いました。


しかし、やはり、色々な経験をするにつれて、

「自分が一番信用しているの『自分自身』」と思うようになり、
そういう精神状態が、一番いいのではないか、思うようになってきたのです。


だからこそ、自然と情報発信自体も、
自分が、思ったり、感じたり、考えたりした事を、素直に発信したい
と、思うようになってきました。




もちろんこれは、
師匠やメンターがいる事がいけないとか、
他人の言葉を信用してはいけないとか、そう言う事ではありません。


そうではないですし、
むしろ、自分より凄い人からは
たくさん吸収した方がいいに決まっています。


しかし、大事な事は、

たくさん吸収したとしても、
思考の主軸は、常に自分自身にあった方がいい

という事です。



その体制が作られていない状態で、
凄い人の言葉を聞くと、
それが、自分の軸だと勘違いしてしまいます。

でも、本当はそうではないので、
そうやって構築された軸は、かなり脆く、
ちょっとしたきっかけで、一瞬で崩壊したりします。



なので、思考の主軸は、常に自分自身の中に持ち、
「自分が一番信頼しているのは『自分自身』」という状態を作った方が

長期的な意味で、強く凛々しい軸を持つ事ができるし、
その軸は、どんどん積み重ねていけるので、
結果的に、太くたくましい軸になると、僕は実感しています。




もちろんこれは、自分の世界に閉じこもったり、
自分の意思を曲げず、頑固になる事でもありません。

時には、自分が大事にしていた価値観すら、ぶっ壊れる事もありますが、
自分の軸を持っている人だからこそ、
その崩壊を、真の意味で、価値のある経験として落とし込めるのだと思います。




なので、僕自身も、
まだ自分の軸が確立しているような柄ではありませんが、
特に、ここ数年で、その大切さと面白さを実感していますし、

これからも、自分で考え、自分で気づき、
自分の言葉で発信していきたいなーと思います^ ^



それでは、今日はこの辺で!
ありがとうございました。