高名なる郷士、ドン・キホーテ・デ・ラマンチャの人柄と冒険について

それほど昔のことではありません。その名は忘れましたが、ラ・マンチャ地方のある村に、槍立て台に槍、古い盾、痩せ馬と猟犬と住むような型通りの郷士がおりました。羊肉よりも牛肉の方が多めの煮込み鍋、ほとんどの夜食はサラダ、土曜日には臓物、金曜日にはレンズ豆、日曜日には少し贅沢に小鳩を余分に食べ、これで収入の4分の3ほどは消えていました。

残りは休日用の上質な上着、ベルベットのズボン、靴になりましたが、平日の間は最高の手織りの服で勇敢な姿を見せていました。彼の家には、40歳を越えた家政婦、まだ20歳前の姪、そして畑や市場で働く若者がおりました。この郷士はもうすぐ50歳になろうとする年齢で、骨組みは頑丈、肉付きは薄く、細面、たいへんな早寝早起きで、部類の狩猟好きでした。

  • aa

あああああ

あああ

あああ

見出しH2

「友よ、サンチョ。向こうに30だか40だかの大きな巨人が見えるか ? 私は彼らと戦い、殺すつもりだ」

— ドン・キホーテ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031