タグ別アーカイブ: 視覚障害

まっくらやみのエンターテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」が面白い

日常から学ぶビジネス

ダイアログ・イン・ザ・ダークってご存知ですか? 真っ暗闇の中で、様々なイベント行うとってもユニークな企画で、 僕も先日友達から聞いて凄く興味をいだきました。 参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、 暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。 目が見えなくても生活ができている視覚障害の方がリードしていくのがすばらしいアイデアだと思います。 イベントの過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、 そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出しますイベントです。 世界 30か国・約110都市で開催され、2011年現在で900万人以上が体験したこのイベントは、 1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれました。 1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、約10万人が体験しています。 現在は、東京を中心に開催されていますが、関西でもぜひやってほしいなと思います。 今のシーズンで開催されているイベントをご紹介します。 ----- 年末年始は暗闇で忘年会・新年会しませんか? 特別企画: 『Party in the Dark!!』 ----- 年末年始はなにかと人が集まる季節ですね。 いろんな形でダイアログ(対話)がもっともっと広がってほしいという想いから、忘年会や新年会などにご利用いただけるお得なプランをご用意いたしました。 是非この機会にいつもお世話になっている方たち、もっともっと仲良くなりたい人たちと遊びに来てください。 とのことです。 ぜひみなさんも体験されてはいかがでしょうか?? ダイアログ・イン・ザ・ダーク http://www.dialoginthedark.com 続きを読む

視覚障害の方から学ぶ事 Vol.2 「食べるものの判断基準」

日常から学ぶビジネス

僕のお知り合いの方に、全盲の方(Yさん)がいらっしゃって、とても仲良くさせていただいています。 Yさんは、視覚障害者さんの施設の職員をされておられ、僕も出来る事で協力したいと思っていて、最近お会いする頻度も多くなりました。 先日、夜の打ち合わせを終えてから、「せっかくなので、ご飯を食べにいこう!」ということになり、「つけ麺屋」に行く事になりました。(こちらの記事でご紹介した「あんびしゃす花」へ) (さらに…)続きを読む