タグ別アーカイブ: 書籍

FX・株式投資のトレードマインドを原理原則から理解できる必須本!《書籍『ゾーン — 相場心理学入門』》

僕が現在トレードを学んでいる師匠の野田さんから「トレーダーとしてのメンタルを構築するにはかなり良書」とオススメされて「ゾーン — 相場心理学入門」というトレードマインドについて書かれた本を読みました。  ゾーン — 相場心理学入門 実は、僕はトレードを始めてから、一度たりとも、トレードに関する本を読んだことがなくて笑言わば外からの情報を入れずに、野田さんからのみ学んでいたんですよね。 そんな中、今回初めて、トレードに関する本を読むことにしたのです。 野田さんが言うには、本を買って読むときに気を付けるべきことは、その本が今の自分のレベルにあっているのかどうかの判断が必要になることです。 大体の本はテクニックについて書かれているものが多いみたいですが、そのタイプの本は知識不足の段階で読まれてもほとんど意味がないかと思いますので、ご注意ください。 初心者の方が陥る大きな罠で、知識不足の段階でテクニック的なものを追いかけてもほぼ意味がありません。 野球で例えると、ピッチャーの投げた150kmの球を打ち返す技術よりも、10打席バッターボックスに立って何回出塁できるのか、の確率を上げる方が大事なのと考え方は似ています。 そこで、初心者の方におススメするのであれば、メンタルに関する本です。最初に身に付けるべきことは、実はこういうメンタルの構築でしてテクニック的なものは知ってもほぼ意味がないとお考えください。 理由は、前述のように知識不足で読んでもよく分らない、テクニカルの根本が分からないので扱いきれない、などのためです。 ということで、「確かにそうだな」と思い、技術力以上に、トレードのメンタルをまずは鍛えよう思い、今回の本を読むことにしました。  ゾーン — 相場心理学入門 ところで、僕は本業としては、メルマガ執筆やそれに伴うビジネスコンサルがメインで、そんな中、もう1つのビジネスとして、トレードを始めました。 なので、正直言うと「他のビジネスでも成功できているから、トレードでも成功するだろう」などと思ってたんですよね(今思うと、その時点でマインドができていなかったなと思っています笑)  しかし、トレードには、他のビジネスにはない種類の「自分の心理状態」の制御が非常に重要になってきます。これは非常に特殊で、おそらくトレードならではだと思うのです。 だからこそ、多くの人が、他の職業では成功していても、トレードではなぜか成功しない人が現れてしまうそうです。  この本では、なぜ、トレードで95%の人が成功せず、資金をなくしてしまうのか?さらにそれを踏まえて、トレードを行う上で、重要な思考とは何なのかを、まさに原理原則から説明されている本となります。  実は、僕はこの機会にと、この本以外にも、数冊のマインド本を読んでみましたが、多くのマインド本は、毎回トレード目標を立てましょう。毎回のトレードで研修をしましょう。ミスを次の成功へと繋げましょう。と、言わばこう言う感じのことが書かれている本が多いのですが、 本書は、俗にあるマインド本とは一線を画しており、市場(マーケット)が次にどう動くかを知る必要はないトレードとカジノは実は同じである分析法を学べば学ぶほど、損失を繰り返してしまう理由などが書かれています。 また、僕たちが生まれてきてからどう言った教育を受けてきており、それがトレードにどのように起因するのか?だからこそ、どう言った心構えにトレードをしていけばいいのかと言う本当に原理原則の深い部分から書かれているので、非常に納得度合いが大きいのです。  また、僕は普段ビジネスコンサルをしているのですが、その時によく使う言葉が「情報」「エネルギー」「信念」こういったキーワードです。 このキーワードは単体で聞いても、何のことか分からないかもしれませんが、ビジネスで成功するには非常に重要なキーワードなんですよね。(分かる人には分かると思います。)  本書では、実は上記の3つのキーワードが全て、そして度々登場し、まさか、トレード本からその他のビジネスにおける成功法則の根底を担う言葉が出てくるとは思わないかったので笑今までやってきたビジネスともリンクする部分が非常に多かったです。  結構密度が濃く、読み応えがある本ですが、「なぜ他のビジネスで成功している人でも、トレードになると成功できないのか?」などが理解できます。 また明日からトレードの心持ちが一気に変わることを断言します。これからトレードを始める方や、トレードでなかなか成果が上がらない方に非常にオススメです。 ゾーン — 相場心理学入門  ゾーン — 相場心理学入門(Kindleでも読めます!)  続きを読む

【書籍】もっと自由に働きたい / 家入一真

僕は基本的に、「仕事」と「遊び(プライベート)」を意識して区別していない。 毎日が「仕事」とも言えるし、毎日が「遊び」なのかもしれない。 今年2012年のはじめに起業し、自分で仕事をしていると、そのような区別が そもそもなくなってしまったような感じだ。 同じ年の友達は、今年大学を卒業後、会社に就職し日々忙しそうに働いている。 一方僕は就活をせず、自分で仕事を行っている。 そんな状況の中、「働く」ということについて考えていたときに出会った本だ。 (さらに…)続きを読む