タグ別アーカイブ: アニメ

奏でるように、文章を書く【アニメ「四月は君の嘘」から得た気づき】

ビジネス思考

こんにちは、江藤です。僕は日頃からアニメが好きで、結構色々見ているのですが、最近色々な気づきをくれたアニメの1つに「四月は君の嘘」というアニメがあります。   結構前のアニメなのですが、「四月だしなー」という理由で笑、見てみると、予想以上に、ものすごく感動してしまい、泣きながら見ていました笑。どんなアニメかを簡単にいうと、クラシックピアニストの中学生とその仲間たちの物語です。(簡単すぎかな?笑)なので、随所にピアノのコンクールで演奏するシーンがあったりします。実は僕も、4歳くらいの時から中学生の時まで、クラシックピアノとジャズピアノを習っていました。中学生の時は、合唱コンクールや卒業式でピアノ伴奏をしたり、ピアノ教室の発表会などで、人前で演奏するということをしていました。それが大学時代に、作曲やDTMでの音楽制作をするきっかけにもなり、その結果、京都の地下鉄の予告音に僕の音楽が採用されたりもしました。(今でも使用されています)人生、些細なことが巡り巡って、結果に、実績になっていくものです。このような背景もあり、このアニメのシーンにもある、コンクールでのとてつもない緊張感や、覚悟を決める気持ち、演奏を終えたあとの拍手、表彰をされたときの感動など共感できる点が多かったです。そして、アニメ内でも度々表現されているのが、演奏に感情が乗ることで、演奏する音が変化するというシーンです。怒りの気持ち、感謝の気持ち、好きだという気持ち、こういった気持ちが、同じ楽譜の同じ人のピアノ演奏にもかかわらず、音が変化して、観客への響き方が変化するのです。特にクラシックは、あらかじめ演奏する楽譜がしっかり決まっているので、基本的に誰が演奏しても、曲自体が大きく変わることはありません。でも、演奏する人によって全く違った演奏になるし、同じ人だったとしても、その時の感情や状態によって、その曲が悲しい曲になったり、嬉しい曲になったりするんですよね。つまり、ピアノの音に、自分自身が現れるのです。当時は不思議だなーと思っていたのですが、今は僕自身、『パズル』でいっているように、「目に見えない情報」が「目に見える情報」に影響を与えるわけですので、パズメンの方は、当然のように理解できるとは思います。そして、このアニメを見た後に、1つ思ったんですよね。「僕がピアノ時代に経験したような、 演奏するときの緊張感とか、 演奏した後の感動と同じようなものを 最近、味わったことあったかなー」と。たった数分かもしれませんが、数十人、数百人が自分の演奏に注目する。感動させれば拍手は大きいし、ダメだったら全否定されるかもしれない。演奏だけじゃなくて、自分そのものを評価されてしまうようなあの緊張感と、だからこその達成感と感動を、味わっているだろうか・・・と。やはり、あれはピアノをやっていたからこそ味わえたことだったのか?僕が中学生の合唱コンクールで最優秀賞を取った時、思わず涙が出てしまったような、溢れるような感情はもう味わえない感情なのだろうか。そう思いかけたのです。そんな矢先、僕はふとメールボックスを覗くと、メルマガへの返信メールが数通来ていました。「江藤さん、いつもメルマガありがとうございます。 今回のメルマガの内容、すごく共感しました。」「江藤さんの企画に参加して、こんな気づきがありました。 素晴らしい企画をありがとうございます。」「江藤さんのメルマガに出会って、こんな変化がありました。 これからもよろしくお願いします。」これを見て思ったんですよね。そうか、僕は演奏をするフィールドが変わっただけで、今までずっと、同じ思いを味わってきていたんだった。音じゃないけれど、文章に僕の感情を乗せて、1万人を超える観客に、届けているじゃないか、と。それが、共感されれば、人の心に響けばたくさんの返信がくるし、講座に参加してくれたりもする。そんな表現会場と表現手段を、僕は無意識につくっていたのです。情報発信をするということは、文章を書くことであり、ビジネスをすることです。これは当たり前です。しかし、それ以上に自分を(自分の会社を)表現することでもあります。表現するというのは、最初は緊張するし、不安もあるし、評価を気にします。でも、それを乗り越えた人だけが、舞台に立ち、乗り越えたからこそ得られる感動に出会います。大切なのは、舞台に立つことなのです。そして、何かを誰かに奏でることなのです。人が何かを感じるのは、音符そのものではなく、文章そのものではなく、それらに乗せられた、あなたの思いなのです。「一生懸命文章を書いているのに、なんで成果が出ないの?」そう思う人ほど、そう思う時ほど、感情という「目に見えない情報」を大切にしてほしいのです。演奏をするかのように、文章を書くのです。今日はどんな演奏をしようかな?聞いてくれる人に、何を届けようかな?ちゃんと届くかな? 届くといいな。そんな思いを、文章に込めてみてください。僕も、もっといい演奏ができるようにそして、もっと多くの人の未来を色づかせられるように、頑張りたいと思います。     p.s.「目に見えない情報」って何? という人は、僕の企画『パズル』で詳しくお伝えしているのですが、下の動画でも軽く解説してみたので、もしよければみてください。 動画提供終了        続きを読む

稼いで、そして何をするの??〜アニメ「キルラキル」から学ぶこと〜

未分類

最近結構寒くなってきて、寒いのが苦手な僕は、必然的に家や室内にいる機会が多くなってます。そんな中、最近「今日は1日アニメをみよう^ ^//」と思った日があって、前から結構みたいなーと思っていたアニメを順次見ていました。そんな中で、今放送しているアニメで、「キルラキル」っていうアニメがあって、それが結構設定が面白く、考えさせられたので、ご紹介したいと思います。 キルラキル HPはこちら 作画や描写の独特なので、好き嫌いは分かれそうです。 キルラキルの世界 まず、「キルラキル」のアニメの世界では、学園長が街の全てを支配しています。生徒は、学生服によって位分けがされていて、無星、一つ星、二つ星、三つ星、学園長の順番で地位があるんです。例えば、部活の部長になれば、位があがり、また部活の実力によっても位が変わります。また、生徒の学生服の位によって、その家族の生活水準まで決まってしまうのも特徴です。自分の子どもの成績(勉強とか部活とか)で、家族の生活レベルまで決められるって言うまあちょっとよくわからない設定なのですが、そこはアニメなので黙認しましょうww。 部長になれば、地位があがり、生活水準があがる。   この原理を利用して、主人公の1人である女の子は、部活を新しく立ち上げ部長になり、そして数ある部活動の中で優位性を築けば、家族の生活水準があがると思いつき、新しく部活動を立ち上げます。そして他の部に喧嘩をしかけて、のし上がっていこうとするわけです。そして、そうするにつれて、家族の生活は凄く豪華になり、住まいはタワーマンションになったり、着る服も豪華になったり、お金使いも、ものすごくなっていきます。家族中、その生活を幸せだと感じ、もっと上を目指していくわけですが、だんだん家族の仲や、同級生の友情などが崩れていくことになります。欲に溺れすぎてしまった結果、友情をという大切なものをいつの間にか忘れてしまい、結局それに気づいた主人公は、退部を決意し、もとの生活に戻るという話です。   稼いで、そして何をするの?? 設定がユニークなので、話についていくのが精一杯かもしれませんがww、このアニメで僕が言いたいのは、欲に溺れすぎてしまうと、自分が本来求めていることといつの間にか違う方向にいってしまうということです。それは、お金か愛か、というよりは、両方を得ていく為に、お金を得る手段やバランスは考えていく必要があると僕は思っています。お金を得るために、大切な人を傷つけてしまったり、自分の本心とは違うことをしてしまったり、実は僕は最初の段階では、結構ありました。でもなんか違うと思って、お金の稼ぎ方を意識するようになりました。例えば、僕の場合は、「今日世界(又は国内)を旅行したいと思ったら フラッと旅行にいけるくらいの自由」を求めているので、それをある程度キープできるように仕事を選んでます。例えば、毎週セミナーをしなければならないのなら、その自由さはなくなるし、何か納期に追われるような仕事も極力いれないようにしてます。そうすることで、あまり回り道せずに、その目標まで歩んでいるという実感があります。そして事実、情報発信のビジネスはそれが可能なわけですから^ ^もちろん、何かに挑戦することで、得られる物が大きいし、新しい世界が見えてくるので、僕の過去にセミナーや合宿をやっていたし、これからもやっていきたいと思っています。自分の中の変なこだわりとかは捨てるべきだし、捨てることで、見えてくる世界があるので、とことん捨てていくべきだとは思います。しかし、自分の中で本当に大切なものは、大切にしていくべきなのかなって思いますね^ ^僕の場合の根本は「自由」で、その根本って結構大事なのかなって感じます。そして、お金を稼ぐこと自体が目的でなく、稼いでから何をするのか?何をしたいのか?で、お金の稼ぎ方も変わってくるかもしれません。まあ、一度欲に溺れるつもりで、がむしゃらに稼いでみてもいいかもしれませんがww。もし、今「お金稼ぎたい!」って思われている場合が多いと思うので、その気持ちは大切にしたまま、稼いだ先に何を求めるかを、一度具体的に考えてみてほしいです。続きを読む