NO IMAGE

シングルタスクVSマルチタスクの実験

こんにちは、江藤です。 
 
さて、今日の発信は、 
『マルチタスク』と『シングルタスク』の話と、 
面白い実験を紹介したいと思います^ ^ 
 
 
 
ご存知かと思いますが、 
『マルチタスク』というのは、 
 
例えば、仕事でいうと、 
音楽を聴きながら、書類の作成を行い、 
同時に、届いたメール返信を行う。 
 
という風に、 
「一度に複数の仕事・行動を、同時進行で行う」スタイルですね。 
 
 
 
対して、 
『シングルタスク』というのは、 
 
この時間帯は、書類の作成を行う事だけに集中して、 
それが終わったら、メール返信だけを集中して行う。 
 
という風に、 
「1つの時間には、1つの仕事をしかしない」スタイルです。 
 
 
 
 
これは、仕事以外にも、色々言えまして、 
例えば、テレビを見ながらご飯を食べるのは、マルチタスクですし、 
 
ご飯を食べる時は、食べる事に集中して、 
その後に、テレビを集中して見るのであれば、シングルタスクです。 
 
 
 
これを踏まえて、 
ちょっと振り返ってほしいのですが、 
 
あなたは、ご自身の仕事を、 
『マルチタスク』でしていますか? 
それとも『シングルタスク』でしていますか? 
 
 
また、 
『マルチタスク』と『シングルタスク』は、どちらの方が、 
より効率がよく、より大きな成果が出やすいと思いますか? 
 
ぜひ、ちょっと考えてみてください^ ^ 
 
 
 
・・・ 
・・・・ 
 
 
 
さて、 
これを証明する、次のような実験があります。 
 
簡単にできるので、ぜひやってみてください^ ^ 
数分で出来ます。 
 
 
 
まず、1枚の紙と、ペンを用意します。 
 
 
そして、紙を、 
横に三等分する形で、 
次の3つを書いていきます。 
 
ーーーーー 
・上側には、「123」を20セット 
 →つまり「123123123123123・・」というもの 
 
・中央には、「ABC」を20セット 
 →つまり「ABCABCABCABC・・」というもの 
 
・下側には、「○△□」を20セット 
 →つまり「○△□○△□○△□・・」というもの 
ーーーーー 
 
これを書いていきます。 
 
 
なので、完成形としては、 
 
上側に、「123」が20個書かれていて、 
真ん中には、「ABC」を20個書かれていて、 
下側には、「○△□」を20個書かれている。 
 
という状態が、出来上がるはずです。 
 
 
 
 
さて、上記を、 
2パターンの方法で書いていき、 
完成するまでの時間を比較します。 
 
 
 
1つ目のパターンは、 
『シングルタスク』方式です。 
 
まずは「123」を20個書く事に集中して、 
それが全て終わったら、「ABC」を20個書く事に集中して・・ 
 
という形で、 
1つの作業が終わるまでは、次の作業には取り掛からないようにします。 
 
 
 
そして、2つ目のパターンは、 
『マルチタスク』方式です。 
 
「123」と書いたら、次に「ABC」と書いて、 
その次に「○△□」と書いたら、また「ABC」と書く・・・ 
 
という形で、ランダムに1セットずつ書いていき、 
3つを同時進行でこなしていくイメージです。 
 
 
 
この2パターンは、 
書き方のスタイルが違うだけで、作業量は同じになります。 
 
その中で、「シングルタスク」と「マルチタスク」の2パターンで 
完成する時間を測定し、比較すると、色々気づく事があります。 
 
 
 
 
・・・・という事で、 
ぜひ、上記の実験をやってみて、 
 
ーーーー 
「シングルタスク」と「マルチタスク」のどちらが、 
より効率的に、より大きな成果を出す事が出来るのか? 
ーーーー 
 
を考えてみてもらえると嬉しいです^^  
 
 
そして、これが、はたして毎日続いたら、 
結果に一体どれくらいの差がついていくのか? 
もイメージしてみてください。 
 
 
 
また、次回以降の発信で、 
「シングルタスク」と「マルチタスク」について 
補足しようと思います! 
 
ではでは、今日はこの辺で! 
ありがとうございました。 

次の記事

こんにちは、江藤です。   前回の記事では、 ーーーーー 「シングルタスク」と「マルチタスク」の どちらが効率がいいのか? リターンが大きいのか? ーーーーー という部分を、 1つ実験を紹介しながら、話していました。 (実験をやったという[…]

IMG