一巡して、やっと一人前

以前、ある懇親会で、読者さんと話す機会があって、
その時に、こんな質問というか、疑問を言われていました。

ーーーーーー

ビジネスやマーケティング、コピーライティングを学んでいくと、
世の中の、あらゆる物事を、ビジネス的に解釈してしまったり、
仕掛ける側の視点として、全部が目に入ってしまうような感覚になるんですよね。

例えば、映画をみた時に、
それをビジネス的に考えてしまったりするので、
純粋に楽しめないというか。

それって、実は返って、
人生を楽しめなくなるような気がするんですよね。

ーーーーーー


それを受けて、僕は、

「いや、それはそんな事ないですよ!
 むしろ、一巡して、また素直に体験できるようになるので大丈夫です^ ^」

と言っていました。



ビジネスを提供する側の視点を持った時に起こる事


実際、
質問された方が言われている感覚って、
僕も、凄く分かるんですよね。


ビジネスを学んだり、自分でビジネスをスタートさせると、
いわゆる「ビジネスを提供する側の目線」や「価値を提供する側の目線」で
世の中を見れるようになります。


これは実際、物凄いパラダイムシフトで、
消費者側のみの目線では、決して体験できないような、
ビジネスをする側に立たないと、見れなかった景色を知る事になります。




そもそも基本的に、この世の中を見回してみると、
あらゆるものが、ビジネスで成り立っています。


なので、朝起きて、夜寝るまでに見る景色を、
提供者側の目線でみる事ができるようになるので、

これまでと、全く同じ景色を見ていたとしても、
その見え方が、本当に180度くらい変わってしまうのです。



例えば、お店で物を買う、レストランで注文する、ホテルに泊まる、
ネット記事を読む、Youtubeを見る、ライブに行く、映画を見る、など
そういった全てを、提供者側の目線から考えたり、考察できるようになります。


実際、僕も、情報発信ビジネスを始めて、
ネットマーケティングやコピーライティングなどを学び始めてから、
そういった、自身の世の中の見え方の変化に、感動すら覚えたのです。





ただ、そんな中、
「提供する側の目線」を手に入れてしまったが故に、
逆に、色々な事が起きたりします。


例えば、

・ビジネス的な目線で見てしまうので、
 純粋に楽しみたいのに、楽しめない自分がいる

・様々な事を、ビジネス的に捉える事が出来るので、
 ビジネスをわかった気になってしまう
 なので、返って自分自身が行動出来なくなってしまう

・ビジネス的な目線で見ると、今まで見えなかった裏側まで見えてしまう事から、
 逆に、そんなビジネス自体を、好きじゃなくなってしまう

・・・みたいな事が起きるケースがあるのです。



で、僕も経験があるので、凄く思うのは、
(少し表現が強いかもしれませんが)

そう思っている段階って、
実は、まだビジネスの事を全然分かっていないんですよね。



どちらかというと、ビジネスの知識がある事で、
分かった気になっているだけ、という感じなのです。

ビジネスを知っているというだけで、
ビジネスを分かっていない、という事です。


これは、過去に僕もそういう経験があるからこそ、
そう言えると考えています。


そういった経験を経て、一巡する



そして、ビジネスで色々経験しながら、
そういった精神段階をさらに超えてくると、

僕は『一巡する』と思っていて、
今度は、むしろ素直に、色々なものを見れるようになります。


以前よりも一層、素直に見れるようになり、
いわば、素直さが研ぎ澄まされるイメージなのです。




もちろん、
培った「提供する側の視点」自体は持っている訳なので、
今度は、そのスイッチのON/OFFが、出来るようになります。

なので、ビジネスの目線で見たい時に見れるし、
普通に楽しみたい時は、楽しめるようになるのです。



また、本当の意味で、
ビジネスで成功している人を、(もちろん成功の仕方による場合もありますが)
尊敬できたり、尊重できるようになったりするのです。




僕はこの「一巡する」という感覚は非常に大事だと思っていて、
これらは、ビジネスだけじゃなくて、トレードとか、
あとは日常生活の中でも存在すると考えています。


一巡出来た時に、
「やっと一人前になったのかな? いや、まだまだだな。」
と思うくらいが、僕はいいのではないかなーと思います。



それでは、今日はこの辺で!
ありがとうございました。