勇気を持って、淡々と挑む

HSBC-HongKong1

 
香港滞在3日目になりますが、 
 
今日、香港に来た一番の目的である 
HSBC香港の海外口座の開設が無事終わりました^o^ 
 
 
すごく緊張したのですが、 
無事終わり、ようやく一安心です・・・。 
 
 
 
 
ちなみに、 
HSBCというのは、ご存知の方も多いと思いますが、 
香港だけでなく、 
イギリス、シンガポール、マレーシアなど世界に拠点を持つ 
世界最大級の銀行(金融グループ)です。 
 
 
 
 
 
で、そんなHSBCの、たかが銀行口座開設を 
なぜそんなに大袈裟に言っているかというと、 
 
以前は、 
日本人の銀行口座開設もスムーズな受け入れをされていたのですが、 
実は近年、年々審査が厳しくなっており、 
 
知り合いの経営者さんからは 
現在、日本人の受け入れは 
ほとんどしていない、と聞いていたくらいなのです。 
 
 
 
 
しかし実際に調べてみると、 
英語がしゃべれる日本人しか、 
口座を開設することができないと、いう感じで、 
 
逆に言うと、 
英語が話せれば、開設は可能なんですよね。 
 
 
 
 
 
 
そんな中、 
「僕は英語がしゃべれるのか?」と言うと、 
 
以前メルマガでも言ったかもしれませんが、 
物凄く苦手なんです笑 
 
 
 
だからこそ、 
今までは海外旅行ですら消極的なところがあったのですが、 
 
今回どうしても、今後ビジネスをしていく中で、 
HSBC香港の口座開設がしたいという思いがありました。 
 
 
 
 
 
なので、考えた挙句、 
 
「だったら、口座開設に必要な 
 最低限の英語をしゃべれるようになればいいや! 
 英語に慣れるいい機会だ!」 
 
という結論に至ったのでした笑。 
 
 
 
 
 
 
とは言っても、 
もちろん、1人単身で急に乗り込むのは 
あまりにも無謀で、無計画です。 
 
 
そう思い、色々調べてみると 
なんと、口座開設までの英会話を 
サポートしてくれるサービスを発見しました^ ^ 
 
(色々なサービスがあるものですよね。 
もちろん合法で、金融庁から認められているサービスです) 
 
 
 
 
 
そこのサービスは 
銀行口座開設に必要な英語を始め、その他の準備物も教えてくれ、 
 
さらに当日、スタッフが銀行まで 
一緒に同行してくれるというサービスでした。 
 
(しかし、同行してくれるだけで、通訳してくれる訳ではありません。 
実際の開設までの英会話は、完全に一人で乗り切る必要があります。) 
 
 
 
 
僕は、早速そこに申し込み、 
口座開設に必要な英語を教えてもらい、 
当日までに練習をして、今日の本番を挑みました。 
 
 
 
 
早速銀行に入り 
「I want to open new account.」と言って、 
パスポートと国際免許証を見せると、 
ブースに通してもらいました。 
 
 
 
そして、1人の銀行員の方と 
ブースで1対1で、面接をする感覚で書類審査をされ、 
 
「何のために口座開設するのか?」 
「初回は何円入金するのか?」などなど 
 
英語で様々な質問をされました。 
 
 
 
 
 
で、口座開設に必要な会話って、 
結構決まっているものも多いので、 
想定して会話の準備はしていたのですが、 
 
実際には、想定しなかった質問もバンバンされて、 
かなり神経を使いました。 
 
 
 
 
正直焦った部分もありましたが、 
無事口座開設の審査がおりました^ ^ 
 
 
これで審査に落ちたら、 
香港に来た意味がほぼなかったので、 
無事にミッションクリアが出来て、一安心という感じです^ ^ 
 
 
 
 
 
また、1つよかったことは、 
今回の1件で、英語により興味を持ち、 
 
もっと英語で喋れるようになりたい!と 
思うようになったのも、嬉しいことでした^ ^ 
 
 
 
 
 
 
今まで僕は、何となく 
「英語が喋れたらいいなー」程度には思っていたのですが、 
 
仮に英語を学んでも、しゃべる機会がない訳なので、 
実際に学ぶことをほとんどしませんでした。 
 
 
 
 
しかし、今回のような 
「海外口座を開設したい」という目標ができたことで、 
 
英語を(多少ではありますが)学び、 
そして実践をする場を 
意図的に設けることができたんですよね。 
 
 
 
 
 
 
何かを学んだり、取り組んだりするのって、 
結局、何でもこういうことなんだなーと思います。 
 
 
つまり、目指すものや目標があるからこそ、 
それを達成するために、 
学んだり、実践をしたりするのだなーと。 
 
 
逆に、そうじゃないと頑張れないです。 
 
 
なので、 
何かに挑戦をし続け、常に目標を持っている状態ほど 
上達スピードや成長スピードが速いのは、 
ある意味当然だと感じました。 
 
 
 
 
 
 
そして、前回もお伝えしましたが、 
 
目標が高ければ高いほど、 
必要なリソースが 
色々な面において、様々に出てきます。 
 
 
 
だからこそ、 
それを1つ1つ習得したり、乗り越えていう内に 
自然と様々な経験やスキル、知識が身につくんだなーと実感しました。 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん、何かに挑戦することって、 
同時に、結構勇気がいることだと思うんです。 
 
 
 
しかし、勇気を持ちながらも 
 
それを、ある意味”淡々と”、 
ミッションをこなしていく感覚が、結構オススメです。 
 
 
 
 
1、目標を高く設定して、エネルギーを作る 
2、目標達成に必要なミッション(リソース)を考える 
3、ミッションを1つ1つ、達成しやすいところからトライする 
4、ミッションを得るための準備を整え、勇気を持って淡々と挑む 
 
 
こういう感じです。 
 
 
 
 
 
今回の口座開設は、 
小さな出来事ではあるのですが、 
僕にとって、ある意味、 
大きく自信につながる一歩となりました。 
 
 
 
 
 
おそらく、人それぞれ、 
様々な目標を持っているはずです。 
 
その目標が 
客観的に見て大きいか・小さいかなどは 
どうでもいいと思います。 
 
 
 
 
 
それよりも 
 
自分の中で、大切にしているその目標を 
達成するために必要なミッションを1つ1つ定めて 
1つ1つ挑戦していくことが大事だと思います。 
 
 
 
そんな中、僕がオススメしたい意識は 
「勇気を持って、淡々と挑む」です。 
 
 
 
それでは、ありがとうございました! 
 
 
 
 
江藤誠哉 
 
 
 
 
 
 
p.s. 
 
 
 
余談ですが、 
 
中国人は日本人に比べて、 
比較的、店員の人の対応が荒かったり、 
適当な部分が多かったりという感じを個人的に受けるのですが、 
 
だからこそのメリットを発見しました。 
 
 
 
それは、そんな環境の中で、 
時々、日本では当たり前と思われる対応をしてもらったとしても、 
 
「えっ! この人ものすごく親切じゃん!」とか 
「ここまでしてくれるなんて・・」 
 
と思ってしまうんです笑 
 
 
 
周りの環境によって、同じサービスでも  
受ける感情が変わるなんて、不思議なものです。 
 
 
 
 
それにしても、香港のご飯は 
(お店を選べば)、安くて美味しくて沢山食べれるので、 
とても気に入りました^ ^ 
 
 
IMG_4249 IMG_4251 IMG_4252
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です