幸せの条件〜お金と時間と幸せについて〜

bsFCFS_hotcake

 

こんにちは、江藤です。

今回は「幸せの条件」をテーマに 
お話ししていこうと思います。 
 
 
というのは、 
僕自身この1年間、 
 
幸せとは何なのか? 
何において、幸せと感じるのか? 
 
ということを、すごく考える年だったからです。 
 
 
 
 
実際に、お金がたくさんあると幸せなのか? 
と言うと、やはりそれは1要素に過ぎないものでした。 
 
 
 
 
もちろん、 
お金はあった方がいいに決まっています。 
 
なぜなら、選択肢を増やすことが出来るからです。 
 
 
 
僕も、ある程度のお金を手にしたことで、 
数年前では考えられないような選択が出来るようになりました。 
 
 
 
 
 
 
例えば、最近で言うと 
「不動産を購入する」ということをしました。 
 
 
「えっ、不動産!? なんでまた」 
と思われるかもしれませんが、 
 
これまで、自分が不動産を購入するなんて 
本当に思ってもいなかったので、自分が一番驚いています笑。 
 
 
 
今までは、そもそも別世界だと思っていたり、 
不動産の話とかを聞いても 
「ふーん、別にいらないし」とすら思っていました。 
 
イメージすらできなかったし、興味の対象外でした。 
 
 
 
 
 
 
 
でも、お金があることで、 
自分の世界の範囲が広がり、 
それらが視野に入るようになったのです。 
 
 
だからこそ、興味が出てきて、 
そしてその重要性を感じ、 
具体的な行動へと移った事になります。 
 
 
 
 
 
当然、これは事例の1つで、 
僕は不動産がどうこうと言うつもりはありません。 
 
 
何が言いたいかというと、 
お金があるメリットは、 
一言で言うと”世界が広がる”いう事です。 
 
 
 
 
 
しかし、だからと言って、 
お金だけが、必ずしも幸せに直結するかというと、 
そうでもないというのも僕は感じました。 
 
 
 
 
 
 
例えば、毎月自動収入が入ってきて、 
それで生活が出来るようになってしまうと、 
 
言ってしまえば「暇」になるんですよね。 
 
 
 
だって、別に何もしなくても、 
最低限度のお金が入ってくる訳ですので。 
 
 
 
 
 
 
 
で、この状態になると、途端に 
「これから一体何したらいいんだろう・・・」となる訳です。 
 
 
 
 
 
なぜなら、今までは、 
 
「お金を稼ぐ」という 
目標を掲げて様々な行動をしてきて、 
その目標が達成されてしまうと、 
 
次に起こす行動を見失ってしまうわけです。 
 
 
 
 
 
言わば、 
「プチ・セミリタイア」みたいな感じです笑 
 
一見楽しそうな世界のようですが、 
正直、『暇であること』というのは 
何もいいことではないし、何も生まないのです。 
 
(時間的余裕はあるべきですが、暇である事とはまた違うのです。) 
 
 
 
 
なので、よく「セミリタイア」というのが 
ビジネスで目指すものの1つとして提示されますが、 
 
僕としては、実際には 
全然いいものではないと思っています。 
 
 
最初は「幸せだな〜」と思うかもしれませんが、すぐに飽きます。 
(もちろん一度どの状態を経験してみるのもいいとは思いますが) 
 
 
 
 
 
 
 
じゃあ、 
何を持って「幸せ」かというと 
僕は1つ確信しているものがあります。 
 
 
 
それは、 
 
『目標や夢に向かって”挑戦”している状態』 
 
が「幸せの条件」である、ということです。 
 
 
 
つまり、 
「挑戦」こそが『幸せ』なのです。 
 
 
 
 
 
 
 
実際、僕が 
 
「かっこいいな」「魅力的だな」「素敵だな」 
「この人って活き活きしているな」と思う人は、 
 
皆、自分の達成したいこと・目標・夢に向かって、 
本気で挑戦している人でした。 
 
 
 
 
その姿がカッコイイし、素敵なのです。 
 
そして、そういう人やそういう活動を 
やはり応援したくなるし、自分自身のエネルギーにもなります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆に、もう山の頂上にいると思っていて、 
あとはただ見下ろしているだけで、 
 
全てを知った気になって、 
斜に構えているような人は 
僕は全然魅力的に思いません。 
 
 
 
応援したいとはあまり思えないし、 
そして、その人から学ぶこともあまりないのです。 
 
 
平和ボケしてたり、現状維持というのは 
やっぱりそれは衰退と同じだと僕は思っています。 
 
 
 
 
 
 
また僕は、目標や目指すものがなくなってしまった時、 
そして「暇」になった時に、 
 
人は”精神的な脂肪”が身につくと思っています。 
 
 
 
 
精神的な脂肪がついてしまうと、 
フットワークは低くなるし、 
 
時間を持て余すようになったり、 
(時間的余裕があるのと時間を持て余すのは全然違います) 
 
自分の中のエネルギーが低くなります。 
 
 
 
 
 
 
今、お金を持っているかどうか? とか 
今の到達点がどこか? というよりも、 
 
さらに高みへ「挑戦」している状態こそが 
僕は『幸せ』の条件だと思っているのです。 
 
 
 
また、そういう人には、 
共感する人、応援する人が現れるようになります。 
 
 
 
 
 
 
 
そして、 
実直に「挑戦」をしていたら、 
絶対に成果は出ます。 
 
必ず出ます。出ない訳がありません。 
 
 
 
その挑戦にちゃんと向き合って、 
それを実直に行うのです。 
 
 
 
 
 
そして、それによって成果が出ても、 
それはゴールではなく、新たなスタートなのです。 
 
 
そして、次の目指すべきものに向かって 
飽くなき挑戦をしていくのです。 
 
 
 
 
 
 
 
僕は、こうやって、 
スタートとゴールを繰り返していく時に 
いつも”幸せ”を感じます。 
 
 
 
だからこそ、僕はこれからも 
挑戦をし続ける人間で、ずっとあり続けたいと思うし、 
 
それが出来ることが 
『すごく幸せなこと』だと感じています。 
 
 
 
 
また、そんな環境にある 
自分の過去や周りの環境に感謝するようにもなります。 
 
挑戦していると、周りの景色が輝きだすのです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
「こんな理想に行きたい」 
「こんな夢に近づきたい」 
「この目標を達成したい」 
 
あとは「この人のようになりたい」とかでもOKです。 
 
 
 
こういった感情は、ものすごく貴重で、 
目を背けず、向き合ってこそ価値があります。 
 
 
目指す事の大小なんて関係ないのです。 
それらを純粋に思って、あとはそれを目指すのみです。 
 
 
 
 
 
 
 
そして、僕がやりたい事、 
そしてやるベキだと思っている事は 
 
多くの人に 
理想を描いてもらい(それには大も小も問いません)、 
それに向き合い、挑戦をしたいと思ってもらい、 
 
意識を変えてもらい、 
行動を起こしてもらい、 
理想を現実にしてもらいたい。 
 
 
 
 
そんな挑戦をし続ける人の”力”になりたい。 
 
そして、それによって、 
僕自身もより高みを目指したい、と思っています。 
 
 
 
 
 
 
だからこそ、その思いを形にしたのが、 
 
僕が今まで展開してきた、 
講座であり、システムであり、サービスであり、 
コンサルであったりします。 
 
 
 
 
 
 
挑戦をしている人と、 
挑戦をしていない人は 
「時間」の価値が全くもって違います。 
 
 
これは、 
僕が両方の時期があったからこそ、 
凄く実感している事でもあります。 
 
 
 
 
 
 
人生の捉え方も、 
ビジネスの捉え方も、全て変化します。 
 
 
 
自分の強さも弱さも全てを受け入れ、 
 
それを踏まえて、 
飽くなき挑戦している人は、 
 
表情や言動や姿勢やエネルギーが違います。 
 
 
 
 
 
 
僕は、そんな挑戦の力になりたいし、 
その挑戦による「実現」を一気に加速させる役割を 
担っていけたら嬉しいと思っています。 
 
 
それでは、ありがとうございました。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です