カフェ巡りをしていて思った、お客様の満足をよりアップさせる”ちょっとした”1つの工夫

僕はカフェで仕事をするのがとても好きです^ ^ 
 
そのビジネススタイルに憧れて、今の仕事を目指し 
また今も行っているといっても、過言ではないかもしれません。 
 

 

今日もこんなカフェでランチ&仕事していました。美味しかった・・

今日もこんなカフェでランチ&仕事していました。美味しかった・・

 
 
こんな感じで、カフェで1人でパソコン仕事をする機会は多いし、 
 
また、それ以外にも 
打ち合わせや、ちょっとしたミーティングなどで、 
カフェを使う人は僕だけではないはずです。 
 
 
 
 
そんな中、僕は 
これまで様々なカフェに訪れていて、 
 
多分、カフェグルメ記事を 
連載出来るくらいだと自負しているのですが笑 
 
 
カフェって、本当にお店によって 
メニュー、場づくり、などなどの1つ1つの要素に 
様々なこだわりを感じることが出来るんですよね。 
 
 
 
 
 
例えば、 
 
パンケーキがメニューの軸となっているカフェは、 
お店の雰囲気に少しハワイを感じながらも、 
 
野菜やメープルシロップなどを 
出来るだけ自然食品にしているカフェなので、 
 
テーブルやイスが、木で作られていたり、 
メニューのデザインも、下手な飾りがない 
凄くナチュラルな印象を伺えたりします。 
 
 
 
そういった各要素を通して、 
カフェの世界観(=場)をつくっているという感じです。 
 
 
 
 
 
他にも、1つ1つのカフェには、 
それぞれにおけるのこだわりの数々があり 
僕はいつもカフェに行く度に感じ、学ばせてもらっています。 
 
 
 
 
 
 
 
しかし一方で、こうも思っています。 
 
 
上記のような視点で見るのは 
やはり僕がビジネスをしているからに他ならず、 
 
カフェのお客さん全員が、 
必ずしもそれらの1つ1つの要素に気づき、 
感じてはいないだろうということです。 
 
 
 
 
 
そして、 
これって、凄くもったいないなーと思っていて、 
 
せっかくこだわっているのにもかかわらず 
それが多くのお客さんに伝わっていない現状があるし、 
 
 
またどうせなら、自分のお店のこだわりを 
多くの人に知ってもらったほうが、 
満足度アップやリピーターにつながると思うんですよね。 
 
 
 
 
 
 
また僕自身、 
例えば、カフェで『サラダランチ』などを食べた時に、 
(女子っぽいですがそこはスルーしてください笑) 
 
 
野菜こだわってるんだろうなー。 
使っている野菜とかについて詳しく知りたいなー。 
 
 
などと、思ったりするのですが、 
 
やはり僕は野菜ソムリエではないので、 
食べるだけでは当然野菜の詳細は分からないし、 
そこにも、なんかもったいなさ・もどかしさを感じるんです。 
 
 
 
 
 
 
 
そこで、 
僕は多くのカフェに提案したいのですが、 
 
 
例えば、 
ランチセットに1枚のカードをそえて、 
 
・このランチセットのメニューには 
 どんなこだわりがあるのか? とか、 
 
・そもそもこのカフェのこだわりは何か? とか 
 
・カフェに来てくれたお客さんに 
 どんな気持ちになって欲しいのか? とか 
 
 
こういった思いをカードに書いておいて、 
さりげなくランチと一緒に添えておけば 
凄くいいんじゃないかなーと思うんです。 
 
 
 
 
また、お客さんも 
カフェ側のこだわりを知ることで、 
そういった視点を通して、カフェを見るようになったり、 
 
ランチセットの美味しさも、数倍引きあがるはずです。 
 
 
 
つまり、カード1枚が大きな付加価値となり、 
お客さんに新しい視点を提供出来る訳です。 
 
 
 
 
 
やっぱり、 
提供側のこだわりや思いというのは、 
 
なんとなく雰囲気で伝わることはあっても 
しっかりと『目に見える情報』として提示されないと 
分からないことって、実は非常に多いです。 
 
 
 
 
 
提供する側としては、 
「自分の思いは、お客さんにも分かってもらっているだろう」 
と思っていても、 
 
いざ蓋を開けてみると 
実際にお客さんは 
その”半分”も分かってもらっていない(感じていない)というのが 
 
僕がこれまで 
様々な方のビジネス指導をしてきた中で思う実感です。 
 
 
 
 
 
 
だからこそ、カード1枚あるだけで、 
情報が『目に見える形』で可視化されるので、 
伝わり方や、その度合いは大きく変化します。 
 
そして、それはホスピタリティにも繋がり、 
もっとカフェのことを好きになってくれるに違いありません。 
 
 
 
また、カード1枚なんて、 
コストもほとんどかからないので、 
だからこそ、すぐに出来るし、いいじゃないかなーと思います。 
 
 
 
 
 
 
もちろん、これはカフェじゃなくても、 
どんなビジネスにも言えることです。 
 
 
 
他の飲食店でもそうだし、 
もちろん、イベントやセミナー 
情報コンテンツなどにおいても、 
 
 
“情報をいかに『目に見える形』にして、 
お客さんに伝えられるか?” 
 
という意識は、 
その商品・サービスの価値に直結することが 
非常に多いのです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
じゃあ、具体的に、 
情報を『目に見える形』にするって、 
どういうことかというと、 
 
 
 
例えばですが、 
イベントやセミナーをするときには、 
 
開催の最初または最後などに、 
 
・なんでこのイベントを開催することになったのか? 
・このイベントを通して、参加者にどうなってほしいのか? 
 
これらを伝えることで、 
参加者も理解出来るし、共通意識が生まれるので、 
イベントやセミナーの場に一体感が生まれます。 
 
 
 
 
または、 
パンフレットに書いておいて、 
受付からイベント開始までの時間に 
各自読んでおいてもらう、とかもいいです。 
 
(しかし、読まない人は読まないので、 
ちゃんと口頭でも伝えるのは大事だったりします) 
 
 
 
もしかしたら 
「細かいことだなー」と思われるかもしれませんが、 
こういったことが、物凄く大事なんです。 
 
 
 
 
 
 
また、情報コンテンツの場合は、 
 
セールスレターに、 
 
・なぜこのコンテンツをつくったのか? 
・コンテンツを受け取った人にどうなってほしいのか? 
 
これらを盛り込むことが大事だし、 
逆に、こういったことを伝えるために、 
セールスレターというものが重要だとも言えます。 
 
 
 
 
また、参加してくれた後にも、 
参加者メルマガやコンテンツ内などで、 
その思いを伝えていくことは、やはり大切になってきます。 
 
 
 
 
 
このように、 
提供側の考えや伝えたいことを 
「目に見える情報」として、お客さんに伝えていくことは、 
 
ビジネスの価値を大きく高め、 
さらには、満足度アップやリピーターに繋がっていくのです。 
 
 
 
 
 
 
また、これは 
日々の情報発信においても同じです。 
 
 
自分が、 
 
「こういうことがしたい」 
「こういうことを伝えたい」 
「こういう人を増やしたい」 
 
こういった思いというのは、 
やはり、自分の中で思っているだけでは一向に伝わりません。 
 
 
 
 
 
だからこそ、 
ブログやSNSなどのオープンメディア、 
そしてメルマガなどで、情報発信をして、 
 
“文章”という 
『目に見える形』で伝えるからこそ、 
 
初めて読んでくれる人が出来て、 
共感する人が出来ます。 
 
 
 
 
 
 
もちろん、発信は文章じゃなくて 
動画でもイラストでも、なんでもいいです。 
 
 
形はともあれ 
自分の中にあるものを 
どんどん目に見える形で、発信していくことで、 
 
自分の活動、ビジネスは広がっていくし、 
それ以外の方法って基本的にないのでは?と思います。 
 
 
 
 
 
 
 
ということで、 
 
そのようなことを 
最近のカフェ巡りをしながら思ったので、 
シェアさせていただきました。 
 
 
 
“情報を『目に見える形』にして発信する” 
 
 
この思考で、 
ぜひ、自分の中にあるものを 
発信していってほしいと思います^ ^ 
 
 
 
また、すでに発信している人は、 
もっと自分の思いをより目に見える形で提供できないか? 
を考えてみてもいいかもしれません。 
 
 
 
それでは、ありがとうございました! 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です