暗闇から感じた気づきと安心感〜ダイアログインザダーク〜

あなたは、もし視覚情報が

なくなったらどうしますか??

つまり、真っ暗闇の中に自分がいるように、

全く見えないということです。

実は、そんな非日常な状態を

イベントという形で楽しめるんです。

ダイアログインザダークという、

今全国各地で行われている暗闇イベントです。

詳細はこちら

https://pocowan.com/archives/746

結構気になっていたイベントだったのですが、

関東を中心に開催されていたので、

今まで参加する機会がなかったんです。

しかし、神戸での開催があると

お知り合いの全盲のYさんからお誘いを受け、

参加することにしました。

Yさんとは、かなり仲良くさせてもらっていると同時に、

僕にはもっていない判断基準や視点をもっていて、

かなり刺激を受けています。

きょうから神戸の移動中も

様々な興味深い話を聞いたのですが、

それはまた別の機会に書こうと思います^_^

さて、イベント会場につくと、

まずはじめに、携帯などの電子機器や時計など、光るものをとにかく預けます。

そして、いよいよ真っ暗闇の世界に

入っていくのですが、

ガイドをしてくれるのは、

暗闇のエキスパートである視覚障害者の方々です。

暗闇スペースの中にドアを開けてはいると、

本当に真っ暗で何も見えません。

そんな中を、

8人のグループになって、

真っ暗やみの中で自己紹介をしたのち、

進んで行きます。

みんな見えないので、

自分の存在や、地面の様子、触れたものを

声を出してアピールしていき、

情報をシェアしていきます。

常にみんな声を出しているという感じで、

積極的にコミュニケーションしあうんです。

そして、誰かの背中や腕ににふれて一列で歩いたり、

協力して手を取り合ってサポートしていきます。

そうすると、初対面の人同士にも関わらず、

かなり仲良くなっていくんです^ ^

そして、通常は人と会話するときに、

かなり視覚情報に頼っていることにも気づけました。

例えば、相手の表情や目線、仕草など、

普段は意識している部分を全く意識しないので、

ある意味暗闇の会話には不思議と

安心感みたいなものを感じました。

そして、全盲であるYさんは、

暗やみであろうとなかろうと関係ないわけなので、

僕たちが真っ暗闇で戸惑いをもせている中で、

かなりリードしてくれていました。

暗闇だと、Yさんもみんなも同じ環境になるので、

Yさんにとっては暗闇は得意分野なわけです。

そんな様々な気づきを

得ることの出来たダイアログインザダークは、

思った以上に沢山の気づきを得ることができました。

4月は大阪でも開催がスタートするそうなので、

もしよければあなたも参加して見てくださいね^ ^

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

http://www.dialoginthedark.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です