Tag Archives: 朝ランニング

小説家・村上春樹さんの言葉から、ランニングをする意味に改めて気づく《走ることについて語るときに僕の語ること》

優れた経営者や著名人たちの中には、
ランニングを習慣づけている人達が数多くいます。
 

例えば、

・マクドナルドの原田元社長

・サイバーエージェントの藤田社長

などなど、

 

大企業の経営者さんですら

ただでさえ忙しいにも関わらず、ランニングを継続し、レースにも出場しています。

 

 

 

これは、ランニングが、その人達の思考を変化させているとも言えるし、

そういった人たちだからこそ、
ランニングの重要性を理解し、習慣化しているとも言えるかもしれません。
 
 
 
そんな中で今回は、僕が最近共感した、

ある著名人によるランニングについての言葉を

シェアしていきたいと思います^ ^
 
 
 
 
さて、僕が好きな小説家の1人に、
村上春樹さんがいます。
 
多分、一番好きな小説家は?と聞かれると
村上春樹さんを挙げるほど僕は好きで、
 
僕は、中学の時から親の影響で、村上春樹さんの本を読み始め
(当時は多分訳がわからないまま読んでいたかもですが)
今でも時々読みたくなって、最近また読む機会が多くなりました。
 
 
僕が「もの書き」になりたいと思わせてくれた1人ですし、
文章表現の参考にもしていたりします。
 
 
 

 

さて、そんな村上春樹さんもランニングをしていて、
ランニングについて書いたエッセイも出していたりします。

 

それがこちらです

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 
この小説を読んでいると、

村上さんは、毎日10kmくらいを走っているというから驚きです。
 
 
そんな村上春樹さんが本に書いていた言葉のうち、
1つ共感したものがありました。
 
それが、こちらです。

 

世間にはときどき、日々走っている人に向かって
「そこまでして長生きしたいかね」と嘲笑的に言う人がいる。
 
でも思うのだけれど、
長生きをしたいと思って走っている人は、
実際にはそれほどいないのではないか。
 
 
むしろ
「たとえ長く生きなくてもいいから、
 少なくとも生きているうちは十全な人生を送りたい」
と思って走っている人の方が数としてはずっと多いのではないかという気がする。
 
 
 
同じ十年でも、ぼんやりと生きる十年よりは、
しっかりと目的を持って、生き生きと生きる十年の方が
当然のことながら遥かに好ましいし、
走ることは確実にそれを助けてくれると僕は考えている。
 
 
 
与えられた個々人の限界の中で、
少しでも有効に自分を燃焼させていくこと、
 
それがランニングというものの本質だし、
それは生きることの(そして僕にとってはまた書くことの)メタファーでもあるのだ。
 
このような意見には、おそらく多くのランナーが賛同してくれるはずだ。

 

このようなことをおっしゃっていて、
確かにそうだよなーと思いました。
 
 
 
僕は、ランニングを始め、習慣化する前は、
ランニングって健康を維持するためにするもので、
将来を見据え、健康な将来を送りたいから行うものだと思っていました。
 
確かに、そういう一面は当然あるし、
実際にそうやって走っている人もいると思うのですが、
 
 
 
ランニングをして分かったことは、
未来のために走っているんじゃなくて、
「今」を、「よりよい今」にするために、走るんだということでした。
 
 
 
僕は、しばらく走らない日が続くと、
体も脳も比較的だらけてきて、あまり思考が働かない感じになるし、
あまりいいパフォーマンスができにくくなります。
 
 
しかし、コンスタントに走っていると、
仕事量も仕事スピードも格段に上がるし、
よいアイディアがひらめいたり、
全体的なパフォーマンスは一気に上がる実感があります。
 
 
あと、当然仕事だけじゃなくて、
人生全体をより豊かに、ユニークで、彩りのあるものしたいという、
人生そのものを自分なりに向上していきたい好奇心もより生まれてきたりもします。
 
 

 

このように、「今」をよりよくするために走って、
だからこそ、その連続した「今」が積み重なり、
結果的に、未来をもよくする要素になっていく。
 
これがランニングなんだなーと、
村上春樹さんの言葉を読んで、さらに実感をしました。
 
 

 

今回は村上春樹さんの言葉をシェアさせていただきましたが、
もしランニングをしている人は、

ランニング熱をよりアップしてもらえれば嬉しく思います^ ^/

 

 

僕もこれからも継続して

ランニングによって、より人生も、そしてビジネスも

より豊かにできればと思います!

 

 

 

そんな村上春樹さんのエッセイはこちら!

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

ホノルルマラソン2014出場に先駆けて、ハワイに5日間滞在してきました。

先日ハワイに初めて5日間滞在しました。

というのも、今年の12月にホノルルマラソンに出場するので、その下見を踏まえてって感じです。

共にホノルルを走る仲間や、サポートしてもらっているトレーナーさんと男4人でいきました。

 

IMG_2005

 

東京から飛行機で約7時間くらいで到着。ほとんど寝ていたので、あっという間でした^ ^

案外ハワイって近いんだなーと思いましたね。

ハワイは時々雨が降ったり、また晴れたりと日本にはない感じでしたが、基本的に快晴でした。

 

IMG_2014

ダイアモンドヘッドも乗ったトロリーから綺麗に見えました。

 

IMG_2017

一面のエメラルドグリーンの海。地平線が綺麗に見えました。

 

IMG_2020

 

ハワイは、日本語をしゃべれる人も多く、言語についてはあまり困ることはありませんでした。

なので、海外に来た!っていう感覚よりも、リゾートにきたって感じでしたね。

当たり前ですが、インパクトとしてはカンボジアの方がスリルと緊張感がありましたww

 

気温はアツかったのですが、日本よりも湿度が低いので、汗もあまりかかず快適でした。

ただ日差しが強かったので、長時間外にいるのはちょっと難しい感じでした。

 

IMG_2028

IMG_2032

 

ホテルのプールサイドでは、夕方まで演奏が行われており、それだけでハワイな気分になります。

 

 

ハワイはご飯が大味であまり美味しくない、というのは聞いていたのですが、

お知り合いの経営者さんに、ハワイの美味しいお店にとても詳しい方がいて、事前におすすめのお店をピックアップしてもらってました。

さっそく1日目の晩は、そのお店の1つをチョイス!

 

スクリーンショット 2014-07-05 22.46.18

 

エビが食べれるお店!ということだったのですが、なんと本当にビックリするくらい美味しいお店だったんです。

魚介類のエキスがふんだんにしみ込んだソースがからみ、それを手で向いて食べるのですが、

この店は今回のハワイ滞在で一番美味しいお店でした。

 

観光マップにも乗っていない、地元民しかいないお店で、やっぱり人に聞くのが一番だなーと実感しましたね。

 

IMG_2042

今回ハワイに一緒に言ったメンバー。手前のお二人がスポーツトレーナー兼現役のスポーツ選手。 

 

その後は、またハワイグルメ経営者さんのチョイスである場所へ、、

 

ホテルのフロントにある本棚を回転して動かせば、、、

IMG_2044

 

なんと、その奥にはバーが!

IMG_2045

 

ユニークなバーで、ハワイのビールを飲みました。

IMG_2048

最高の状態で1日目終了!

 

 

2日目以降も色々な所にいきましたよー!

IMG_2051

話題のアサイーボール。僕ははじめて食べましたが、フルーツがいっぱいで冷たくて早朝のお腹にしみわたりました。

 

IMG_2091

パンケーキを頼むと、3枚もきてかなりボリュームがありました。さすがアメリカンサイズ。。この日はお昼ご飯がなくても大丈夫でした。

 

IMG_2112

もちろん、ビーチで泳ぎました! が、ものすごい太陽で、1時間くらいしかいることができませんでした笑

 

 

IMG_2126

ハワイの料理「ポキ」。マグロとタマネギをあえて、ユッケのような味付けでした。

 

 

さてさて、ここまで書くと、ただの観光みたいに思われるかもしれませんが、

今回はなんといってもホノルルマラソンの下見にきたわけですので、ランニングも行いました。

 

毎朝はなんと6:00に起きて、早朝ランニング。

IMG_2156

 

10491168_670963069619878_780868139629421210_n

 

夜も遅くまで起きていたので、あまり睡眠時間は少ない感じでした。

しかも、一緒に来ているメンバーがトレーナーもされながらも現役のスポーツ選手なので、

本当にストイックにランニングなども行い、僕も一緒に頑張りました!

 

でもそんな中でもやはりハワイでのランニングは景色も素晴らしくて、本当に最高でした!

ホノルルマラソンは42.195kmですが、楽しいだろうなーと今からワクワクです。

10496036_670586092990909_5790960145543361329_o

 

初めてのハワイでしたが、本当に「THE リゾート」という感じでした。

しかし、そんな中でも文化の違いも楽しめたし(例えばタクシーは手を振っても泊まってくれないなど)、

最高に美味しいお店も見つけることができ、12月のホノルルマラソンの時はさらに楽しめそうです。

 

定期的に自分のメンテナンスをする方法【ランニング・瞑想・紙に書く】

僕は、人というのは時間を生きていくことで、考え方が変化するものだと思っています。

例えば、10年前の自分と、今の自分を比べてみてください。
あなたの根底にあるものは一緒でも、考え方は全く変わってきているかと思います。

それは、経験によって日々色々なものに影響されるからです。

なので、当初は「これがしたい!」と心の底から思っていても、
時間が経つにつれ、他に目的を達成できる手段を見つけたりして、
刻々と変化していくものではないでしょうか?

その「変化」は僕は凄く重要だと思っていて、
その自分のちょっとした変化に気づいてあげることが大事なのだと思います。

それが、新しい発見につながったり、自分らしいスタイルを築くきっかけとなったりするのではないかと考えるからです。

では、どのように自分のメンテナンスをすればいいか、色々な方法があるかと思いますが、僕が意識的に行っていることを書いていこうと思います。

続きはこちら

朝ランニングを1ヶ月続けてみた結果→「1日20分で24時間が有意義になる!」

最近、朝のランニングを行っています。

 

僕の家からは、京都の鴨川がとっても近くにあるので、

鴨川は景色の移ろいを目で楽しむことができ、走っていてとっても気持ちいいです。

 

 

また、折角ランニングをはじめたのだから、

継続できるように、iPhoneアプリ「RunKeeper」でログをとっています。

 

当初は毎日走ろうと考えていましたが、風邪をひいてしまったりと、

逆に体調を崩してしまったので、無理なく走るようにして、とりあえず1ヶ月続けてみました。

 

その中で、ランニングによる効果として、感じたことを書いていこうと思います。

 

 

続きはこちら