カテゴリー別アーカイブ: ランニング

汗と雨と涙の、ホノルルマラソン2014レポ!!【ランニング×ビジネスコミュニティ「ランナーズハイ」企画】

ホノルルマラソン2014

今回は「ホノルルマラソンレポ!」という形で、本日ハワイで催された「ホノルルマラソン」に出場したお話をしたいと思います^ ^今回、ホノルルマラソンに参加したのは、僕の企画「ランナーズハイ」のメンバーさんの内、計7名が参加!   ホノルルマラソンはハワイ時間の朝5時にスタートするので、時差の関係もあり(ちなみに日本との時差は19時間なので、朝5時は日本では丁度夜0時)出来るだけよいコンディションで挑みたいと思い、数日前からハワイに来て、ハワイの美味しいご飯屋さんにいったり、(普通の観光者向けのお店はそこまでなのですが、現地のしか行かないようなお店を紹介していただき、行ったお店は格別でした。)海でボディーボードをやったりなどなど時差ぼけを修正しながら、ハワイを堪能しました。       ご飯もものすごく美味しくて、堪能しました!   [caption id="attachment_4273" align="aligncenter" width="650"] アサイーボール[/caption] [caption id="attachment_4274" align="aligncenter" width="650"] ガーリックシュリンプ[/caption] [caption id="attachment_4275" align="aligncenter" width="650"] ハワイ滞在中で一番おいしかった甲殻類鍋!![/caption] [caption id="attachment_4276" align="aligncenter" width="650"] 食べきれないくらいのパンケーキ[/caption] そんな中、マラソンにおける準備も万端で、ランハイのランニングコーチである浦中さんが、マラソンの前後に必要なものをリストにまとめてくれて、レースの前日は、これを飲むといいとか、当日のレース前、レース中に取り入れるべきドリンク・サプリメントものなども提示してくれたり、さらに、怪我を予防するテーピングも個々に行ってくれて、本当に頼もしい限りでした。   よし、これでホノルルマラソンはバッチリだ!と思っていたのですが・・・・   なんと! レース当日は大会では異例の雨と風が凄いという天気だったんです!!笑     しかも、ホノルルマラソン以外の日は晴れていたにも関わらず、なぜか、レース当日だけ雨という状況でした。しかし、これには実は思い当たる節があって、浦中さんは、最強の『雨男』なんですよね。浦中さんが出場するほとんどのレースは、雨か雪という、ありえないほどの雨男で、僕や他のメンバーがそこそこの晴れ男にも関わらず、それを全く蹴散らすかのように、見事にレース中はずっと雨が降っていました。「浦中さんがいるから仕方ない・・」とメンバー一同渋々受け入れ、レースに望みました。 僕は雨のレースというのは初めてだったのですが、雨って想像以上にランナーの体力を消耗させるんですよね。。体も冷えて、寒くなってくるし、もう本当に最初から過酷なレースでした。しかし、それにも屈せず走れたのは、ホノルルマラソンの雰囲気と、応援してくれる方々がいたからでした。スタート時には大きな花火が上がり、3万人以上のランナーが一斉スタート! http://youtu.be/QzbDxcsL1s4 そして道路の脇には、常に応援してくれる人がいて、ハイタッチをしながら走ったり、横でライブ演奏している人もいました。     なぜかバッドマンがいたりなども、、笑   http://youtu.be/NfcWHNpdgvY 雨の中、一生懸命応援してくれ、またそれに答えて懸命にゴールを目指す周りのランナーに刺激され、僕も走ることができました。僕は今回が、初のフルマラソンで(最長のレースが30km)30km以降の足の疲れ具合などを経験したことがなかったのですが、噂で聞くとおり、30kmくらいを超えてから足が動きづらくなり、ペースが極端に落ちました。今回のレースでは、5時間を切りたいという目標があったんですが、それが段々難しくなってきました。そして、35kmくらいから、1kmが非常に長く感じ、ただただ気力で走るような状態でした。しかし、39kmくらいから、5時間30分は切れることが分かり、絶対に切ってやるという思いで、無我無心で走りきりました。   最後はしんどすぎて半泣きみたいな感じで笑、周りの応援の人に「笑顔でー!」みたいなことを言われるのですがそこまでの余裕がほとんどなく、ゴールしてから更に感情がこみ上げ、ほぼ泣いているような状態でしたww。いやー! ホントにきつかったです。結果的に5時間10分くらいで無事完走することが出来ました!完走Tシャツとメダルをもらったときは感無量だったし、そのTシャツを来て、ハワイを歩いていると、「You Finish?? Oh,Yeah!!」みたいな感じで賞賛してくれるので、少し誇らしく思いました。確実に、このマラソン完走という出来事は僕を数段成長させてくれたと思います。 結果的に、ランハイメンバーも全員が無事完走し、本当によかったです^o^ランハイのみんなの話を聞いていると、フルマラソンは、人によって様々なストーリーがあって本当に面白いし、何より、何にも変えがたい達成感が本当に前進で感じることができました。日々の成果をレースで発揮でき、本当によかったと思います。ホノルルだけじゃなく、日本にも色々なレースがあるので、定期的に参加していこうと思います。(僕は次回は3月のレースを控えています)いやー、本当に感動した、そして物語のある大会になりました。ホノルルマラソンがきっかけで、ランナーズハイというコミュニティ企画やスポーツコーチの方々に出会えたので、本当に感謝です。ではでは、今回はホノルルマラソン2014レポでした!     p.s.   僕が企画しているランナーズハイについての詳細はこちら!    続きを読む

お台場30kmマラソン完走!!【お台場 海と緑のランニング大会】

朝ランニング

本日、お台場での30kmマラソンに川口さんと出場し、無事完走できました!30kmという距離で完走でき達成感でいっぱいです。       僕はレース自体はじめてで、しかも30kmという距離に対する不安、そしてランナーズハイというランニングコミュニティーを背負っている責任感が入り混じった状態でした。 なので、結構レース前は緊張してたんですよね。   しかし、ふと思ったんです。「これオリンピック選手だったら これと比にならないくらい緊張するんだろうなー。」と。(当たり前ですが笑)   そう思うと、自分の緊張がいかに小さいのかを自覚でき、少し楽になりました。 比較する、ということはすごく大事な価値観だと思います。     さて、会場につくと、すでに色々なランナーが準備運動をしていて見るからに速そうな人もいました。   実際にレースが始めると、速いランナーはものすごい速さで走っていくのですが、僕たちはあくまで自分のペースを守ることを大切にしました。   周りが速いとどうしても焦ってしまうのですが、「外は外、ウチはウチ」。特に長距離だと遅いと感じるくらいが丁度いいとコーチの浦中さんに教わっていたので、それを忠実に守りました。   (これはビジネスにも言えることです。他人がどうとか関係なく自分の世界を貫くことがいいものづくりには大切だと実感しています。) 今回のレースは周回コースで1周5kmを6周する形でした。   やっと3周で15km走っても、「まだ半分かー」と思いましたね笑     走っていると、負担の種類や大きさが変わってくるのを体感できて、10kmまでは心肺に負担がかかり20kmまでは足の一部分、25kmを越えると足全体に負担がかかる印象でした。   これはその人の能力によって変わりそうですが、こういった体の変化を感じるのも非常に面白い体験でした。   結果的に僕は3時間9分で完走。 目標が3時間30分だったので、それを切れてよかったと思います。   マラソン大会の運営なども拝見できて、非常に気づきを得られました。   こうやって1つ1つ小さな成功体験を積み重ねていきたいと思います。   最初は僕も川口さんも3km走ってキツいといっていたくらいでしたが、 ランナーズハイで伝えている3つの要素・期限と目標を決めて、・一緒に走る仲間がいて、・信頼できるコーチがいたら、苦なく達成出来ることが身にしみて分かりました。   達成感でいっぱいです。嬉しい!!次は12月のホノルルフルマラソンです。   本当に、ランナーズハイのコーチとメンバーさんのおかげだとつくづく思いました。 ビジネスもランニングも精一杯自分の表現材料を増やしていければと思う次第です。   ランニング×ビジネスの融合コミュニティ企画「ランナーズハイ」はこちら  続きを読む

NHKに取材された皇居15kmラン

ランニング

こんにちは、江藤誠哉です。 NHKに取材されました笑、、とまあその話は最後に書くとして、、   本日、ランナーズハイのメンバーさん数人と15kmの皇居ランニングを行いました。 皇居は1周5kmなので3周で、10km、15kmなどをメンバーそれぞれに決めてもらったのですが、なんとメンバー全員が目標達成できました^ ^//   動画にもまとめてみました! http://youtu.be/VrYoSu14jsQ     もちろん、僕も完走しました。走る前は、15kmくらい余裕かなと思っていたのですが、実際に走ってみると、予想外にしんどかったんですよね。。。     10kmまでは結構余裕があったのですが、12kmくらいから結構苦しくなり、最後の方は結構バテるくらいでした。 来月には30kmが控えているので、今回15kmを走ってみて、これでは30km走れたとしても結構厳しいなーと。。。   15kmを走ってみて、自分の現在地が分かったというイメージです。       僕はこの「現在地」というのが非常に大事だと思っていて、 何か目標にあるものを目指すにしてもまず「現在地」が分からないと、目標までの距離や進め方というのは大きく変わるように感じています。     例えば、目標はフルマラソン完走だったとして、今の時点の「現在地」が既にハーフマラソンを走れる人と、2kmしか走れない人だったら、目標までの距離というのは大きく変わってくるのは当然です。   ビジネスでも、「情報発信で月○○稼いで、仕事として活動していきたい」というメッセージをよくいただくのですが、 その目標を目指していく上で、まず自分の現在地を理解しておくということはかなり大事です。   っていうかそれをしないと、「楽して稼げるという幻想を抱く」とか「ノウハウを知っただけで稼いだ気になる」ということが起こってしまいます。   これは自分の現在地を理解していないときに起きてしまう現象なのです。         現在地が分かれば、目標との距離感が分かるので、この調子でいいとか、このままじゃいけないという判断もできるし、やるべきプロセスは見えてきます。   なので、自分の進んでいる道に自信も出てくるのです。       じゃあ、どういう風に「現在地」を知るかというと、その1つが今回のように「小さな実験をする」ということです。 例えば、ランニングでいう15kmランのように、目標のフルマラソンではなく、小さい規模で達成できるかを実験してみるのです。     そうすることで、この地点はクリアしている、クリアできていないが分かるので、じゃあ次のどういうアプローチをすればいいのかが分かって来ます。   しかも、その小さな実験で成功すれば、それは『小さな成功体験』として自信にも当然繋がります。     僕自身、15kmランをやって、今回ランニングにおいての現在地点が見えることができました^ ^ ぜひ、あなたもビジネス活動においての現在地を見いだすことを一度意識してみてほしいと思います。         p.s.   今回はメンバーのみんなで、「10over9」という、皇居ランナー専用施設を使用しました。 こんなところ⇒ http://www.10over9.jp     皇居ランナーのために、着替えスペースやシャワールーム、さらにはアスリート食堂なども完備され、本当にランナーのための施設で、感動しました!! 建物もすごく現代的で素敵でした。   しかも今回の「ランナーズハイ」の様子を、NHKさんに取材をしていただきました。 メンバーの方もインタビューに答えてくれてました!   どういう形かは分かりませんが、今月末の番組で放送されるそうです。 これでランニング×ビジネスの価値観がひろがれば良いなー。            続きを読む

10kmランニングして見えた壁【ランニングから学ぶビジネス論】

ランニング

僕は現在週3回ほどランニングに取り組んでいるのですが、本日10km走を完走しました^ ^/   まあ10kmって正直全然なのですが、来月には30kmのお台場でのレースを控えているのでそれを目標に走っています!そして12月はホノルルでのフルマラソン。目標に向かって日々進化していく自分が本当に楽しいですし、気づきも多いです。そんな中で思うのは、走る距離によって負担がかかる箇所が変わるということ。例えば、5,6kmのランだと、息が苦しく心肺機能に負担がかかっているイメージなのですが、10kmくらいを走ると、心肺は全然余裕があるのに、足に凄く負担がかかってくるんです。まだまだ気持ち的にはいける気がするけど足の負担がそれを邪魔しているっていう感じですね。これは長い距離を走ったものにしか分からない気づきだなーと思いました。さらに、これって非常にビジネスにも同じことが言えるなーと思っていて、例えば、月に200万円とかを稼いだ段階に、「あとはこれを繰り返したり、広告費かければ 数千、いや数億だっていけるぞ!」みたいなメンタルになったりするのですが、実はそういうものではなく、ケタを上げることで、初めて見えてくる壁というのは存在するのです。今まで気をつけなくてもよかったことに気をつける必要が出て来たり、瞬発力ではなく、継続して稼ぐとなってきたときにはそれ以上に様々な方面から考えていかないといけなくなります。これは、おそらくそこに到達してやっと気づくことなので、今から予防線をはる必要はないのですが、ランニング同様、一筋縄ではいかないってことです。やっぱり、ランニングとビジネスって繋がるところがあるし、相乗効果で気づきを生むと僕自身実感中です。今回10km以上の長い距離を走ってみて、今回それを凄く感じました。ランナーズハイのメンバーの方も、もう15kmとかと走っている方もいるし、参加当初は2kmくらいしか走れなかった方も今は10kmを継続して走っていたり、コミュニティの価値を感じてくれています^ ^このまま全員でフルマラソン完走して、ビジネスでの成果も出していくぞー!ランハイはプロジェクトとして継続して運営していくので、ランニングがどのようにビジネスに良い効果を生むのか?というランニングでしか成し得ない「脳と体のメカニズム」を無料対談プロジェクトで専門家と語っているので、まだの方はチェックしてみてくださいね^ ^⇒ ランナーズハイプロジェクトはこちら続きを読む

ホノルルマラソン2014に出場します!!

ホノルルマラソン2014

ここ最近、季節の変わり目で、気候が不安定ですよね。そういう時って、結構身体が重ーくなったり調子が悪くなったりするものです。そんな中、僕が非常におすすめしたいのが、ずばり「運動」です。特に、気軽にできてコストもかからない「ランニング」をおすすめしたいです。なんでそういうことを言うかというと、実は僕も数週間前から、ランニングをほぼ毎日行っていて驚くほどの身体と思考の変化を実感しているからです!ネット業界の人ってパソコン作業が多くなりがちで運動不足の人って結構多いのですが、そうなってくると思考も滞ってしまい、いい判断とかアイデアとかができなくなってくるんですよね。身体と心は繋がっているので、ある意味当たり前だし、みんな分かっていることなのに、どうしても運動習慣というのは継続して保てないものです。僕も幾度か「これから毎日ランニングしよう!」と思って頑張ったことがあるのですが、1週間も立たない内に終わってしまったりという経験があるし、これも僕だけはないはずですwwでも、健康であることこそが、何よりの成功だと感じている僕はここままじゃ絶対にダメだ!と思い、この状況を打破するために色々対策を考えました。まず、1つが「目標を決めること」ただ走るだけでは、目標がないので、モチベーションを保てないのは当然です。なので、この際ランニングの先に目標を決めようと思ったのです。その目標とは・・・今年12月に開催されるホノルルマラソンに出場する!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜というものです。・・・・・・「えっなぜホノルル!」と思われるかもしれませんが、せっかく目標を達成するなら、非日常な場所で、最高の気分で目標達成したいですよね。しかも、実はホノルルマラソンって市民マラソンなので、いわば、イベント要素の高いマラソンなんですね。なので、実は98%という完走率を誇っているのです。98%完走しているなら、僕も大丈夫でしょ!という判断で、ホノルルマラソンを選びました。しかも東京マラソンみたいに抽選とかもないので、確実に出場できるのもメリットです。そして2つ目は、「一緒に走る仲間をつくる事」1人でランニングをしていると、どうしても言い訳して継続出来ないという経験は僕もあるので、一緒に目標達成ができる仲間をふやそう!!そう思ったのです。幸いにも、僕が「ホノルル出場するんですー!」って色んな場所で言っていたら、転売で有名な川口さんが、「マジで! 俺もやるよ!」って言ってくれて、2人でFacebookグループをつくって、毎日のランニングを報告することにしています。そしたら、川口さんは、なぜか僕以上にランニングにハマってしまい、体格もなんかここ数週間で本当にビックリするくらい変わっていてビックリしていますwwwそんな中で、「川口さん走っているし、僕も頑張って走らないと!」って思えるし、Facebookグループに残せば、それは証拠になるのであとあと自分で見返した時に、タイムの伸び縮みとかを確認できたりもします。以上の、2つの対策をたてて、今ほぼ毎日(雨の日とかはなしですが)数キロをランニングしているのです。そうすると、むちゃくちゃ身体の調子が良くなって、仕事の効率も自分でもビックリするくらい上がったし、身体が軽い!って思えて来ました。最初の数日はランニングがしんどいなーって思っていたのですが、今はランニングしない日があると気持ち悪いって思えるほどに変化してきました。習慣というのは、本当に人を変化させるものです。運動することによるビジネスの効果は科学的にも色々証明されています。僕も興味があるので、専門でトレーナーをやっている人などに色々話しを聞いているのですが、その内容も近々公開できればと思っています。運動したいけど、してないなーって人はこんな季節だからこそ、嘘だと思って走ってみてください!そんな中でおすすめなので、「Runkeeper」という無料スマホアプリです。詳しくは僕のブログを見てください。ーー朝のランニングログにかかせないiPhoneアプリ「RunKeeper」と「Streaks」がおすすめーー僕もこのアプリで継続してランニングを行っており、僕のTwitterに証拠が残っていますwwwJust completed a 3.13 km run with @RunKeeper. 〜〜〜〜みたいなツイートがそれです。この機会に一緒に走りましょう!絶対にビジネスもより上手くいきますよ。ではでは、ありがとうございました^ ^続きを読む

ホノルルマラソン2014に出場する上で色々調べてみた【初マラソン+初ホノルル!】

ランニング

今年の12月にホノルルマラソン2014に出場しようと思っています。 僕自身はマラソン自体も始めて。   どうせなら、日本とは離れた、ちょっと非日常な空間で マラソンの達成感を味わいたいと思ったのです。   そんな中、始めてのホノルルマラソンということで、 色々事前調査をしてみたので、シェアしようと思います。   ホノルルマラソン2014 公式ホームページ   ホノルルマラソン2014って? そもそも、ホノルルマラソンってどんなマラソン? っていうことなのですが、 「世界最大の市民マラソン」と言われており、2014年の今年で41回目を迎えます。 もちろん、ガチなマラソン選手も参加しますが、僕みたいに健康志向の一般市民も多く、 なんと日本人は近年だと、参加者の過半数をしめているということで驚きです!     ホノルルマラソン2014の開催日程 2014年は、12月14日(日)。 まだ暑くならないうちに、午前5時スタートです^ ^ 例えば、3時間ちょっとで完走したとしても午前8時にはゴールなので、 暑くなってバテないうちにゴールできますね。     ホノルルマラソン2014の参加資格 ホノルルマラソンは抽選とかではなく、エントリーすれば誰でも参加できるとのこと^ ^ また、7歳以上だったら参加できます。年齢制限もありません。 例えば90歳近い方が完走するということもあるそうです。   また、完走する自身がない人も、 レースデーウォークっていう、レースではなく10kmのコースを楽しむというものもあり、 赤ちゃんを抱いたりベビーカーに乗せて参加されている方もいるそうです^ ^     ホノルルマラソン2014の参加費用 申し込み時期によって、参加費用は変わります。 日本の受付は、もうアーリーエントリーは終わったので、 はやくて5月30日から10月10日まで、第1期の募集があります。 費用は24000円。 思ったより安いですね!     完走すると。。 完走すると、全員に、完走記念Tシャツと完走メダル、完走証が貰えるそうです。 Tシャツとメダルは年によって異なります。   例えば2012年はこんな感じだったそうです。 [caption id="attachment_3898" align="aligncenter" width="240"] 出典http://www.bodies.jp/blog/020bodies_running_club/0332012/[/caption]   メダルを楽しみに参加してもいいかもですね^ ^       ホノルルで走るという事について   僕は走る事はとても好きで、自宅近くの川添いによく走りにいっています。 こちらの記事にも以前書いた事があります。 朝ランニングを1日20分するだけで24時間が有意義になる!朝ランニングを1ヶ月続けてみて感じること   走っているときって本当に色々なことを考えられて、 仕事のこととか日常のことか、それらが整理されていく時間のように思えます。   そんな日々のランニングも好きなのですが、 目標を決めて、それに向かったランニングもしてみたかったし、 何よりその成果をホノルルで達成できるのは最高だと思います。   マラソンもホノルルも始めての僕にとっては 凄く貴重な経験になりそうです。       p.s.  ホノルルマラソンに関連した面白い企画を 近々メルマガ内で行います。 もしホノルルマラソンに興味ある方は下のリンクから登録してみてください。 ↓↓↓↓↓↓↓続きを読む