自分の”思考くん”に「旅」をさせてやる事のすゝめ

150607_shinkansen1

 

僕は「旅」という言葉が非常に好きです。 
 
 
おそらく「旅」という言葉ほど 
自分をワクワクさせてくれるものは 
ないのではないかと思うほどです(多分)。 
 
 
 
 
しかし僕の性質上、旅の期間ほど、 
なぜかビジネスの時間に打ち込んでしまうんですよね笑。 
 
 
 
旅の時は、いっそビジネスのことを考えずに、 
ぼーっとしよう、と思い、いつも旅路を出るのですが、 
 
 
新幹線の移動時間、 
旅先のカフェにいる時間、 
ふといつもと違う街を歩いている時間、 
 
 
こういったときに、なぜか突然 
 
インスピレーションが浮かんできたり、 
ビジネスアイデアが出てきたり、 
自分の方向性みたいなものがより見えてきたり、 
 
途端にビジネスモードのスイッチが入ってしまうんです笑 
 
 
 
 
 
例えば、今日も新幹線で、 
吉本ばななさんの小説を読んでいたら、 
 
「なんでこのタイミングでこの話が出て来るんだ」 
というくらい、 
自分の出来事と類似した話が小説に出てきて、気づきを得たり、 
 
「これは僕に対するメッセージなんじゃないか」 
という形で、 
小説からすごく人生の気づきを得たり、 
 
 
小説を読みながら、時々「ハッ」となって、 
iPhoneのEvernoteにメモする、といったことが多々ありました。 
 
 
 
旅の不思議の1つだなーと、いつも思います。 
 
 
 
 
 
そんな僕が旅で大事にしていることの1つが 

「移動時間」

です。 
 
 
 
旅をすると、 
必ず移動時間というのが存在すると思います。 
 
 
むしろ、移動時間も含めて「旅」だとは思うのですが、 
僕はこの移動時間中に、メッセージをもらうことが本当に多くて、 
 
いつも『移動する』ということを大事にしているし、 
同時に、価値を置いているのです。 
 
 
 
 
 
そして同時に、いつも思うのは、 
 
この「移動」による価値は 
何も旅によって”身体が移動する”という「移動」だけではなく、 
 
そこには「思考の移動」も含まれているという事です。 
 
 

 

思考の移動 

 
 
例えば、 
以前から僕が繰り返しお伝えしている、 
 
ゲームからビジネスを学ぶ 
漫画からビジネスを学ぶ、 
 
みたいなことがまさにそうです。 

[kanren postid=”4659″]

 
 

 
世界Aで学んだ知識を、他の世界Bに移動させるというのは、

いわば、横浜と大阪を新幹線で移動することと、非常によく似ています。 
 
 
 
それが、「思考」なのか、「身体」なのかの違いで、 

抽象度を上げて考えていくと、基本的に同じなのです。 
 
 
 
 
 
僕が新幹線に乗っている中で、 
色々なインスピレーションが湧くのと一緒で、 
 
世界Aから世界Bに思考を移動させている過程で、 
そこには何かしらの『思考の進化』が起こっている訳です。 
 
 
 
 
 
 
そして、例えば 
横浜から大阪は、新幹線で2時間半くらいで行けますが、 
 
日本からハワイの場合だと、飛行機で8時間以上かかるので、 
比較的時間はかかるし、移動が大変だと思います。 
 
 
 
 
 
これは、思考の移動も一緒で、 
 
例えば、 
「アフィリエイト」と「転売」だったら、 
同じビジネス業なので、思考の移動がしやすいのですが、 
 
 
「ビジネス」と「漫画」だったら、 
ジャンルが違う(国が違うみたいな感じ)ので、 少し移動が難しくなります。 
 
 
 
 
でも、頑張って移動させることで 
(そこまで頑張らなくても出来るけど) 
 
『「ゲーム」から得た学びを「ビジネス」で生かせる』 
なんてことが出来るようになるのです^ ^ 
 
 
 
 
 
 
 
さて、どうでしょうか?? 
 
 
このように考えていくと、 
僕は面白いんじゃないかなーと思っています。 
 
 
 
いわば、 
自分の頭の中にある”思考くん”に 
どんどん「旅」をさせてやるイメージです。 
 
 
 

思考くんに旅をさせる

 
例えば、自分の”思考くん”を同じ国に止まらせていると、 
 
確かに、そこの国で生きていけるけど 
他の国での生き方を知らない状態になります。 
 
 
 
 
 
だからこそ、 
『かわいい子には旅をさせろ』という通り、 
 
”思考くん”に少し鞭を打って、旅をさせてあげるべきだと僕は思うのです。 
 
 
 
 
 
 
もちろん、そこには時間がかかったり、 
あとは、大小の旅費がかかります。 
 
 
 
でも、それによって”思考くん”が 
得られるものは、それ以上のことが多いし、 
それ以上になるように、あなたがガイドをしてやればいい。 
 
 
 
そうすると、最終的には 
”思考くん”はどんな国でも生きていけるようになるし、 
どんどん、たくましく成長していきます。 
 
 
 
 
 
 
せっかくなら、 
1つの国だけじゃなく、世界中を回ってみたいと僕は思うし、 
 
 
もしかしたら、その国では生きずらいけれど、 
 
他の国にいけば、自分をより発揮できる 
なんてこともあるでしょう。 
 
 
 
 
 
 
日本人だからって、日本に住む義務はなく、 
どこの国で住んでも自由なように、 
 
きっかけや始めたビジネスがなんであれ、 
最終的に、自分と相性がいいと思えば、 
深めていくビジネスは違っても全然いい訳です。 
 
 
 
 
また、旅行に帰ってきたら 
「やっぱり日本っていいよなー。ご飯おいしいし・・」と思うように、 
 
別の世界に一度いって、もとの世界に帰ってくることで、 
その世界の良さや魅力、メリットを再確認出来ることだってあります。 
 
 
 
 
 
 
僕がオススメしたいのは、 
身体も、そして思考も「旅」をすること。 
 
そしてその過程で、『移動』をすることです。 
 
 
 
ぜひ、自分の”思考くん”を「旅」させてみてください^ ^ 
 
 

 
ということで、 
今回は「旅」の話をしてみました。 
 
 
ありがとうございました。 
 
 
 

One thought on “自分の”思考くん”に「旅」をさせてやる事のすゝめ

  1. アンド

    江藤さん こんにちは

    ランキングより訪問しました
    ブログライター挑戦中のアンドと申します

    とても見やすく、読みやすい
    記事・ブログですね

    自分の思考くんに旅「思考の移動」面白い表現ですね
    しかし、記事を読むと、大事なポイントだと思いました。

    私も実践してみたいと思います。

    貴重な情報ありがとうございました

    また、楽しみにしております!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です