タグ別アーカイブ: 東京事変

椎名林檎から学んだ4つのビジネスマインドと生き方

PED_narandaapple500

 

僕は大学生の時から起業し、

現在は会社を立ち上げ、年間3500万円ほどの事業を行っています。

 

そんな中、よくビジネスの世界では

ビジネスで成功するには、ノウハウよりマインド(考え方)が大事だ!』

という話があったりします。

 

これは、実際その通りで、

僕自身も、そんなビジネスマインドについて、

これまでにも様々な経営者さんから聞いて、実践してきました。

 

 

しかし、そんな中で、

ビジネスの考え方や生き方において、僕が最も学びを得ているのは

実は、ビジネスの経営者でも、専門家でもなく、『音楽家』なのです。

 

そして、そんな中でも

ひときわビジネスマインドを日々学ばせてもらっているのが、椎名林檎さんです。

 

 

僕は、高校生のときに椎名林檎さんの音楽を知り、

音楽を通して、椎名林檎さん自身の生き方に共感してきました。

 

次第に僕は大学時代に起業をして、現在も自分で仕事をやっているわけですが、

そんな、今の僕の生き方やビジネススタイルを築く上で大きな糧となったのは、

他ならぬ、椎名林檎さんなのです。

 

 

そんな中、おそらく

「なんでビジネスなのに椎名林檎なの?」って思われるかと思います笑

 

そんなあなたに、

椎名林檎から僕はビジネスにおける何を学んだかについて

大きく4つに分けて、少しお話できたらと思います。

 

 

今この瞬間を生きるということ

 

まず第一に教わったこと。

それは、

人は過去に生きるのでもなく未来に生きるのでもない。

今、この瞬間を生きていて、今という時間を大切にしないといけない。

ということでした。

 

椎名林檎さん、ならびに椎名林檎さんのバンド「東京事変」の曲の歌詞には、

今この瞬間を感じさせる 奮い立たされる歌詞がよく登場します。

 

その中でも一際僕の考えの1つとなっているのは、この歌詞です。

 

思い出迷子は負けのはじまり
いまを実感する者だけが勝つ
(「勝ち戦」東京事変より)

 

過去なんて関係なくて、今を生きていく必要がある。

そういう、ある意味”覚悟”みたいなものを、僕は椎名林檎さんから学びました。

 

だからこそ、自分の過去がどうだったからとか

そういったことは関係なく、今この瞬間を輝こうと思うようになりました。

 

 

努力して上り詰めたものにしか分からない味がある

 

僕のお気に入りの歌詞にこういったものがあります。

どんなに美味しく高価なお酒が有ったって
今日迄怠惰に過ごして居ちゃ味も判らない
どんなに要領(カシコ)良く硬貨を動かして居たって
対話が演技じゃ興味が湧かないってもんよ
(「余興」椎名林檎より)

 

この歌詞を聴いて、当時学生だった僕は、

本気で今を生きて、生き抜いたものにしか分からない景色や『味』があるんだ!

と知りました。

 

そして、一度きりの人生なら、そんな”味”を味わうべきだし、

そういった体験してみたいと思うようになりました。

 

もしかしたら、

「自分にはそんな味なんて興味はない」と思う人もいるかもしれませんが、

それは実際に一度味わってから、判断すればいいだけの話です。

 

毎日を真剣に生きて、自分自身をもっと試していきたい。

これを強く思うようになりました。

 

 

こだわりが唯一無二になる

 

椎名林檎さんは、とにかく曲作りから

それに関するビジュアルや演出まで、

とにかく凄まじいこだわりを感じます。

 

 

例えば、椎名林檎さん、東京事変のアルバムの曲名は

ほぼ全て文字数がシンメトリーになっているんです。

 

どういうことかっていうと、

例えば、2009年発売の「三文ゴシップ」の曲順を見ると、

01. 流行
02. 労働者
03. 密偵物語
04. 〇地点から
05. カリソメ乙女
06. 都合のいい身体
07. 旬
08. 二人ぼっち時間
09. マヤカシ優男
10. 尖った手口
11. 色恋沙汰
12. 凡才肌
13. 余興

 

と、7曲目の「旬」を対称の軸にして、

文字数がシンメトリーになっています。

 

こんなことって、多分他のどんなアーティストも

行っていないことなんじゃないかと思っています。

 

みんながやっていないから、やる必要がないとか

逆にみんながやっているから、やるべきとか、

そういう周りの環境に流されるのではなく、

自分の中にあるポリシーやこだわりを第一優先に

ビジネスも、モノづくりもしていくべきなのです。

 

そしてそれが結果的にに「自分らしさ」になる、ということを学びました。

 

 

ちなみに、唯一無二というものについて考えさせられる

僕の好きな歌詞はこちらです。

誰もわかっちゃくれないわ
私がどこにも属さないから
わかってたまるかってんだ
分類される程ヤワじゃない
(「勝ち戦」東京事変より)

 

 

 

姿勢

 

椎名林檎さんは、幼少期にバレイを習っていたらしく、

そのせいか、とても姿勢が歩き方が綺麗です。

「立っているだけで様になる」とはこのことだな、と思います。

 

 

そして僕も、男性ではあるので、真似をする訳にはいきませんが笑

それ以来、姿勢を意識して日々過ごすようになりました。

 

姿勢って本当に大事で、

猫背の姿勢でずっと作業していると、やはり考え方も曲がってくるから不思議です。

 

さらに、姿勢がいいと、周りからも、ビジネス的な信頼を置かれやすくなります。

 

やはり第一印象は外見で見られることが非常に多いです。

僕は、姿勢を意識してから、ビジネスの売り上げが上がった

といっても過言ではありません。

 

また、それによって、自分に自信が持てるようになりました。

 

 

さて、今までのものをまとめてみると、

・今この瞬間を生きるということ

・努力したものにしか分からない味がある

・こだわりが唯一無二になる

・姿勢

大きく分けて、この4つの考え方と生き方を

僕は今でも日常やビジネスに生かしています。

 

 

芸術やクリエイティブからビジネスを学ぶ視点

 

今回、この話をすることで何を伝えたいかと言うと、

 

「ビジネスを学べるのは、決して経営者やビジネス本からだけではなく、

 芸術やクリエイティブから学べることは非常に多い」

ということです。

 

 

今回の椎名林檎さんなどの音楽もそうですし、

他にも、マンガとか映画とかアニメ、ドラマ

こういう部分から僕はビジネスのヒントを常に得ています。

 

例えば、自分の行う講座名をアニメから引用したこともあります笑

 

ビジネスはビジネス! 音楽は音楽! なんてならなくてもよくて、

それぞれの世界を融合して、総合的な学びへと変えて行った方が面白いし、

もっと人生が楽しく豊かになるんじゃないかと僕は思っているのです。

 

 

だからこそ、ビジネスをやっている人は、

芸術やクリエイティブからビジネスを学ぶという視点を持って欲しいし、

ビジネスをやったことがない人

そういった視点でビジネスの世界に触れてみるのもありなんじゃないかと思います。

 

 

なお、僕は無料メルマガも発行しているのですが、

メルマガでは、ビジネスをテーマに、

こういった様々な芸術やクリエイティブから学べる”ビジネスの視点”についてお話しています。

 

僕のメルマガは、ビジネス実践者だけでなく

アーティストの方や作家さん等も購読いただいているのですが、

「日常の全てがビジネスというテーマで1つに繋がって非常に興味深い!」

と言う意見をいただいたりと、お陰様で結構好評です^ ^

 

もし興味があれば、無料購読できますので、ぜひ読んでみてください^o^

無料公式メールマガジンはこちら

 

それでは、ありがとうございました!

思い出迷子は負けの始まり いまを実感する者だけが勝つ

今日は、僕の人生のテーマにしたいくらいの

大好きな曲があるので、ご紹介したいと思います。

 

僕は、「1日1人生」というものを考えていて、

それを思うきっかけとなった曲です。

(1日1人生の記事はこちら)

 

 

その曲とは、

僕の大好きな東京事変の「勝ち戦」という曲です。

 

 

 

英語の歌詞なので、最初は音楽だけを楽しんでいたのですが、

和訳をみた時に、あまりのかっこよさにしびれました笑

 

今を生きるということを改めて感じさせてくれる歌詞になっています。

 

それでは、英語の歌詞と和訳と

両方をご紹介しますね^ ^


 

勝ち戦

作詞作曲 椎名林檎

 

No one knows how I live my life

‘Cause I don’t belong to anywhere

No one knows the truth inside me

 

Don’t know the fever

that’s so deep in me

 

Come on give me fever

I want the shock to see how much you kill my mind

Won’t you go for you life

Fever…Burns on a brand-new-day

 

No one knows what’s your struggle

‘Cause you’re in the air

Don’t care

‘bout your values till U die Between reality and deams, there’s right

 

Wanna give U fever

I wannna rock U showing how much I get blind

Ma past can be a lie

Fever…Burns on a brand-new-day

 

Good-bye, fever from yesterday

That’s the real knack you all know

Welcome to my fever, today

That will cool down, but never know

 

I’ ain’t go fever

No one is introxicated by nature

Now it’s time to learn

Fever will go down so soon

 

Won’t you give me fever?

I want the shock to see how much you kill my mind

Won’t go back to where I was ‘

Cause that’s the only way to win, oh

 

 

 

だれもわかっちゃくれないわ

私がどこにも属さないから

わかってたまるかってんだ

分類されるほどヤワじゃない

・・・なんてね!

 

ねえ、焦がされたいの

せっかくならシビレテいたい

明日は待ってくれないし

今日は今日にただ新しく

誰もわかっちゃくれないね

他人の隠された苦労なんて

評価はあの世で気にしよう

夢と現実の隙間だけが正しい

・・・でしょう?

 

うなされようよ、もっと

まやかしだって無いよりいい

仮令 昨日が嘘になっても

今日は今日でまた新しく

過去のわたしにおさらば

これが連勝の秘訣だよね

ようこそ新しい自分

明日にはもう居ない人

 

見失いがちだけど

生まれつきの勝者は存在しない

ほら、ぼんやりしているうちに

人生なんて終わっちまうから

 

ビリビリしたいんだってば

たった今はシビレテいたい

思い出迷子は負けの始まり

いまを実感する者だけが勝つ

 


 

特に最後の歌詞が大好きです^ ^//

 

あなたも、今この瞬間を大事に

今日を過ごしてください!!

 


今日のおすすめ無料情報

知識は最大の資産です。

無料で価値ある知識をストックしていきましょう^ ^

期間限定なので、お早めに!

その1 ⇒  こちら

その2 ⇒  こちら

たどり着くことの寂しさ【青春の瞬き】

僕は、時々、目標や目指していることにたどり着いたときに、

少しばかり寂しい気持ちになります。

 

何も知らなかったあのころは、

全くたどり着くなんて思ってもみなかったけど、

いざたどり着いてみると、儚いもので、

また次の目指すべきものが見えてきます。

 

そうやって、ずっと目的地を目指すのかな??

でもそれがこの上なく面白くもあり、

少し寂しいんですよね。。

 

僕のとても好きな曲に「青春の瞬き」という曲があって、

時間を過ごしていくこのこといついて、

様々な感情があふれているこの曲がとても好きです。

 

その歌詞を紹介したいと思います。

曲もぜひきいてみてくださいね^ ^

 



 

青春の瞬き

歌 栗山千明/作詞作曲 椎名林檎

 

美しさと正しさが等しくあると

疑わないで居られるのは若さ故なんだ

子供みたいに疲れを忘れて寄り掛り合えば

僕らはたった独りでいるよりも有りの侭になる

時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ

今正に僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ

 

新しさと確かさを等しくもとめ

生命をほんの少しだけ前借りしたんだ

大人になって恥じらい覚えて寄り掛り合えば

僕らはきっと互いの重さを疎ましく思うだろう

いつも何故か 気付いた時にはもう跡形も無い

伸ばす手の先で消え失せる物程欲しくなるんだ

椎名林檎・東京事変の大ファンが語る! 椎名林檎の5つの魅力【かなりマニアックだと思う】

僕は、椎名林檎さんならびに東京事変の大ファンです。

他にも好きなアーティストさんはいますが、椎名林檎さんの好き度合いは圧倒的です。

 

もちろん、ファンクラブ「林檎班」にも入っているし、

ライブにもほぼ毎回2公演くらい足を運んでいます笑

 

今回は、そんな大ファンである僕なりの視点で、

椎名林檎さんの魅力について書かせていただきたいと思います。

 

もちろん、色々な考えや視点があると思うので、一意見として読んでいただきながら、

ご自身と比較して楽しんでもらえたらと思います^ ^

 

それでは、どうぞ!

 

センス

 

とにかく、センスがいいのが一番に挙げられます。

 

音楽も多彩なジャンルの曲を作る事ができるセンスはもちろん、

服装や髪型、いつも違う顔のように思ってしまうメイク、ライブでのステージ構成、

どれをとってもセンスが抜群です。

 

もちろん、椎名さんだけの力ではなく、

一緒に仕事をされているスタッフの方のスキルやセンスが

世界観を作り出しているという事だと思います。

 

さらに、一緒にコラボをしたり、仕事をされる方のチョイスが抜群だと僕は思っています。

音楽家でいうと、レキシの池田さん、斉藤ネコさん、RHYMESTERのMummy-Dさん。

他の方では、映像監督の児玉裕一さん、ラーメンズの小林賢太郎さん、など

 

とにかく、一緒にお仕事をされる方の選択と生かし方が上手だと思います。

 

 

 

完璧主義

 

音楽やライブも、くだけた感じとはほど遠く、完璧を目指しておられますよね。

 

また、ファンではない方には、マニアックなことをいうと、

椎名林檎さん・東京事変のアルバムの曲名の文字数は、

ほぼ全て中心からシンメトリー(対称)に構成されているんです!

 

例えば、2000年発売の「勝訴ストリップ」の曲順をみると、

01. 虚言症
02. 浴室
03. 弁解ドビュッシー
04. ギブス
05. 闇に降る雨
06. アイデンティティ
07. 罪と罰
08. ストイシズム
09. 月に負け犬
10. サカナ
11. 病床パブリック
12. 本能
13. 依存症

 

どうでしょうか?

7曲目の「罪と罰」を対称の軸にして、

文字数がシンメトリーになっています。(カタカナの文字数が若干違いますが)

 

 

東京事変のアルバム「大発見」もチェックしてみます。

01. 天国へようこそ For The Disc
02. 絶対値対相対値
03. 新しい文明開化
04. 電気のない都市
05. 海底に巣くう男
06. 禁じられた遊び
07. ドーパミント! BPM103
08. 恐るべき大人達
09. 21世紀宇宙の子
10. かつては男と女
11. 空が鳴っている
12. 風に肖って行け
13. 女の子は誰でも
b.t. 天国へようこそ For The Tube

 

こちらは、シンメトリーどころか、すべて曲名が7文字です。

 

シングルでも発売している曲もあるのですから、

最初から、アルバムをことを想定して曲名をつけていることになります。

 

しかも曲名もしっかり曲をとらえた上での曲名です。

こんなにこだわっているアーティストを僕は見た事がないです。

 

 

椎名林檎さんはこういったアルバムの曲配置以外にも

様々な場面でシンメトリーにこだわられています。

例えば、ライブの舞台もシンメトリーであることが多いです。

 

なぜ、そこまで「シンメトリー」にこだわっているのかは、

著書「林檎コンプレックス―椎名林檎的解体新書」に記載させているので、

興味のある方が読んでみてください。

 

 

女性であるところ

 

 

椎名林檎の魅力。

それは、女性であるところだと思います。

 

女優でもあるし、母親でもある。

そんな「女性」のアイコンでもあるような存在感が素敵だと思います。

 

そんな椎名林檎さんは

「女性」を1つの象徴して、歌詞にしている場面が多くあります。

例えばこんな感じです。

 

三文ゴシップ(椎名林檎)「カリソメ乙女」より

女は誠の誓いなんて要らないよ
大概が芝居さ

女は嘘を吐(つ)いたって好(い)いじゃないか
相応の茶番で粧(めか)し込んで居なくちゃ
きっともう狂って居るって

 

 

三文ゴシップ(椎名林檎)「流行」より

きっと憶えらんないでしょ
特徴なんてこれっぽっちも無い
私の名ならば女
それ以上でも以下でもない

女の…私に個性は要らない
名前…は一つでいい
これ以上要らない

 

 

 

 

今この瞬間を感じさせる 奮い立たされる歌詞

 

さて、ここで、

さらに僕の好きな歌詞を紹介します。

 

スポーツ(東京事変)「勝ち戦」より ※日本語訳

誰もわかっちゃくれないわ
私がどこにも属さないから
わかってたまるかってんだ
分類される程ヤワじゃない

見失いがちだけど
生まれつきの勝者は存在しない
ほら、ぼんやりしているうちに
人生なんて終わっちまうから

思い出迷子は負けのはじまり
いまを実感する者だけが勝つ

 

 

 

三文ゴシップ(椎名林檎)「余興」より

どんなに美味しく高価なお酒が有ったって
今日迄怠惰に過ごして居ちゃ味も判らない
どんなに要領(カシコ)良く硬貨を動かして居たって
対話が演技じゃ興味が湧かないってもんよ

 

 

 

深夜枠(東京事変)「ただならぬ関係」より

壊さないで 落とさないで
そっと狙い付けて
時計の針より確かな
そんな一瞬を射抜いてよ

言葉なんて仕方ないね
「太陽は昇るわ」
いつも通りの呼吸
たったいまだけに生きる

 

椎名林檎さんの歌詞には、「今」「今日」という言葉がよく登場します。

椎名林檎さんの音楽を聴いていると、すべては、今この瞬間だということを気づかされます。

 

 

 

 

常に進化しつづけているところ

 

 

たまに、「椎名林檎ってデビュー当時が一番よかった」とか言う人がいるけど、

僕は、今の椎名林檎さんや東京事変が一番好きです。

音楽も昔の曲を聴くと、常に進化されているのが凄く伝わってきます。

 

上記にも紹介した歌詞のとおり、「今」を感じることができます。

 

 

最近は、他のアーティストさん(栗山千明さんなど)に曲を提供したり、

舞台(エッグ)や映画(さくらん)での楽曲提供もあるので、様々な場面で、曲を聴く機会が多くなっています。

 

ぜひ、椎名林檎さん・東京事変のファンの方もそうでない方も、

色々な視点で楽しんでほしいなーと、1ファンとして心から願います。

 

また、 僕は現在会社を立ち上げ、自分でビジネスをしているのですが、

椎名林檎さんから、ビジネスにおける学びを実はたくさんいただいています。

そんなビジネスという視点で記事にしてみたので、こちらもぜひ読んでみてください。

 

椎名林檎から学んだ4つのビジネスマインドと生き方

 

「KEEP WALKING」(監督:児玉裕一)〜歩みを止めるなんてもったいない!〜

映像監督、児玉裕一さん。
椎名林檎、東京事変のPVやライブ中の映像も担当している、僕の好きな監督。

児玉さんの手がけた、短編映像がとっても面白い。
「KEEP WALKING」。
「歩みを止めるなんてもったいない!」というメッセージがユニークな形で伝わってくる。

本当にすごい人って、自身のメッセージを面白く伝えるなー と最近思う。

ぜひ見てほしいです!