Tag Archives: ランニング

小説家・村上春樹さんの言葉から、ランニングをする意味に改めて気づく《走ることについて語るときに僕の語ること》

優れた経営者や著名人たちの中には、
ランニングを習慣づけている人達が数多くいます。
 

例えば、

・マクドナルドの原田元社長

・サイバーエージェントの藤田社長

などなど、

 

大企業の経営者さんですら

ただでさえ忙しいにも関わらず、ランニングを継続し、レースにも出場しています。

 

 

 

これは、ランニングが、その人達の思考を変化させているとも言えるし、

そういった人たちだからこそ、
ランニングの重要性を理解し、習慣化しているとも言えるかもしれません。
 
 
 
そんな中で今回は、僕が最近共感した、

ある著名人によるランニングについての言葉を

シェアしていきたいと思います^ ^
 
 
 
 
さて、僕が好きな小説家の1人に、
村上春樹さんがいます。
 
多分、一番好きな小説家は?と聞かれると
村上春樹さんを挙げるほど僕は好きで、
 
僕は、中学の時から親の影響で、村上春樹さんの本を読み始め
(当時は多分訳がわからないまま読んでいたかもですが)
今でも時々読みたくなって、最近また読む機会が多くなりました。
 
 
僕が「もの書き」になりたいと思わせてくれた1人ですし、
文章表現の参考にもしていたりします。
 
 
 

 

さて、そんな村上春樹さんもランニングをしていて、
ランニングについて書いたエッセイも出していたりします。

 

それがこちらです

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 
この小説を読んでいると、

村上さんは、毎日10kmくらいを走っているというから驚きです。
 
 
そんな村上春樹さんが本に書いていた言葉のうち、
1つ共感したものがありました。
 
それが、こちらです。

 

世間にはときどき、日々走っている人に向かって
「そこまでして長生きしたいかね」と嘲笑的に言う人がいる。
 
でも思うのだけれど、
長生きをしたいと思って走っている人は、
実際にはそれほどいないのではないか。
 
 
むしろ
「たとえ長く生きなくてもいいから、
 少なくとも生きているうちは十全な人生を送りたい」
と思って走っている人の方が数としてはずっと多いのではないかという気がする。
 
 
 
同じ十年でも、ぼんやりと生きる十年よりは、
しっかりと目的を持って、生き生きと生きる十年の方が
当然のことながら遥かに好ましいし、
走ることは確実にそれを助けてくれると僕は考えている。
 
 
 
与えられた個々人の限界の中で、
少しでも有効に自分を燃焼させていくこと、
 
それがランニングというものの本質だし、
それは生きることの(そして僕にとってはまた書くことの)メタファーでもあるのだ。
 
このような意見には、おそらく多くのランナーが賛同してくれるはずだ。

 

このようなことをおっしゃっていて、
確かにそうだよなーと思いました。
 
 
 
僕は、ランニングを始め、習慣化する前は、
ランニングって健康を維持するためにするもので、
将来を見据え、健康な将来を送りたいから行うものだと思っていました。
 
確かに、そういう一面は当然あるし、
実際にそうやって走っている人もいると思うのですが、
 
 
 
ランニングをして分かったことは、
未来のために走っているんじゃなくて、
「今」を、「よりよい今」にするために、走るんだということでした。
 
 
 
僕は、しばらく走らない日が続くと、
体も脳も比較的だらけてきて、あまり思考が働かない感じになるし、
あまりいいパフォーマンスができにくくなります。
 
 
しかし、コンスタントに走っていると、
仕事量も仕事スピードも格段に上がるし、
よいアイディアがひらめいたり、
全体的なパフォーマンスは一気に上がる実感があります。
 
 
あと、当然仕事だけじゃなくて、
人生全体をより豊かに、ユニークで、彩りのあるものしたいという、
人生そのものを自分なりに向上していきたい好奇心もより生まれてきたりもします。
 
 

 

このように、「今」をよりよくするために走って、
だからこそ、その連続した「今」が積み重なり、
結果的に、未来をもよくする要素になっていく。
 
これがランニングなんだなーと、
村上春樹さんの言葉を読んで、さらに実感をしました。
 
 

 

今回は村上春樹さんの言葉をシェアさせていただきましたが、
もしランニングをしている人は、

ランニング熱をよりアップしてもらえれば嬉しく思います^ ^/

 

 

僕もこれからも継続して

ランニングによって、より人生も、そしてビジネスも

より豊かにできればと思います!

 

 

 

そんな村上春樹さんのエッセイはこちら!

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

汗と雨と涙の、ホノルルマラソン2014レポ!!【ランニング×ビジネスコミュニティ「ランナーズハイ」企画】

今回は「ホノルルマラソンレポ!」という形で、
本日ハワイで催された「ホノルルマラソン」に
出場したお話をしたいと思います^ ^

今回、ホノルルマラソンに参加したのは、
僕の企画「ランナーズハイ」のメンバーさんの内、計7名が参加!

10818331_571443156323431_3242638927156560053_o

 

ホノルルマラソンはハワイ時間の朝5時にスタートするので、
時差の関係もあり(ちなみに日本との時差は19時間なので、朝5時は日本では丁度夜0時)

出来るだけよいコンディションで挑みたいと思い、
数日前からハワイに来て、

ハワイの美味しいご飯屋さんにいったり、
(普通の観光者向けのお店はそこまでなのですが、
現地のしか行かないようなお店を紹介していただき、行ったお店は格別でした。)

海でボディーボードをやったりなどなど
時差ぼけを修正しながら、ハワイを堪能しました。

 

10493011_571443432990070_2249564522751845962_o 10862496_571443759656704_7160492869404243173_o

 

 

ご飯もものすごく美味しくて、堪能しました!

 

905542_571443616323385_6764111724458627904_o

アサイーボール


1040067_571443642990049_3955328511038062976_o

ガーリックシュリンプ


10860965_571443299656750_1249204242441189448_o

ハワイ滞在中で一番おいしかった甲殻類鍋!!


10866081_571443239656756_3955784555652027759_o

食べきれないくらいのパンケーキ

そんな中、マラソンにおける準備も万端で、
ランハイのランニングコーチである浦中さんが、
マラソンの前後に必要なものをリストにまとめてくれて、

レースの前日は、これを飲むといいとか、
当日のレース前、レース中に取り入れるべき
ドリンク・サプリメントものなども提示してくれたり、
さらに、怪我を予防するテーピングも個々に行ってくれて、本当に頼もしい限りでした。

1978453_571443839656696_7544272619176129961_o

 

10390395_569265476541199_589793114911455285_n

よし、これでホノルルマラソンはバッチリだ!
と思っていたのですが・・・・

 

なんと! レース当日は
大会では異例の雨と風が凄いという天気だったんです!!笑

 

 

10865879_571444139656666_2932533917714979157_o

しかも、ホノルルマラソン以外の日は晴れていたにも関わらず、
なぜか、レース当日だけ雨という状況でした。

しかし、これには実は思い当たる節があって、
浦中さんは、最強の『雨男』なんですよね。

浦中さんが出場するほとんどのレースは、雨か雪という、
ありえないほどの雨男で、

僕や他のメンバーがそこそこの晴れ男にも関わらず、
それを全く蹴散らすかのように、
見事にレース中はずっと雨が降っていました。

「浦中さんがいるから仕方ない・・」と
メンバー一同渋々受け入れ、レースに望みました。

僕は雨のレースというのは初めてだったのですが、
雨って想像以上にランナーの体力を消耗させるんですよね。。

体も冷えて、寒くなってくるし、
もう本当に最初から過酷なレースでした。

しかし、それにも屈せず走れたのは、
ホノルルマラソンの雰囲気と、
応援してくれる方々がいたからでした。

スタート時には大きな花火が上がり、
3万人以上のランナーが一斉スタート!

そして道路の脇には、
常に応援してくれる人がいて、
ハイタッチをしながら走ったり、
横でライブ演奏している人もいました。

 

 

なぜかバッドマンがいたりなども、、笑

 

雨の中、一生懸命応援してくれ、
またそれに答えて懸命にゴールを目指す
周りのランナーに刺激され、僕も走ることができました。

僕は今回が、初のフルマラソンで(最長のレースが30km)
30km以降の足の疲れ具合などを経験したことがなかったのですが、
噂で聞くとおり、30kmくらいを超えてから足が動きづらくなり、
ペースが極端に落ちました。

今回のレースでは、
5時間を切りたいという目標があったんですが、
それが段々難しくなってきました。

そして、35kmくらいから、1kmが非常に長く感じ、
ただただ気力で走るような状態でした。

しかし、39kmくらいから、
5時間30分は切れることが分かり、
絶対に切ってやるという思いで、無我無心で走りきりました。

 

10856577_571444169656663_220022768022800794_o

10854243_571444302989983_2280889252147486326_o

最後はしんどすぎて半泣きみたいな感じで笑、
周りの応援の人に「笑顔でー!」みたいなことを言われるのですが
そこまでの余裕がほとんどなく、
ゴールしてから更に感情がこみ上げ、ほぼ泣いているような状態でしたww。

いやー! ホントにきつかったです。

結果的に5時間10分くらいで無事完走することが出来ました!

完走Tシャツとメダルをもらったときは感無量だったし、
そのTシャツを来て、ハワイを歩いていると、
「You Finish?? Oh,Yeah!!」みたいな感じで賞賛してくれるので、
少し誇らしく思いました。

確実に、このマラソン完走という出来事は
僕を数段成長させてくれたと思います。

10850005_763730343703794_5527982565869996009_n

結果的に、ランハイメンバーも全員が無事完走し、
本当によかったです^o^


ランハイのみんなの話を聞いていると、
フルマラソンは、人によって様々なストーリーがあって本当に面白いし、
何より、何にも変えがたい達成感が本当に前進で感じることができました。

日々の成果をレースで発揮でき、本当によかったと思います。

ホノルルだけじゃなく、日本にも色々なレースがあるので、
定期的に参加していこうと思います。(僕は次回は3月のレースを控えています)

いやー、本当に感動した、そして物語のある大会になりました。

ホノルルマラソンがきっかけで、
ランナーズハイというコミュニティ企画や
スポーツコーチの方々に出会えたので、本当に感謝です。

ではでは、今回はホノルルマラソン2014レポでした!

 

 

p.s.

 

僕が企画しているランナーズハイについての詳細はこちら

 

 

10kmランニングして見えた壁【ランニングから学ぶビジネス論】

僕は現在週3回ほど
ランニングに取り組んでいるのですが、
本日10km走を完走しました^ ^/

 

1907856_699716823430531_629796776074192545_n

まあ10kmって正直全然なのですが、
来月には30kmのお台場でのレースを控えているので
それを目標に走っています!

そして12月はホノルルでのフルマラソン。
目標に向かって日々進化していく自分が
本当に楽しいですし、気づきも多いです。

そんな中で思うのは、
走る距離によって負担がかかる箇所が変わるということ。

例えば、5,6kmのランだと、
息が苦しく心肺機能に負担がかかっているイメージなのですが、

10kmくらいを走ると、心肺は全然余裕があるのに、
足に凄く負担がかかってくるんです。

まだまだ気持ち的にはいける気がするけど
足の負担がそれを邪魔しているっていう感じですね。
これは長い距離を走ったものにしか分からない気づきだなーと思いました。

さらに、これって非常にビジネスにも
同じことが言えるなーと思っていて、

例えば、月に200万円とかを稼いだ段階に、
「あとはこれを繰り返したり、広告費かければ
 数千、いや数億だっていけるぞ!」
みたいなメンタルになったりするのですが、

実はそういうものではなく、
ケタを上げることで、初めて見えてくる壁というのは存在するのです。

今まで気をつけなくてもよかったことに
気をつける必要が出て来たり、
瞬発力ではなく、継続して稼ぐとなってきたときには
それ以上に様々な方面から考えていかないといけなくなります。

これは、おそらくそこに到達して
やっと気づくことなので、
今から予防線をはる必要はないのですが、
ランニング同様、一筋縄ではいかないってことです。

やっぱり、ランニングとビジネスって
繋がるところがあるし、
相乗効果で気づきを生むと僕自身実感中です。

今回10km以上の長い距離を走ってみて、
今回それを凄く感じました。

ランナーズハイのメンバーの方も、
もう15kmとかと走っている方もいるし、
参加当初は2kmくらいしか走れなかった方も今は10kmを継続して走っていたり、
コミュニティの価値を感じてくれています^ ^

このまま全員でフルマラソン完走して、
ビジネスでの成果も出していくぞー!

ランハイはプロジェクトとして継続して運営していくので、
ランニングがどのようにビジネスに良い効果を生むのか?

というランニングでしか成し得ない「脳と体のメカニズム」を
無料対談プロジェクトで専門家と語っているので、
まだの方はチェックしてみてくださいね^ ^
⇒ ランナーズハイプロジェクトはこちら

ホノルルマラソン2014出場に先駆けて、ハワイに5日間滞在してきました。

先日ハワイに初めて5日間滞在しました。

というのも、今年の12月にホノルルマラソンに出場するので、その下見を踏まえてって感じです。

共にホノルルを走る仲間や、サポートしてもらっているトレーナーさんと男4人でいきました。

 

IMG_2005

 

東京から飛行機で約7時間くらいで到着。ほとんど寝ていたので、あっという間でした^ ^

案外ハワイって近いんだなーと思いましたね。

ハワイは時々雨が降ったり、また晴れたりと日本にはない感じでしたが、基本的に快晴でした。

 

IMG_2014

ダイアモンドヘッドも乗ったトロリーから綺麗に見えました。

 

IMG_2017

一面のエメラルドグリーンの海。地平線が綺麗に見えました。

 

IMG_2020

 

ハワイは、日本語をしゃべれる人も多く、言語についてはあまり困ることはありませんでした。

なので、海外に来た!っていう感覚よりも、リゾートにきたって感じでしたね。

当たり前ですが、インパクトとしてはカンボジアの方がスリルと緊張感がありましたww

 

気温はアツかったのですが、日本よりも湿度が低いので、汗もあまりかかず快適でした。

ただ日差しが強かったので、長時間外にいるのはちょっと難しい感じでした。

 

IMG_2028

IMG_2032

 

ホテルのプールサイドでは、夕方まで演奏が行われており、それだけでハワイな気分になります。

 

 

ハワイはご飯が大味であまり美味しくない、というのは聞いていたのですが、

お知り合いの経営者さんに、ハワイの美味しいお店にとても詳しい方がいて、事前におすすめのお店をピックアップしてもらってました。

さっそく1日目の晩は、そのお店の1つをチョイス!

 

スクリーンショット 2014-07-05 22.46.18

 

エビが食べれるお店!ということだったのですが、なんと本当にビックリするくらい美味しいお店だったんです。

魚介類のエキスがふんだんにしみ込んだソースがからみ、それを手で向いて食べるのですが、

この店は今回のハワイ滞在で一番美味しいお店でした。

 

観光マップにも乗っていない、地元民しかいないお店で、やっぱり人に聞くのが一番だなーと実感しましたね。

 

IMG_2042

今回ハワイに一緒に言ったメンバー。手前のお二人がスポーツトレーナー兼現役のスポーツ選手。 

 

その後は、またハワイグルメ経営者さんのチョイスである場所へ、、

 

ホテルのフロントにある本棚を回転して動かせば、、、

IMG_2044

 

なんと、その奥にはバーが!

IMG_2045

 

ユニークなバーで、ハワイのビールを飲みました。

IMG_2048

最高の状態で1日目終了!

 

 

2日目以降も色々な所にいきましたよー!

IMG_2051

話題のアサイーボール。僕ははじめて食べましたが、フルーツがいっぱいで冷たくて早朝のお腹にしみわたりました。

 

IMG_2091

パンケーキを頼むと、3枚もきてかなりボリュームがありました。さすがアメリカンサイズ。。この日はお昼ご飯がなくても大丈夫でした。

 

IMG_2112

もちろん、ビーチで泳ぎました! が、ものすごい太陽で、1時間くらいしかいることができませんでした笑

 

 

IMG_2126

ハワイの料理「ポキ」。マグロとタマネギをあえて、ユッケのような味付けでした。

 

 

さてさて、ここまで書くと、ただの観光みたいに思われるかもしれませんが、

今回はなんといってもホノルルマラソンの下見にきたわけですので、ランニングも行いました。

 

毎朝はなんと6:00に起きて、早朝ランニング。

IMG_2156

 

10491168_670963069619878_780868139629421210_n

 

夜も遅くまで起きていたので、あまり睡眠時間は少ない感じでした。

しかも、一緒に来ているメンバーがトレーナーもされながらも現役のスポーツ選手なので、

本当にストイックにランニングなども行い、僕も一緒に頑張りました!

 

でもそんな中でもやはりハワイでのランニングは景色も素晴らしくて、本当に最高でした!

ホノルルマラソンは42.195kmですが、楽しいだろうなーと今からワクワクです。

10496036_670586092990909_5790960145543361329_o

 

初めてのハワイでしたが、本当に「THE リゾート」という感じでした。

しかし、そんな中でも文化の違いも楽しめたし(例えばタクシーは手を振っても泊まってくれないなど)、

最高に美味しいお店も見つけることができ、12月のホノルルマラソンの時はさらに楽しめそうです。

 

ホノルルマラソン2014に出場する上で色々調べてみた【初マラソン+初ホノルル!】

今年の12月にホノルルマラソン2014に出場しようと思っています。

僕自身はマラソン自体も始めて。

 

どうせなら、日本とは離れた、ちょっと非日常な空間で

マラソンの達成感を味わいたいと思ったのです。

 

そんな中、始めてのホノルルマラソンということで、

色々事前調査をしてみたので、シェアしようと思います。

 

ホノルルマラソン2014

公式ホームページ

スクリーンショット 2014-04-25 14.15.17

 

ホノルルマラソン2014って?

そもそも、ホノルルマラソンってどんなマラソン? っていうことなのですが、

「世界最大の市民マラソン」と言われており、2014年の今年で41回目を迎えます。

もちろん、ガチなマラソン選手も参加しますが、僕みたいに健康志向の一般市民も多く、

なんと日本人は近年だと、参加者の過半数をしめているということで驚きです!

 

 

ホノルルマラソン2014の開催日程

2014年は、12月14日(日)。

まだ暑くならないうちに、午前5時スタートです^ ^

例えば、3時間ちょっとで完走したとしても午前8時にはゴールなので、

暑くなってバテないうちにゴールできますね。

 

 

ホノルルマラソン2014の参加資格

ホノルルマラソンは抽選とかではなく、エントリーすれば誰でも参加できるとのこと^ ^

また、7歳以上だったら参加できます。年齢制限もありません。

例えば90歳近い方が完走するということもあるそうです。

 

また、完走する自身がない人も、

レースデーウォークっていう、レースではなく10kmのコースを楽しむというものもあり、

赤ちゃんを抱いたりベビーカーに乗せて参加されている方もいるそうです^ ^

 

 

ホノルルマラソン2014の参加費用

申し込み時期によって、参加費用は変わります。

日本の受付は、もうアーリーエントリーは終わったので、

はやくて5月30日から10月10日まで、第1期の募集があります。

費用は24000円。 思ったより安いですね!

 

 

完走すると。。

完走すると、全員に、完走記念Tシャツと完走メダル、完走証が貰えるそうです。

Tシャツとメダルは年によって異なります。

 

例えば2012年はこんな感じだったそうです。

出典http://www.bodies.jp/blog/020bodies_running_club/0332012/

出典http://www.bodies.jp/blog/020bodies_running_club/0332012/

 

メダルを楽しみに参加してもいいかもですね^ ^

 

 

 

ホノルルで走るという事について

 

僕は走る事はとても好きで、自宅近くの川添いによく走りにいっています。

こちらの記事にも以前書いた事があります。

朝ランニングを1日20分するだけで24時間が有意義になる!朝ランニングを1ヶ月続けてみて感じること

 

走っているときって本当に色々なことを考えられて、

仕事のこととか日常のことか、それらが整理されていく時間のように思えます。

 

そんな日々のランニングも好きなのですが、

目標を決めて、それに向かったランニングもしてみたかったし、

何よりその成果をホノルルで達成できるのは最高だと思います。

 

マラソンもホノルルも始めての僕にとっては

凄く貴重な経験になりそうです。

 

 

 

p.s. 

ホノルルマラソンに関連した面白い企画を

近々メルマガ内で行います。

もしホノルルマラソンに興味ある方は下のリンクから登録してみてください。

↓↓↓↓↓↓↓

定期的に自分のメンテナンスをする方法【ランニング・瞑想・紙に書く】

僕は、人というのは時間を生きていくことで、考え方が変化するものだと思っています。

例えば、10年前の自分と、今の自分を比べてみてください。
あなたの根底にあるものは一緒でも、考え方は全く変わってきているかと思います。

それは、経験によって日々色々なものに影響されるからです。

なので、当初は「これがしたい!」と心の底から思っていても、
時間が経つにつれ、他に目的を達成できる手段を見つけたりして、
刻々と変化していくものではないでしょうか?

その「変化」は僕は凄く重要だと思っていて、
その自分のちょっとした変化に気づいてあげることが大事なのだと思います。

それが、新しい発見につながったり、自分らしいスタイルを築くきっかけとなったりするのではないかと考えるからです。

では、どのように自分のメンテナンスをすればいいか、色々な方法があるかと思いますが、僕が意識的に行っていることを書いていこうと思います。

続きはこちら