Tag Archives: ビジネス

小説家・村上春樹さんの言葉から、ランニングをする意味に改めて気づく《走ることについて語るときに僕の語ること》

優れた経営者や著名人たちの中には、
ランニングを習慣づけている人達が数多くいます。
 

例えば、

・マクドナルドの原田元社長

・サイバーエージェントの藤田社長

などなど、

 

大企業の経営者さんですら

ただでさえ忙しいにも関わらず、ランニングを継続し、レースにも出場しています。

 

 

 

これは、ランニングが、その人達の思考を変化させているとも言えるし、

そういった人たちだからこそ、
ランニングの重要性を理解し、習慣化しているとも言えるかもしれません。
 
 
 
そんな中で今回は、僕が最近共感した、

ある著名人によるランニングについての言葉を

シェアしていきたいと思います^ ^
 
 
 
 
さて、僕が好きな小説家の1人に、
村上春樹さんがいます。
 
多分、一番好きな小説家は?と聞かれると
村上春樹さんを挙げるほど僕は好きで、
 
僕は、中学の時から親の影響で、村上春樹さんの本を読み始め
(当時は多分訳がわからないまま読んでいたかもですが)
今でも時々読みたくなって、最近また読む機会が多くなりました。
 
 
僕が「もの書き」になりたいと思わせてくれた1人ですし、
文章表現の参考にもしていたりします。
 
 
 

 

さて、そんな村上春樹さんもランニングをしていて、
ランニングについて書いたエッセイも出していたりします。

 

それがこちらです

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 
この小説を読んでいると、

村上さんは、毎日10kmくらいを走っているというから驚きです。
 
 
そんな村上春樹さんが本に書いていた言葉のうち、
1つ共感したものがありました。
 
それが、こちらです。

 

世間にはときどき、日々走っている人に向かって
「そこまでして長生きしたいかね」と嘲笑的に言う人がいる。
 
でも思うのだけれど、
長生きをしたいと思って走っている人は、
実際にはそれほどいないのではないか。
 
 
むしろ
「たとえ長く生きなくてもいいから、
 少なくとも生きているうちは十全な人生を送りたい」
と思って走っている人の方が数としてはずっと多いのではないかという気がする。
 
 
 
同じ十年でも、ぼんやりと生きる十年よりは、
しっかりと目的を持って、生き生きと生きる十年の方が
当然のことながら遥かに好ましいし、
走ることは確実にそれを助けてくれると僕は考えている。
 
 
 
与えられた個々人の限界の中で、
少しでも有効に自分を燃焼させていくこと、
 
それがランニングというものの本質だし、
それは生きることの(そして僕にとってはまた書くことの)メタファーでもあるのだ。
 
このような意見には、おそらく多くのランナーが賛同してくれるはずだ。

 

このようなことをおっしゃっていて、
確かにそうだよなーと思いました。
 
 
 
僕は、ランニングを始め、習慣化する前は、
ランニングって健康を維持するためにするもので、
将来を見据え、健康な将来を送りたいから行うものだと思っていました。
 
確かに、そういう一面は当然あるし、
実際にそうやって走っている人もいると思うのですが、
 
 
 
ランニングをして分かったことは、
未来のために走っているんじゃなくて、
「今」を、「よりよい今」にするために、走るんだということでした。
 
 
 
僕は、しばらく走らない日が続くと、
体も脳も比較的だらけてきて、あまり思考が働かない感じになるし、
あまりいいパフォーマンスができにくくなります。
 
 
しかし、コンスタントに走っていると、
仕事量も仕事スピードも格段に上がるし、
よいアイディアがひらめいたり、
全体的なパフォーマンスは一気に上がる実感があります。
 
 
あと、当然仕事だけじゃなくて、
人生全体をより豊かに、ユニークで、彩りのあるものしたいという、
人生そのものを自分なりに向上していきたい好奇心もより生まれてきたりもします。
 
 

 

このように、「今」をよりよくするために走って、
だからこそ、その連続した「今」が積み重なり、
結果的に、未来をもよくする要素になっていく。
 
これがランニングなんだなーと、
村上春樹さんの言葉を読んで、さらに実感をしました。
 
 

 

今回は村上春樹さんの言葉をシェアさせていただきましたが、
もしランニングをしている人は、

ランニング熱をよりアップしてもらえれば嬉しく思います^ ^/

 

 

僕もこれからも継続して

ランニングによって、より人生も、そしてビジネスも

より豊かにできればと思います!

 

 

 

そんな村上春樹さんのエッセイはこちら!

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

10kmランニングして見えた壁【ランニングから学ぶビジネス論】

僕は現在週3回ほど
ランニングに取り組んでいるのですが、
本日10km走を完走しました^ ^/

 

1907856_699716823430531_629796776074192545_n

まあ10kmって正直全然なのですが、
来月には30kmのお台場でのレースを控えているので
それを目標に走っています!

そして12月はホノルルでのフルマラソン。
目標に向かって日々進化していく自分が
本当に楽しいですし、気づきも多いです。

そんな中で思うのは、
走る距離によって負担がかかる箇所が変わるということ。

例えば、5,6kmのランだと、
息が苦しく心肺機能に負担がかかっているイメージなのですが、

10kmくらいを走ると、心肺は全然余裕があるのに、
足に凄く負担がかかってくるんです。

まだまだ気持ち的にはいける気がするけど
足の負担がそれを邪魔しているっていう感じですね。
これは長い距離を走ったものにしか分からない気づきだなーと思いました。

さらに、これって非常にビジネスにも
同じことが言えるなーと思っていて、

例えば、月に200万円とかを稼いだ段階に、
「あとはこれを繰り返したり、広告費かければ
 数千、いや数億だっていけるぞ!」
みたいなメンタルになったりするのですが、

実はそういうものではなく、
ケタを上げることで、初めて見えてくる壁というのは存在するのです。

今まで気をつけなくてもよかったことに
気をつける必要が出て来たり、
瞬発力ではなく、継続して稼ぐとなってきたときには
それ以上に様々な方面から考えていかないといけなくなります。

これは、おそらくそこに到達して
やっと気づくことなので、
今から予防線をはる必要はないのですが、
ランニング同様、一筋縄ではいかないってことです。

やっぱり、ランニングとビジネスって
繋がるところがあるし、
相乗効果で気づきを生むと僕自身実感中です。

今回10km以上の長い距離を走ってみて、
今回それを凄く感じました。

ランナーズハイのメンバーの方も、
もう15kmとかと走っている方もいるし、
参加当初は2kmくらいしか走れなかった方も今は10kmを継続して走っていたり、
コミュニティの価値を感じてくれています^ ^

このまま全員でフルマラソン完走して、
ビジネスでの成果も出していくぞー!

ランハイはプロジェクトとして継続して運営していくので、
ランニングがどのようにビジネスに良い効果を生むのか?

というランニングでしか成し得ない「脳と体のメカニズム」を
無料対談プロジェクトで専門家と語っているので、
まだの方はチェックしてみてくださいね^ ^
⇒ ランナーズハイプロジェクトはこちら

カフェ仕事がビジネスによい効果を生み出す4つの理由

最近僕は、自宅またはカフェのどちらかで

仕事をすることが多くなってきました。

 

  

そんな中、カフェで仕事をすることは

様々な方面でみてもよい効果がでると

僕は思っていて、

 

実際、カフェで作業すると良い文章がかけるし、

アイデアの方向性も変わります。

 

 

今日のエントリーは、

僕が考える、カフェで仕事をすることがよい4つの理由を

伝えていけたらと思います。

 

 

 

1、環境を変えることで、リフレッシュできる。

 GAK88_misebanneko500

まず、カフェで仕事をする上で誰もが思うのは、これですね^ ^

 

家や職場で仕事をすることで、

思考もマンネリ化してしまうことが僕もありますが、

「場所を変える」

たったそれだけで、気分転換になります。

 

 

また、カフェというのは、集中出来る場所でもあり、

少しガヤガヤした感じが適度な集中力を保てるのは、

僕だけではないはず!

 

以前Webサービスとして紹介した

「Coffitivity」というサービスがあること自体、

一般的に認識されていることだと僕は思います。

 

ちなみに「Coffitivity」はこちら

カフェざわざわ感をBGMとして楽しめます。

 

 

 

 

2、世の中のブームがわかる

 

NOU86_tokainonagame500 

 

これってどういうことかというと、

例えば、作業をしていると、

様々な会話が聞こえてきますよね?

 

その会話とかに、凄く季節感を感じたり、

今流行の言葉とかが

ちりばめられていたりということは

結構あります。

 

 

 

例えば、今はクリスマスシーズンなので、

クリスマスの話題が多かったり、

 

あと、以前だったら「半沢直樹」の話題とか

なにげにみんな流行にのっとった話をしてたりします。

 

 

あと、店のBGMとかでも

シーズンの曲とか、

今はやっている曲が流れていることもあります。

 

 

そうすると、世の中に今何がはやっているのか、

が少し理解できるので、

自分の発信やビジネスにも繋げることができたりするわけです。

 

 

 

 

 

3、時間制限があることによる集中力アップ

 PPG_anteli-kunatokei500

カフェの営業時間とか、

あとあまり長居すると迷惑なので、

作業時間というのが自ずと決まってきます。

 

 

そうすると、先ほどの集中力とも関係しますが、

普段自由に時間を決められる、自宅とは違い、

このカフェの時間までにこれをしよう!

という目標が明確になり、

集中できるということです。

 

 

これって案外時間の効率化に繋がるよなーって思いますね。

 

 

 

 

4、提供される側になれる

YAT75_cafenoonesein500

 

これってどういうことなの?

って思われるかもしれませんが、

 

 

カフェのサービスや接客、

キャンペーンなどを提供される側になることで、

顧客心理とかを学べたりします。

 

 

例えば、

メニューの名前とか、価格、

レイアウトや、セットメニュー、

キャンペーンによる割引、

ポイントカード、などなど。

 

お客様に買ってもらうための、

様々な工夫がされているのです。

 

 

こういうものを提供される側として受けながら、

提供する側の視点で見ていくことで、

自分がビジネスをしていくなかでも参考になります。

 

 

 

自分が何かしらのビジネスを提供する側にたつと、

そういう視点が生まれて、

カフェに限らず良い効果は生まれると僕は感じています。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

カフェで仕事をすることで色々な気づきがあったり、

仕事自体によい作用をもたらすと僕は思っています。

 

 

 

ぜひ、カフェで作業するときには、

この4つの視点を意識してみてください^ ^//

 

椎名林檎から学んだ4つのビジネスマインドと生き方

PED_narandaapple500

 

僕は大学生の時から起業し、

現在は会社を立ち上げ、年間3500万円ほどの事業を行っています。

 

そんな中、よくビジネスの世界では

ビジネスで成功するには、ノウハウよりマインド(考え方)が大事だ!』

という話があったりします。

 

これは、実際その通りで、

僕自身も、そんなビジネスマインドについて、

これまでにも様々な経営者さんから聞いて、実践してきました。

 

 

しかし、そんな中で、

ビジネスの考え方や生き方において、僕が最も学びを得ているのは

実は、ビジネスの経営者でも、専門家でもなく、『音楽家』なのです。

 

そして、そんな中でも

ひときわビジネスマインドを日々学ばせてもらっているのが、椎名林檎さんです。

 

 

僕は、高校生のときに椎名林檎さんの音楽を知り、

音楽を通して、椎名林檎さん自身の生き方に共感してきました。

 

次第に僕は大学時代に起業をして、現在も自分で仕事をやっているわけですが、

そんな、今の僕の生き方やビジネススタイルを築く上で大きな糧となったのは、

他ならぬ、椎名林檎さんなのです。

 

 

そんな中、おそらく

「なんでビジネスなのに椎名林檎なの?」って思われるかと思います笑

 

そんなあなたに、

椎名林檎から僕はビジネスにおける何を学んだかについて

大きく4つに分けて、少しお話できたらと思います。

 

 

今この瞬間を生きるということ

 

まず第一に教わったこと。

それは、

人は過去に生きるのでもなく未来に生きるのでもない。

今、この瞬間を生きていて、今という時間を大切にしないといけない。

ということでした。

 

椎名林檎さん、ならびに椎名林檎さんのバンド「東京事変」の曲の歌詞には、

今この瞬間を感じさせる 奮い立たされる歌詞がよく登場します。

 

その中でも一際僕の考えの1つとなっているのは、この歌詞です。

 

思い出迷子は負けのはじまり
いまを実感する者だけが勝つ
(「勝ち戦」東京事変より)

 

過去なんて関係なくて、今を生きていく必要がある。

そういう、ある意味”覚悟”みたいなものを、僕は椎名林檎さんから学びました。

 

だからこそ、自分の過去がどうだったからとか

そういったことは関係なく、今この瞬間を輝こうと思うようになりました。

 

 

努力して上り詰めたものにしか分からない味がある

 

僕のお気に入りの歌詞にこういったものがあります。

どんなに美味しく高価なお酒が有ったって
今日迄怠惰に過ごして居ちゃ味も判らない
どんなに要領(カシコ)良く硬貨を動かして居たって
対話が演技じゃ興味が湧かないってもんよ
(「余興」椎名林檎より)

 

この歌詞を聴いて、当時学生だった僕は、

本気で今を生きて、生き抜いたものにしか分からない景色や『味』があるんだ!

と知りました。

 

そして、一度きりの人生なら、そんな”味”を味わうべきだし、

そういった体験してみたいと思うようになりました。

 

もしかしたら、

「自分にはそんな味なんて興味はない」と思う人もいるかもしれませんが、

それは実際に一度味わってから、判断すればいいだけの話です。

 

毎日を真剣に生きて、自分自身をもっと試していきたい。

これを強く思うようになりました。

 

 

こだわりが唯一無二になる

 

椎名林檎さんは、とにかく曲作りから

それに関するビジュアルや演出まで、

とにかく凄まじいこだわりを感じます。

 

 

例えば、椎名林檎さん、東京事変のアルバムの曲名は

ほぼ全て文字数がシンメトリーになっているんです。

 

どういうことかっていうと、

例えば、2009年発売の「三文ゴシップ」の曲順を見ると、

01. 流行
02. 労働者
03. 密偵物語
04. 〇地点から
05. カリソメ乙女
06. 都合のいい身体
07. 旬
08. 二人ぼっち時間
09. マヤカシ優男
10. 尖った手口
11. 色恋沙汰
12. 凡才肌
13. 余興

 

と、7曲目の「旬」を対称の軸にして、

文字数がシンメトリーになっています。

 

こんなことって、多分他のどんなアーティストも

行っていないことなんじゃないかと思っています。

 

みんながやっていないから、やる必要がないとか

逆にみんながやっているから、やるべきとか、

そういう周りの環境に流されるのではなく、

自分の中にあるポリシーやこだわりを第一優先に

ビジネスも、モノづくりもしていくべきなのです。

 

そしてそれが結果的にに「自分らしさ」になる、ということを学びました。

 

 

ちなみに、唯一無二というものについて考えさせられる

僕の好きな歌詞はこちらです。

誰もわかっちゃくれないわ
私がどこにも属さないから
わかってたまるかってんだ
分類される程ヤワじゃない
(「勝ち戦」東京事変より)

 

 

 

姿勢

 

椎名林檎さんは、幼少期にバレイを習っていたらしく、

そのせいか、とても姿勢が歩き方が綺麗です。

「立っているだけで様になる」とはこのことだな、と思います。

 

 

そして僕も、男性ではあるので、真似をする訳にはいきませんが笑

それ以来、姿勢を意識して日々過ごすようになりました。

 

姿勢って本当に大事で、

猫背の姿勢でずっと作業していると、やはり考え方も曲がってくるから不思議です。

 

さらに、姿勢がいいと、周りからも、ビジネス的な信頼を置かれやすくなります。

 

やはり第一印象は外見で見られることが非常に多いです。

僕は、姿勢を意識してから、ビジネスの売り上げが上がった

といっても過言ではありません。

 

また、それによって、自分に自信が持てるようになりました。

 

 

さて、今までのものをまとめてみると、

・今この瞬間を生きるということ

・努力したものにしか分からない味がある

・こだわりが唯一無二になる

・姿勢

大きく分けて、この4つの考え方と生き方を

僕は今でも日常やビジネスに生かしています。

 

 

芸術やクリエイティブからビジネスを学ぶ視点

 

今回、この話をすることで何を伝えたいかと言うと、

 

「ビジネスを学べるのは、決して経営者やビジネス本からだけではなく、

 芸術やクリエイティブから学べることは非常に多い」

ということです。

 

 

今回の椎名林檎さんなどの音楽もそうですし、

他にも、マンガとか映画とかアニメ、ドラマ

こういう部分から僕はビジネスのヒントを常に得ています。

 

例えば、自分の行う講座名をアニメから引用したこともあります笑

 

ビジネスはビジネス! 音楽は音楽! なんてならなくてもよくて、

それぞれの世界を融合して、総合的な学びへと変えて行った方が面白いし、

もっと人生が楽しく豊かになるんじゃないかと僕は思っているのです。

 

 

だからこそ、ビジネスをやっている人は、

芸術やクリエイティブからビジネスを学ぶという視点を持って欲しいし、

ビジネスをやったことがない人

そういった視点でビジネスの世界に触れてみるのもありなんじゃないかと思います。

 

 

なお、僕は無料メルマガも発行しているのですが、

メルマガでは、ビジネスをテーマに、

こういった様々な芸術やクリエイティブから学べる”ビジネスの視点”についてお話しています。

 

僕のメルマガは、ビジネス実践者だけでなく

アーティストの方や作家さん等も購読いただいているのですが、

「日常の全てがビジネスというテーマで1つに繋がって非常に興味深い!」

と言う意見をいただいたりと、お陰様で結構好評です^ ^

 

もし興味があれば、無料購読できますので、ぜひ読んでみてください^o^

無料公式メールマガジンはこちら

 

それでは、ありがとうございました!

2泊3日のオフィス合宿でもう一度自分を見つめ直す機会に。仕事とは? 幸せとは?

先日、2泊3日でオフィス合宿を行いました。
オフィスは、住まいと距離が近いのですが、集中したいという思いと、
自分をもう一度見つめ直す機会を設けたいという目的で、合宿をすることにしてみました。

一人で仕事をやっているので、一人合宿です笑。

オフィスの屋上からみた朝焼け

僕は、現在自分で仕事を行っています。
おそらくフリーランスという分類になるかと思っています。

現在の仕事内容としては、下請けでWebやDTPのデザインを行う事が
メインとなっています。
イベントなどもやっていますが、収入源としてはデザインの仕事が主です。

日々楽しく仕事はしているし、おかげさまで仕事もいただくのですが、
どうも満足が出来ていない自分がいました。
おそらく僕の性格上、一生満足はしなさそうだけど、なにかもう一歩進みたいという気持ちがありました。

結果的に、仕事の作業量は普段と変わりはしなかったけれど、
一人で3日ほどを黙々と過ごすことで、凄く自分を見つめる大きなきっかけとなりました。

様々な考察や気づきについて、書いていこうと思います。

続きはこちら