Category Archives: 音楽

奏でるように、文章を書く【アニメ「四月は君の嘘」から得た気づき】

こんにちは、江藤です。

僕は日頃からアニメが好きで、
結構色々見ているのですが、

最近色々な気づきをくれたアニメの1つに
「四月は君の嘘」というアニメがあります。

 

スクリーンショット 2015-04-08 14.18.32

結構前のアニメなのですが、
「四月だしなー」という理由で笑、見てみると、
予想以上に、ものすごく感動してしまい、
泣きながら見ていました笑。

どんなアニメかを簡単にいうと、
クラシックピアニストの中学生と
その仲間たちの物語です。(簡単すぎかな?笑)

なので、随所に
ピアノのコンクールで演奏するシーンがあったりします。

実は僕も、4歳くらいの時から中学生の時まで、
クラシックピアノとジャズピアノを習っていました。

中学生の時は、
合唱コンクールや卒業式でピアノ伴奏をしたり、
ピアノ教室の発表会などで、
人前で演奏するということをしていました。

それが大学時代に、
作曲やDTMでの音楽制作をするきっかけにもなり、

その結果、京都の地下鉄の予告音に
僕の音楽が採用されたりもしました。
(今でも使用されています)

人生、些細なことが巡り巡って、
結果に、実績になっていくものです。

このような背景もあり、
このアニメのシーンにもある、
コンクールでのとてつもない緊張感や、覚悟を決める気持ち、
演奏を終えたあとの拍手、表彰をされたときの感動など
共感できる点が多かったです。

そして、アニメ内でも度々表現されているのが、
演奏に感情が乗ることで、演奏する音が変化するというシーンです。

怒りの気持ち、感謝の気持ち、好きだという気持ち、
こういった気持ちが、
同じ楽譜の同じ人のピアノ演奏にもかかわらず、
音が変化して、観客への響き方が変化するのです。

特にクラシックは、
あらかじめ演奏する楽譜がしっかり決まっているので、
基本的に誰が演奏しても、曲自体が大きく変わることはありません。

でも、
演奏する人によって全く違った演奏になるし、
同じ人だったとしても、その時の感情や状態によって、
その曲が悲しい曲になったり、嬉しい曲になったりするんですよね。

つまり、ピアノの音に、自分自身が現れるのです。

当時は不思議だなーと思っていたのですが、

今は僕自身、『パズル』でいっているように、
「目に見えない情報」が
「目に見える情報」に影響を与えるわけですので、
パズメンの方は、当然のように理解できるとは思います。

そして、このアニメを見た後に、
1つ思ったんですよね。

「僕がピアノ時代に経験したような、
 演奏するときの緊張感とか、
 演奏した後の感動と同じようなものを
 最近、味わったことあったかなー」と。

たった数分かもしれませんが、
数十人、数百人が自分の演奏に注目する。

感動させれば拍手は大きいし、
ダメだったら全否定されるかもしれない。

演奏だけじゃなくて、自分そのものを評価されてしまうような
あの緊張感と、だからこその達成感と感動を、
味わっているだろうか・・・と。

やはり、あれはピアノをやっていたからこそ味わえたことだったのか?

僕が中学生の合唱コンクールで最優秀賞を取った時、
思わず涙が出てしまったような、溢れるような感情は
もう味わえない感情なのだろうか。

そう思いかけたのです。

そんな矢先、僕はふとメールボックスを覗くと、
メルマガへの返信メールが数通来ていました。

「江藤さん、いつもメルマガありがとうございます。
 今回のメルマガの内容、すごく共感しました。」

「江藤さんの企画に参加して、こんな気づきがありました。
 素晴らしい企画をありがとうございます。」

「江藤さんのメルマガに出会って、こんな変化がありました。
 これからもよろしくお願いします。」

これを見て思ったんですよね。

そうか、僕は演奏をするフィールドが変わっただけで、
今までずっと、同じ思いを味わってきていたんだった。

音じゃないけれど、文章に僕の感情を乗せて、
1万人を超える観客に、届けているじゃないか、と。

それが、共感されれば、人の心に響けば
たくさんの返信がくるし、講座に参加してくれたりもする。

そんな表現会場と表現手段を、僕は無意識につくっていたのです。

情報発信をするということは、
文章を書くことであり、ビジネスをすることです。
これは当たり前です。

しかし、それ以上に
自分を(自分の会社を)表現することでもあります。

表現するというのは、
最初は緊張するし、不安もあるし、評価を気にします。

でも、それを乗り越えた人だけが、舞台に立ち、
乗り越えたからこそ得られる感動に出会います。

大切なのは、舞台に立つことなのです。
そして、何かを誰かに奏でることなのです。

人が何かを感じるのは、
音符そのものではなく、文章そのものではなく、
それらに乗せられた、あなたの思いなのです。

「一生懸命文章を書いているのに、なんで成果が出ないの?」

そう思う人ほど、そう思う時ほど、
感情という「目に見えない情報」を大切にしてほしいのです。

演奏をするかのように、文章を書くのです。

今日はどんな演奏をしようかな?
聞いてくれる人に、何を届けようかな?
ちゃんと届くかな? 届くといいな。

そんな思いを、文章に込めてみてください。

僕も、もっといい演奏ができるように
そして、もっと多くの人の未来を色づかせられるように、
頑張りたいと思います。

 

 

p.s.

「目に見えない情報」って何? という人は、
僕の企画『パズル』で詳しくお伝えしているのですが、

下の動画でも軽く解説してみたので、もしよければみてください。

動画提供終了

 

 

 

 

理解して、はじめて理解される

度々言っているかもですが、
僕の好きな歌手は?と言われて
第一に答えるのが「椎名林檎」さんです。

 

 

今月の5日に、
椎名林檎のニューアルバムが出たのですが、
その影響で、メディアの露出が多くなっていて、
僕の中では今の時期、1人で祭り状態になっています笑。

もちろんアルバムもAmazonで予約購入して先日届きました。

しかし、僕は別にコレクターではないんですよね。

なので、アルバムが届いたら、即iTunesに入れて、
アルバムのアートワークと歌詞カードを一通り楽しんだら、
その日の内に、中古でAmazonに出品しました。

これって多分理解出来ない人もいるかもなのですが、

僕は基本的に、
CDとかDVDとか本などがずっと家にたまっていくのが嫌で、
出来るだけ家には必要最低限のものしかないような状態を
つくっていたいんですよね。

それに、中古でも売れたらその分利益になるわけですし
家も片付くし、お金になるしで僕はいいスタイルだと思っています。

しかし、多分これって
純正なファンには怒られてしまうかもしれません。

なぜなら、新品を購入してこそ
アーティストはお金が入ってくる訳で、
中古でいくら売っても、
アーティストには基本的に1円にも入らないのです。

なので、中古で売ることはアーティストには
全然貢献していないということになります。

つまり、それって本当のファンなのか? とか
お金が入るっていったて、ただ横流ししているだけで、
世の中には価値を与えていないのではないか、、 とか

感じる人もいると思います。

よく「転売ビジネスは価値を与えていない」
みたいなことも言われたりするのも
こういった側面があるかと思うのです。

しかし、これってどうなのかな、と思うんですよね。

例えば、僕が中古で出品した
Amazonの椎名林檎アルバムCDを、誰かが購入します。

ということは、
その人はCDが欲しかった訳ですから、
僕は価値を提供していることになります。

Amazonも手数料で稼げるし、
僕が頼んでいる出品代行サービス会社にも貢献しています。

そして、その人がCDを聞いて
椎名林檎のファンになって、
もしかしたらライブにいくかもしれません。

そうすれば、僕は間接的に、
アーティストに貢献していると思うんですよ。

つまり、お金が発生しているということは
絶対に直接的でも間接的でも
何かしらの価値の提供しているのです。

販売者と購入者間だけで、
価値が完結するということは基本的に絶対になくて、
っていうかそんな単純ではなくて、
様々な価値の歯車が回っていくということです。

1つの視点だけでみると、
「生産性がない」「価値提供ができていない」
と思う事も、

視点を広げれば、
様々な価値提供というのはしているということになります。

 

 

healthy

このように、
視野を広げれば理解・解決できる、
というものは結構あります。

最近、
情報発信や劇団運営などなど
色々な活動をしていますが、
様々な場面でそれを感じますね。

で、
これらを皆が皆出来るのでれば
そもそも意見の相違は起きないはずなのですが、
なかなかそう上手くはいかないですよね。

そういうときは、
まず相手の視点を理解するということが大事です。

相手の視点を理解した上で、
自分の意見がどの視点からの意見なのかを再確認します。
(これが自分の現在地を確認することにも繋がります。)

そして、それを踏まえた上で、形にする。

ということが僕は必要かなと思っています。

ビジネスの名著「7つの習慣」でも
「理解して、はじめて理解される」
というものがあります。

一見言葉だけみると、
当たり前のワードなのですが、
この言葉って深いよなーと最近凄く感じますね。

今回は椎名林檎のアルバムという
ものすごく個人的で、
そして発信しても差し障りのない話題を挙げましたが、
(多分当たり障りないと思うけど笑)

ぜひ自分の場面で置き換えて、
そして意識してみてほしいと思います。

p.s.

今月末には椎名林檎ライブにも行くし楽しみだなー。

椎名林檎が2014FIFA ワールドカップなどNHKサッカー放送のテーマ曲を担当することに!

椎名林檎が、なんと! 

2014年のNHKサッカー放送のテーマ音楽を担当するそうです!

椎名林檎好きの僕にとっては凄く嬉しい話です^ ^

 

NHKサッカー放送全般に採用されるそうで、

6月に開幕する「2014FIFA ワールドカップ」はもちろん、

Jリーグ・天皇杯など、NHKのサッカー関連番組で使用されるそうです。

 

しかも、いつもの通り椎名林檎のコメントもユニークで素敵です。

 

椎名林檎メッセージ

 

重大なミッションのご依頼、誠にありがとうございます。 

W杯開催地区が、今回は憧れのブラジル。

幼少期を日本のブラジル・清水で過ごした自分のグルーブが、ここへ来て初めて活かされてしまうのでしょうか。 

開戦前夜の武者震いを何としましょう。曲にしましょう。精一杯取り組ませていただきます。

 

キャンペーンごとにイメージ写真を公開するのが椎名林檎の最近のパターンですが今回はブラジルっぽいです。本当にセンスいいなー

キャンペーンごとにイメージ写真を公開するのが椎名林檎の最近のパターンですが今回はブラジルっぽいです。本当にセンスいいなー

 

 

椎名林檎は、最近も石川さゆりさんとコラボもしたりと15周年の歯切りに凄く活動な印象です。

1ファンとして、凄く嬉しいです。

色々な顔をみせることができる椎名林檎に心から尊敬するし、僕も頑張っていきたいと思います。

 

椎名林檎公式サイト「黒猫堂」

 

僕のお気に入りな3つの「透明少女」

僕が今まで、出会った曲の中には、

なぜか「透明少女」という曲が3つあって、

しかもそのどれもが名曲だと思うので、

それぞれ紹介できればと思います。

 

透明少女/ヒゲドライバー

 


ヒゲドライバーさんは僕が大学生の時にハマったアーティストです。

最近は自分の曲以外にも楽曲提供などを多く行っていたりします。

先日クラウドファウンディングのCAMPFIREでも

アルバムの資金を募集したりしていて、僕もパトロンになりました。

 

他に曲としては、「マイティボンジャック」という曲も有名です。

 

 

 

 

透明少女 / Number Girl

 

 

 「透明少女」という言葉を聞いた時に思い浮かべる人が多い曲がおそらくこの曲でしょう。

ナンバーガールは、非常に僕も好きで、高校の時に結構聞いてました。

 

 

透明ガール/Nona Reeves

 Nona Reevesの中では僕の一番好きな曲です。

ライブバージョンも結構いいので、聞いてみてほしいです。

 

 

 

 

 

なぜ、透明少女という曲がこれほど多いのかはなぞですが、

透明という表現は僕も好きです^ ^

 

また、共通のキーワードで、異なる要素をグルーピングするというのは

やってみると楽しいので、ぜひ一度やってみてはいかがでしょうか??

自分自身のピンクもブラックも許し感謝する【Pink or Black/livetune】

僕は、長い間、自分のブラックな部分を許す事ができませんでした。

ブラックは悪だと思っていたし、もってはいけないものだと、そう思ってました。

 

でも人には絶対に、ピンクな部分とブラックな部分があるのです。

 

それをどちらも許して、感謝することで、

それは調和され、どちらも自分自身であることに気づく。

 

この曲は、そんなことを改めて気づかせてくれました。

 

Pink or Black/livetune

村上隆×シュウウエムラのクリスマスコレクション
「シックス ハート プリンセス by takashi murakami for シュウ」
企画アニメーションPV 

 

dj.cujaallf.170x170-75

 

Pink or Blackは

村上隆×シュウウエムラのクリスマスコレクション

シックス ハート プリンセス by takashi murakami for シュウ

の企画のアニメーションPVです。

音楽は、僕の好きなアーティストの1人であるlivetune(kz)です^ ^

 

 

 

Pink or Black/livetune

There are two of me inside myself

One’s an angel while the other is a devil

But that’s how I am, who I am

Would you bless me for who I am?

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

There are two of me inside myself

Me in heaven and another down in hell

But that’s how I am, who I am

Would you not forsake me for who I am?

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

Just like the birth of a universe,

with pink I am reborn

I’ll trap you inside a black hole with my black

I know myself, yeah

Pink or Black? Which do you like?

Pink or Black? Henshin my style.

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

It’s Magic

私の中に2人の私

天使の私、悪魔の私

でも、それが私自身なの

そんな私を祝福してくれる?

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

私の中に2人の私

天国の私、地獄の私

でも、それが私自身なの

そんな私を見捨てないでくれる?

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

宇宙の誕生みたいに、

ピンクで私は生まれ変わる

ブラックであなたをブラックホールの中に閉じ込めちゃう

私は私を知っている

ピンクとブラック、どっちが好き?

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

マジックなの

 

 

 

 

 

 

美味しいお酒の味が分かるような、そんな人間になれたらと。【椎名林檎15周年24時間ニコニコ生放送】

スクリーンショット 2013-11-28 13.14.46

 

一昨日、
ニコニコ生放送で、
椎名林檎の24時間生放送番組を
やっていたのを、ずっと見ながら
作業をしていました。

その番組は、
過去の椎名林檎のライブ映像と、
PVをぶっとうしで流し続けながら、
後半に、現在開催されている
15周年ライブ「党大会」の1部を
中継で見ることができるものでした。

15周年。

15年間も芸能活動をしつづけていくことって
本当にすごいなーって思うし、
その15年の間に、
色々あったことが、
曲の節々にも伺えたような気がしました。

僕はまだ、学生を卒業してから
自分のビジネスを始めて、
まだ2年ちょっとしか経ってない訳で、
続けることって偉大だと改めて感じました。

また、ライブ中継の時には、
ニコ生の再生数は25万を越え、
もちろん、実際に会場にいる人が
数千といるわけです。

そして、ライブが始まり、
椎名林檎登場!

もう貫禄というか、
ネット上からでもオーラが伝わってきました。

でも、どこまでも自然体で、
会場を包み込んでいたような感じでした。

そして、隅々まで研ぎすまされていて、
本当にカッコイイの一言でした。

多分、リハーサルもむっちゃしただろうし、
この体型を維持するのにも
声や身体のコンディションを整えるのにも
一苦労も二苦労もあっただろうと思う訳です。

椎名林檎が唄い出した瞬間、
会場にいるわけでもないのに、
一体となって耳を傾け、
画面にはりついていました。
(本当に好きなんだな、僕ww)

まさしく、スターだな、と。
そう思いました。

そういう姿を見ていると、
僕はこんなスピード感で、
何をやっているんだろうと、
なんか悔しい思いになりました。

もっと、心からバイブレーションを
揺さぶるような活動ができたらと、
僕の場合は、それをビジネスで
できたらと、

そしてもっと自分自身を研ぎすまし、
磨いていければと、

そう思いました。

また、多分あなたのイメージとしては、
椎名林檎って、
エレキギターをもって、
ロックでがんがんしているイメージですが、

今回のライブ「党大会」は、
オチャードホールというホールで、
管楽器とピアノで繰り広げる、
今までとイメージが全然違うライブスタイルで、

観客も座ってみて、
曲が終わると
「ウオー!」って感じではなく、
「パチパチ」と、拍手するっていうライブでした。

ここで僕が思ったのは、
多分、お客さんの本心としては、
ロックサウンドで、びりびりしたい!
っていうのも求めていると思うんです。

実際、ニコ生のコメントにも、
「もっと昔のようなライブがみたい」
ってコメントが多かったです。
(ニコニコ動画のコメントは匿名だけに正直ですからねww)

お客さんの求めていることに答える、
というのが、ビジネスの基本なわけですから、
本来は、それに答えるのが一般的で、
椎名林檎も今までは基本的にそうだったはずです。

しかし、
もう地位と名誉を確立してしまった今、
自分の世界に入り込み、
好きなことをしても、
みんなついてきてくれるレベルになった
ってことだと思います。

つまり、もう思うまま、
自分の音楽を追求できるように
なったではないかと、そう思います。

そのステージにいったら、
もう本当に凄いだろうなって。

それらを間接的に、
歌と姿と、生き方で教えてくれた、
椎名林檎には感謝です。

そんな思いを企画内で
ぶつけていきたいと思うし、
日頃の情報発信でも
伝えていければと思います。

最後に、椎名林檎の歌詞の中で
僕が好きなフレーズを1つ

ーーーーーー

どんなに美味しく高価なお酒があったって
今日まで怠惰に過ごして居ちゃ味も判らない

どんなに賢く、硬貨を動かしていたって
対話が演技じゃ、興味が湧かないってもんよ

ーーーーーー

美味しいお酒の味が分かるような
そんな人間になれたらと、
思うばかりです。