Category Archives: 映像

葛飾北斎は、なぜ地獄絵に仏を描いたのか??《映画 百日紅(さるすべり)》

先日「百日紅(さるすべり)」
というアニメーション映画を見てきました^o^
 
クレヨンしんちゃんとかの原恵一監督による
葛飾北斎の娘である
「お栄」の人生の一部分が描かれた作品です。
 


 
この映画から、
僕自身、創作における気づきをもらったので、
今回は、ちょっとシェアしたいと思います。
 
(創作というのは、
例えば文章を書く、ということなどにおいても言えることです。)
 
 
 
さて、葛飾北斎が絵師であることから、
お栄も絵師として、
お客さんの注文を元に、様々な絵を描きます。
 
 
その1つに「地獄絵」がありました。
 
 
地獄絵とは、
様々な地獄と、その地獄に苦しむ人たちが
表現されている大きいサイズの絵です。
 
 
 
なぜ、見ると苦しくなるような絵を
わざわざ欲しいのか? というと、
 
 
日々の戒めとして、
 
「悪いことをしたら、こんな地獄に行ってしまうから、
 この絵を見てそれを思い出し、日々誠実に精進していこう」
 
と思うためです。
 
 
 
そんな中、
その地獄絵を注文した人が、
それを自分の家の部屋に飾ってからというものの、
 
その人の奥さんに異変が起き始めます。
 
 
 
幻覚を見るようになったり、
ちょっとしたことに怯えるようになったり、
ずっと寝込むようになってしまったりと、
 
体調も精神状態もどんどんと悪くなっていくのです。
 
 
 
尋常じゃない様子から
これは、地獄絵がなんか関係している・・・と
地獄絵を買った人は感づいて、
 
ある日、お栄と葛飾北斎の所に相談しに来ました。
 
 
 
お栄は、自分の描いた地獄絵で、
なぜそのような事が起こるのかを全く分かりませんでした。
 
 
しかし、葛飾北斎は、
「1回その地獄絵を見せてくれ」
と、その人の家まで赴き、地獄絵を見に行くのです。
 
そして、何かに気づいた北斎は、
その地獄絵に、あるものを付け足しました。
 
 
 
その、あるものとは、
「仏さま」です。
 
 
そして、
地獄で苦しんで、今までの悪行を反省した人たちが
その仏さまに拝みにいっている、という絵をつけたしたのです。
 
 
そうしてからというもの、
奥さんの体調はすっかりと良くなったそうです。
 
 
 
葛飾北斎はなぜ仏さまを描いたのか?
 
それは「地獄絵に締まりがなかったから」だと言いました。
 
 
 
仏さまのいない状態の地獄絵だと、
地獄を味わった人たちの感情の行き場がなくなり、
どんどん苦しみの感情のエネルギーだけが絵に溜まっていきます。
 
 
そして、その絵を見た人も、
そのエネルギーを受けて、
心の行き場をなくしてしまうのです。
 
だから、奥さんのような異変が起こってしまったのでしょう。
 
 
 
だからこそ、
その地獄絵に仏さまを描くことで、
 
絵の中で、
「地獄を受ける → 反省する → 仏さまを拝む」
 
と、1つのストーリーが完結しました。
 
 
つまり、「絵が締まった」のです。
 
 
 
「お栄、お前はまだまだ半人前だな」
と北斎に言われ、
 
お栄は、
父親である北斎の凄さを改めて感じた、という話が
映画の中で描かれていました。
 
 
 
何かモノをつくる、文章を書く、ビジネスをする
 
なんでもそうだと思うのですが、
 
 
生み出したモノの中に、1つのストーリーをつくり、
しっかりとそのモノの中で完結させて、締まりをつくる。
 
というのは、凄く大事だと思います。
 
 
 
そうすることで、受け取った人が、
 
そのモノから感じるストーリーを
自分に置き換えたり、共有することが出来るようになります。
 
 
そして、
そのモノから溢れるエネルギーを
自分のエネルギーに置き換えることが出来るのです。
 
 
そうすることで、
そのモノを受け取った人の人生やビジネスが
より向上するのではないかと思っています。
 
 
 
僕は、人生は創作の連続だと思います。
 
 
ビジネスだけで言っても、
 
ビジネスモデルをつくる
文章をつくる
ブログをつくる
システムをつくる
LPをつくる
 
と、色々創作していますよね。
 
 
 
その1つ1つの中に、ストーリーの流れをつくり、
そして、しっかりと完結させ、締まりをつくる。
 
この感覚が大事だと思います。
 

 

11218598_811188785616667_1942174732245402651_o
 
「ストーリーをつくって、完結させ、締める。」
 
 
この意識で色々創作物をつくっていくと、
 
お客さんも、自分から出た感情や共感の気持ちを
どこへ持っていけばいいのか分かりやすくなり、

結果的にビジネスの価値がさらに生まれやすくなると思っています。
 
 
そんな気づきを
葛飾北斎と地獄絵の話から気づかされたのでシェアしました!
 
あと、映画も面白かったので、
もし興味のある方はぜひ見てみてください!

【監督・脚本:岩井俊二】アニメーションショートフィルム「TOWN WORKERS」がYoutubeで3話分公開中

 スクリーンショット 2014-09-30 20.13.07

働く若者達をテーマに描く、
アニメーションショートフィルム「TOWN WORKERS」
が心に響いたのでシェア^ ^

監督・脚本は「リリイ・シュシュのすべて」などの岩井俊二さんです。

子どもから見たら「ただの大人」に見えても、
大人になると、「ただの大人」なんて1人もいないことに気づく。
という言葉が響きました。

⇒  http://cm.townwork.net/twks/

僕のお気に入りな3つの「透明少女」

僕が今まで、出会った曲の中には、

なぜか「透明少女」という曲が3つあって、

しかもそのどれもが名曲だと思うので、

それぞれ紹介できればと思います。

 

透明少女/ヒゲドライバー

 


ヒゲドライバーさんは僕が大学生の時にハマったアーティストです。

最近は自分の曲以外にも楽曲提供などを多く行っていたりします。

先日クラウドファウンディングのCAMPFIREでも

アルバムの資金を募集したりしていて、僕もパトロンになりました。

 

他に曲としては、「マイティボンジャック」という曲も有名です。

 

 

 

 

透明少女 / Number Girl

 

 

 「透明少女」という言葉を聞いた時に思い浮かべる人が多い曲がおそらくこの曲でしょう。

ナンバーガールは、非常に僕も好きで、高校の時に結構聞いてました。

 

 

透明ガール/Nona Reeves

 Nona Reevesの中では僕の一番好きな曲です。

ライブバージョンも結構いいので、聞いてみてほしいです。

 

 

 

 

 

なぜ、透明少女という曲がこれほど多いのかはなぞですが、

透明という表現は僕も好きです^ ^

 

また、共通のキーワードで、異なる要素をグルーピングするというのは

やってみると楽しいので、ぜひ一度やってみてはいかがでしょうか??

自分自身のピンクもブラックも許し感謝する【Pink or Black/livetune】

僕は、長い間、自分のブラックな部分を許す事ができませんでした。

ブラックは悪だと思っていたし、もってはいけないものだと、そう思ってました。

 

でも人には絶対に、ピンクな部分とブラックな部分があるのです。

 

それをどちらも許して、感謝することで、

それは調和され、どちらも自分自身であることに気づく。

 

この曲は、そんなことを改めて気づかせてくれました。

 

Pink or Black/livetune

村上隆×シュウウエムラのクリスマスコレクション
「シックス ハート プリンセス by takashi murakami for シュウ」
企画アニメーションPV 

 

dj.cujaallf.170x170-75

 

Pink or Blackは

村上隆×シュウウエムラのクリスマスコレクション

シックス ハート プリンセス by takashi murakami for シュウ

の企画のアニメーションPVです。

音楽は、僕の好きなアーティストの1人であるlivetune(kz)です^ ^

 

 

 

Pink or Black/livetune

There are two of me inside myself

One’s an angel while the other is a devil

But that’s how I am, who I am

Would you bless me for who I am?

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

There are two of me inside myself

Me in heaven and another down in hell

But that’s how I am, who I am

Would you not forsake me for who I am?

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

Just like the birth of a universe,

with pink I am reborn

I’ll trap you inside a black hole with my black

I know myself, yeah

Pink or Black? Which do you like?

Pink or Black? Henshin my style.

Pink or Black? Which do you like?

The Magic reveals your another self.

Pink or Black? Henshin my style.

You can become anything.

It’s Magic

Fantastic na Magic

It’s Magic

It’s Magic

私の中に2人の私

天使の私、悪魔の私

でも、それが私自身なの

そんな私を祝福してくれる?

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

私の中に2人の私

天国の私、地獄の私

でも、それが私自身なの

そんな私を見捨てないでくれる?

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

宇宙の誕生みたいに、

ピンクで私は生まれ変わる

ブラックであなたをブラックホールの中に閉じ込めちゃう

私は私を知っている

ピンクとブラック、どっちが好き?

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

ピンクとブラック、どっちが好き?

魔法がもう一人のあなたを露にする

ピンクとブラック、変身。私のスタイル

何にだってなれるの

マジックだから

ファンタスティックなマジック

魔法だもの

マジックなの

 

 

 

 

 

 

何かを伝える2つの手段〜アニメーション監督 新海誠さんから得た気づき〜

 

スクリーンショット 2013-12-20 16.36.56

今回のエントリーは

僕の大好きなアニメーション監督である、

新海誠さんを紹介しつつ、

僕の視点や気づきを伝えていきたいと思います。

 

  

新海誠さんってご存知ですか??

 

有名なアニメーションでいうと、

 

「秒速5センチメートル」(予告編)

 

 

「言の葉の庭」(予告編)

 

などの作品があります。

 

 

 

実は僕も最近知って、

どちらのアニメも見ましたが、

両方、すごく号泣しましたww。

 

 

 

まず、景色の描写がものすごく綺麗なんです。

 

「秒速5センチメートル」だったら、

桜の花びらが落ちていく描写だったり、

 

「言の葉の庭」だったら、

雨が地面をたたく描写だったり、

 

 

「あっ雨ってこんなに綺麗なんだ」

って改めて気づかせてくれるのです。

 

 

 

また、物語はどちらも

1時間もしない位の長さなのですが、

終わり方が絶妙で、

「ここで終わりかーー」っていう、

なんかもどかしい気持ちだったり、

あと、主題歌の入り具合がハンパなく感動を誘います。

 

どちらも最高にいいアニメーションでした。

ぜひ見てほしいです。

 

 

 何かを伝える2つの手段

 

さて、僕が新海監督を見て思うのは、

何かを伝える手段って

大きく分けて2つあるなってことです。

 

1つは、

「自分の思いを直接言葉として伝える手段」=タイプA

 

もう1つは、

「自分が作った作品を通して間接的に伝える手段」=タイプB

 

 

 

例えば、

僕がメルマガを書いているのは、

タイプAで(基本的にですが)、

 

新海監督のアニメーションはタイプBです。

 

 

これってどちらがいいとか悪いとかじゃなくて、

2つの手段があるということを理解して

伝えたいことによって

使い分けていくというのが

いいのかもしれないと僕は思ったのです。

 

 

 

 

多分、伝わり方の種類が違うんです。

 

タイプAは、「なるほど!」っていう感じなのですが、

 

タイプBは、

「もしかしてこういうことなのかもしれない」

っていう、感じ、つまり最終的な答えは、

それぞれで考えてもらうっていうものです。

 

 

音楽でロックを聞いたときに感じる刺激と、

クラシックを聞いた時に感じる刺激が

違うのと似てるんじゃないかと思います。

 

 

 

どちらも、僕は素敵なことだと思いますね。

 

 

 

僕もメルマガで

直接的に自分の思いを伝えながら、

間接的に伝えていく何かも

やっていけたらと感じました。

 

 

 

今日は、ものすごく感覚的なことを伝えましたが、

何か気づきなどがあれば嬉しいです。

(↑ っていう終わり方はどちらかというとタイプBかも)

 

 

さて、そんな新海監督ですが、

 

実は、クライアントワークとしても

1つ、作品を残しています。

 

 

それがこちら(全編 7分の短編ムービーです)

だれかのまなざし

 

これは、野村不動産に提供された作品です。

たった7分でも、とてもあたたかな気持ちになれますのでぜひ。

SOIL&”PIMP”SESSIONSと椎名林檎 『殺し屋危機一髪』【PV 児玉裕一】

6/7正午、遂に解禁しました!!

数日前より、特報という形で、お知らせがあったので、

とても楽しみにしていましたが、

遂に、その音楽を聴くことができました。

 

「殺し屋危機一髪」は
SOIL&”PIMP”SESSIONSの2013年アニヴァーサリー・イヤー企画第二弾で、

椎名林檎をボーカルに迎えたコラボ作品です。

 

椎名林檎さんが作詞、作曲はタブゾンビさんと椎名林檎さんが共作、

編曲を斎藤ネコ氏が担当されてます。

ストリングスやティンパニー、ハープを導入し、

バンドとしては今までに無い意欲作となってますね^ ^

 

PVの監督は、椎名作品では、おなじみの児玉裕一監督。

児玉さんの作品の前では、本当に椎名さんが女優さんみたいですよね。

いい関係がとれてるんだろうなって思います。

 

6/26に発売、12日にデジタルで先行配信のようです。

 

SOILも10周年、椎名さんの15周年。

お互いの節目を良い形でコラボされてます^ ^//

 

SOIL&”PIMP”SESSIONS Webサイト

椎名林檎 Webサイト

 


 

特報