Category Archives: 朝ランニング

小説家・村上春樹さんの言葉から、ランニングをする意味に改めて気づく《走ることについて語るときに僕の語ること》

優れた経営者や著名人たちの中には、
ランニングを習慣づけている人達が数多くいます。
 

例えば、

・マクドナルドの原田元社長

・サイバーエージェントの藤田社長

などなど、

 

大企業の経営者さんですら

ただでさえ忙しいにも関わらず、ランニングを継続し、レースにも出場しています。

 

 

 

これは、ランニングが、その人達の思考を変化させているとも言えるし、

そういった人たちだからこそ、
ランニングの重要性を理解し、習慣化しているとも言えるかもしれません。
 
 
 
そんな中で今回は、僕が最近共感した、

ある著名人によるランニングについての言葉を

シェアしていきたいと思います^ ^
 
 
 
 
さて、僕が好きな小説家の1人に、
村上春樹さんがいます。
 
多分、一番好きな小説家は?と聞かれると
村上春樹さんを挙げるほど僕は好きで、
 
僕は、中学の時から親の影響で、村上春樹さんの本を読み始め
(当時は多分訳がわからないまま読んでいたかもですが)
今でも時々読みたくなって、最近また読む機会が多くなりました。
 
 
僕が「もの書き」になりたいと思わせてくれた1人ですし、
文章表現の参考にもしていたりします。
 
 
 

 

さて、そんな村上春樹さんもランニングをしていて、
ランニングについて書いたエッセイも出していたりします。

 

それがこちらです

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 
この小説を読んでいると、

村上さんは、毎日10kmくらいを走っているというから驚きです。
 
 
そんな村上春樹さんが本に書いていた言葉のうち、
1つ共感したものがありました。
 
それが、こちらです。

 

世間にはときどき、日々走っている人に向かって
「そこまでして長生きしたいかね」と嘲笑的に言う人がいる。
 
でも思うのだけれど、
長生きをしたいと思って走っている人は、
実際にはそれほどいないのではないか。
 
 
むしろ
「たとえ長く生きなくてもいいから、
 少なくとも生きているうちは十全な人生を送りたい」
と思って走っている人の方が数としてはずっと多いのではないかという気がする。
 
 
 
同じ十年でも、ぼんやりと生きる十年よりは、
しっかりと目的を持って、生き生きと生きる十年の方が
当然のことながら遥かに好ましいし、
走ることは確実にそれを助けてくれると僕は考えている。
 
 
 
与えられた個々人の限界の中で、
少しでも有効に自分を燃焼させていくこと、
 
それがランニングというものの本質だし、
それは生きることの(そして僕にとってはまた書くことの)メタファーでもあるのだ。
 
このような意見には、おそらく多くのランナーが賛同してくれるはずだ。

 

このようなことをおっしゃっていて、
確かにそうだよなーと思いました。
 
 
 
僕は、ランニングを始め、習慣化する前は、
ランニングって健康を維持するためにするもので、
将来を見据え、健康な将来を送りたいから行うものだと思っていました。
 
確かに、そういう一面は当然あるし、
実際にそうやって走っている人もいると思うのですが、
 
 
 
ランニングをして分かったことは、
未来のために走っているんじゃなくて、
「今」を、「よりよい今」にするために、走るんだということでした。
 
 
 
僕は、しばらく走らない日が続くと、
体も脳も比較的だらけてきて、あまり思考が働かない感じになるし、
あまりいいパフォーマンスができにくくなります。
 
 
しかし、コンスタントに走っていると、
仕事量も仕事スピードも格段に上がるし、
よいアイディアがひらめいたり、
全体的なパフォーマンスは一気に上がる実感があります。
 
 
あと、当然仕事だけじゃなくて、
人生全体をより豊かに、ユニークで、彩りのあるものしたいという、
人生そのものを自分なりに向上していきたい好奇心もより生まれてきたりもします。
 
 

 

このように、「今」をよりよくするために走って、
だからこそ、その連続した「今」が積み重なり、
結果的に、未来をもよくする要素になっていく。
 
これがランニングなんだなーと、
村上春樹さんの言葉を読んで、さらに実感をしました。
 
 

 

今回は村上春樹さんの言葉をシェアさせていただきましたが、
もしランニングをしている人は、

ランニング熱をよりアップしてもらえれば嬉しく思います^ ^/

 

 

僕もこれからも継続して

ランニングによって、より人生も、そしてビジネスも

より豊かにできればと思います!

 

 

 

そんな村上春樹さんのエッセイはこちら!

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

2回目のフルマラソン完走より、宣言のタネはあらゆるところで芽を出す【板橋Cityマラソン】

こんにちは、江藤です。

昨日、板橋Cityマラソンという
フルマラソンに仲間と参加してきました。

 

僕自身、
人生2回目のフルマラソンだったので、
少し不安な部分があったのですが、
無事僕を含め、仲間全員が『完走』!

僕もホノルルの時は5時間を切れなかったのが心残りだったので、
今回は多分5時間を切ることが出来ました。
(多分というのはまだ完走証をもらっていないから)

実は今回、
フルマラソンを出場することにおいて結構不安がありました。

まず、僕は花粉症なので、
この季節、身体の調子が結構悪くなるんですよね。

もともと体調を崩しやすく、
強い身体でもないのですが、
特に、季節の変わり目は身体のバランスが崩れます。

まあ季節の変わり目は毎回そうなので、
そんな自分の身体を認めてはいるのですが、

そうなってくると、
僕はメンタルもそれほど強くないので、
身体のバランスが崩れると当然、心もバランスも崩れてきます。

そういった背景もあり、
マラソン当日の朝ですら、不安でモヤモヤしてしまって、
出場自体をためらうくらいでした笑

そう、僕は結構弱い人間なのです。

しかし、僕は自分が弱い人間であることを知っています。

だからこそ僕は
「宣言をする」ということをいつも意識しています。

例えば、
フルマラソンに出場することをメルマガでも言っていたし、
(しかもフルマラソンは走れて当然みたいなことも言っていたし笑)
ランナーズハイのコミュニティでも宣言しています。

そうすることで、
やらざる終えない状況をつくってしまうのです。

なぜそこまでするのかというと、
マラソンが大好きだから、とかでは正直ありません。

僕はマラソンやランニング自体が
ものすごく好きかというとそうではないのです。
(もちろん好きですが、好き度合いとしてはものすごく高いわけではないのです)

では何に興味があるのか?
というと、『自分自身の変化と進化』です。

フルマラソンを走ることにおいての
「自分の変化と進化」に興味があるのです。

今回、フルマラソンを走ってみて、やっぱり思ったのは
フルマラソンを走らないと分からない気づきというのは必ずあるということ。

そして、フルマラソンを2回走ることでしか
気づけないものもあるということでした。

ビジネスでもそうです。
実際にやらないと分からないこと、身につかないことは当然あるし、
それを何回もやるからこそ分かることもあるのです。

僕はその「実際に事を起こすこと」そして「それを繰り返すこと」。

これらの大切さを知っているからこそ、
自分をそういう状況に追い込んででも、
『自分の変化と進化』を掴み取りたいのです。

普段、自分のペースで生きていると、
(特に僕は誰かに指図される環境にいないので、)
なかなか「やらざるを得ない状況」というものには出会えません。

そうなってくると、
自分の枠みたいなものから、なかなか外に出ることができないのです。

なぜなら、枠内にいることはとても安全で居心地がよく感じてしまうからです。

そうなっては、
自分自身のステージを上げる、レベルを上げる、
ということがなかなか難しくなってきます。

だからこそ、
僕がオススメするのは、
「宣言してしまうこと」です。

ビジネスなら、
「このビジネスを成功させる」とか
「このプロモーションでこれだけ稼ぐ」
とかでもいいですよね。

僕も、メルマガで
「フルマラソンなんて余裕」的な宣言をしていたかと思います笑。

もちろん、その話題はホントの事ですが、
同時に、フルマラソンを完走するという宣言にもなるわけです。

まずは宣言することがものすごく大切です。

そしてもう1つ大切なのは、
『宣言の種』を周りに巻いておくことです。

そうすると、その種はあらゆるところで芽を出してきてくれます。

そして、
結構自分にはない視点でアドバイスをくれる人もいたり、
応援してくれる人が現れたり、
環境が味方をしてくれたりするんですよね。

僕も新しく取り組みをするときは
いつもそうして『宣言の種』をまくようにしています。

あなたが目指したい未来があるなら、
その宣言の種をまいてみてください。

今回、2度目フルマラソンで得たものは本当に大きかったです。

そして、
現地で応援してくれたランナーズハイの方々にも感謝だし、
42kmを走りきった、自分の心と身体にも感謝です。

そんな中、本日はタイミングよく母が東京に帰ってくるので、
少し自分にご褒美も込めて、美味しいものでも食べに行ってきます^o^

椎名林檎の歌詞にこんなものがあります。

==
どんなに美味しく高価なお酒があったって
毎日怠惰に過ごしてちゃ味も分からない。
==

僕はこの歌詞が結構好きで、
やり遂げたからこそ出会えるような
味が分かるような人間になりたいし、

だからこそ、常に自分を進化させる意識を
死ぬまでもっていたいと思います。

それでは、ありがとうございました。

江藤誠哉

p.s.

あっ、ちなみに今回は
そんな高いものを食べに行くわけではありません笑

お台場30kmマラソン完走!!【お台場 海と緑のランニング大会】

本日、お台場での30kmマラソンに
川口さんと出場し、無事完走できました!
30kmという距離で完走でき達成感でいっぱいです。

 

1621804_540117389456008_1938891834408606906_n

 

 

僕はレース自体はじめてで、
しかも30kmという距離に対する不安、
そしてランナーズハイというランニングコミュニティーを
背負っている責任感が入り混じった状態でした。

なので、結構レース前は緊張してたんですよね。

 

しかし、ふと思ったんです。
「これオリンピック選手だったら
 これと比にならないくらい緊張するんだろうなー。」と。
(当たり前ですが笑)

 

そう思うと、自分の緊張がいかに小さいのかを自覚でき、少し楽になりました。

比較する、ということはすごく大事な価値観だと思います。

 

 

さて、会場につくと、
すでに色々なランナーが準備運動をしていて
見るからに速そうな人もいました。

 

実際にレースが始めると、
速いランナーはものすごい速さで走っていくのですが、
僕たちはあくまで自分のペースを守ることを大切にしました。

 

周りが速いとどうしても焦ってしまうのですが、
「外は外、ウチはウチ」。
特に長距離だと遅いと感じるくらいが丁度いいと
コーチの浦中さんに教わっていたので、
それを忠実に守りました。

 

(これはビジネスにも言えることです。
他人がどうとか関係なく自分の世界を貫くことが
いいものづくりには大切だと実感しています。)

1939513_730341117042717_7772212290136307333_n

10653647_730341080376054_8719262989968262577_n

10678650_730222580387904_1142149264229811402_n

今回のレースは周回コースで
1周5kmを6周する形でした。

 

やっと3周で15km走っても、
「まだ半分かー」と思いましたね笑

 

 

走っていると、
負担の種類や大きさが変わってくるのを体感できて、
10kmまでは心肺に負担がかかり
20kmまでは足の一部分、
25kmを越えると足全体に負担がかかる印象でした。

 

これはその人の能力によって変わりそうですが、
こういった体の変化を感じるのも非常に面白い体験でした。

 

結果的に僕は3時間9分で完走。

目標が3時間30分だったので、
それを切れてよかったと思います。

 

マラソン大会の運営なども拝見できて、
非常に気づきを得られました。

 

こうやって1つ1つ
小さな成功体験を積み重ねていきたいと思います。

 

最初は僕も川口さんも
3km走ってキツいといっていたくらいでしたが、

ランナーズハイで伝えている3つの要素
・期限と目標を決めて、
・一緒に走る仲間がいて、
・信頼できるコーチがいたら、
苦なく達成出来ることが身にしみて分かりました。

 

達成感でいっぱいです。嬉しい!!
次は12月のホノルルフルマラソンです。

 

本当に、ランナーズハイのコーチとメンバーさんのおかげだとつくづく思いました。

ビジネスもランニングも
精一杯自分の表現材料を増やしていければと思う次第です。

 

ランニング×ビジネスの融合コミュニティ企画「ランナーズハイ」はこちら

 

ホノルルマラソン2014出場に先駆けて、ハワイに5日間滞在してきました。

先日ハワイに初めて5日間滞在しました。

というのも、今年の12月にホノルルマラソンに出場するので、その下見を踏まえてって感じです。

共にホノルルを走る仲間や、サポートしてもらっているトレーナーさんと男4人でいきました。

 

IMG_2005

 

東京から飛行機で約7時間くらいで到着。ほとんど寝ていたので、あっという間でした^ ^

案外ハワイって近いんだなーと思いましたね。

ハワイは時々雨が降ったり、また晴れたりと日本にはない感じでしたが、基本的に快晴でした。

 

IMG_2014

ダイアモンドヘッドも乗ったトロリーから綺麗に見えました。

 

IMG_2017

一面のエメラルドグリーンの海。地平線が綺麗に見えました。

 

IMG_2020

 

ハワイは、日本語をしゃべれる人も多く、言語についてはあまり困ることはありませんでした。

なので、海外に来た!っていう感覚よりも、リゾートにきたって感じでしたね。

当たり前ですが、インパクトとしてはカンボジアの方がスリルと緊張感がありましたww

 

気温はアツかったのですが、日本よりも湿度が低いので、汗もあまりかかず快適でした。

ただ日差しが強かったので、長時間外にいるのはちょっと難しい感じでした。

 

IMG_2028

IMG_2032

 

ホテルのプールサイドでは、夕方まで演奏が行われており、それだけでハワイな気分になります。

 

 

ハワイはご飯が大味であまり美味しくない、というのは聞いていたのですが、

お知り合いの経営者さんに、ハワイの美味しいお店にとても詳しい方がいて、事前におすすめのお店をピックアップしてもらってました。

さっそく1日目の晩は、そのお店の1つをチョイス!

 

スクリーンショット 2014-07-05 22.46.18

 

エビが食べれるお店!ということだったのですが、なんと本当にビックリするくらい美味しいお店だったんです。

魚介類のエキスがふんだんにしみ込んだソースがからみ、それを手で向いて食べるのですが、

この店は今回のハワイ滞在で一番美味しいお店でした。

 

観光マップにも乗っていない、地元民しかいないお店で、やっぱり人に聞くのが一番だなーと実感しましたね。

 

IMG_2042

今回ハワイに一緒に言ったメンバー。手前のお二人がスポーツトレーナー兼現役のスポーツ選手。 

 

その後は、またハワイグルメ経営者さんのチョイスである場所へ、、

 

ホテルのフロントにある本棚を回転して動かせば、、、

IMG_2044

 

なんと、その奥にはバーが!

IMG_2045

 

ユニークなバーで、ハワイのビールを飲みました。

IMG_2048

最高の状態で1日目終了!

 

 

2日目以降も色々な所にいきましたよー!

IMG_2051

話題のアサイーボール。僕ははじめて食べましたが、フルーツがいっぱいで冷たくて早朝のお腹にしみわたりました。

 

IMG_2091

パンケーキを頼むと、3枚もきてかなりボリュームがありました。さすがアメリカンサイズ。。この日はお昼ご飯がなくても大丈夫でした。

 

IMG_2112

もちろん、ビーチで泳ぎました! が、ものすごい太陽で、1時間くらいしかいることができませんでした笑

 

 

IMG_2126

ハワイの料理「ポキ」。マグロとタマネギをあえて、ユッケのような味付けでした。

 

 

さてさて、ここまで書くと、ただの観光みたいに思われるかもしれませんが、

今回はなんといってもホノルルマラソンの下見にきたわけですので、ランニングも行いました。

 

毎朝はなんと6:00に起きて、早朝ランニング。

IMG_2156

 

10491168_670963069619878_780868139629421210_n

 

夜も遅くまで起きていたので、あまり睡眠時間は少ない感じでした。

しかも、一緒に来ているメンバーがトレーナーもされながらも現役のスポーツ選手なので、

本当にストイックにランニングなども行い、僕も一緒に頑張りました!

 

でもそんな中でもやはりハワイでのランニングは景色も素晴らしくて、本当に最高でした!

ホノルルマラソンは42.195kmですが、楽しいだろうなーと今からワクワクです。

10496036_670586092990909_5790960145543361329_o

 

初めてのハワイでしたが、本当に「THE リゾート」という感じでした。

しかし、そんな中でも文化の違いも楽しめたし(例えばタクシーは手を振っても泊まってくれないなど)、

最高に美味しいお店も見つけることができ、12月のホノルルマラソンの時はさらに楽しめそうです。

 

定期的に自分のメンテナンスをする方法【ランニング・瞑想・紙に書く】

僕は、人というのは時間を生きていくことで、考え方が変化するものだと思っています。

例えば、10年前の自分と、今の自分を比べてみてください。
あなたの根底にあるものは一緒でも、考え方は全く変わってきているかと思います。

それは、経験によって日々色々なものに影響されるからです。

なので、当初は「これがしたい!」と心の底から思っていても、
時間が経つにつれ、他に目的を達成できる手段を見つけたりして、
刻々と変化していくものではないでしょうか?

その「変化」は僕は凄く重要だと思っていて、
その自分のちょっとした変化に気づいてあげることが大事なのだと思います。

それが、新しい発見につながったり、自分らしいスタイルを築くきっかけとなったりするのではないかと考えるからです。

では、どのように自分のメンテナンスをすればいいか、色々な方法があるかと思いますが、僕が意識的に行っていることを書いていこうと思います。

続きはこちら

朝ランニングを1ヶ月続けてみた結果→「1日20分で24時間が有意義になる!」

最近、朝のランニングを行っています。

 

僕の家からは、京都の鴨川がとっても近くにあるので、

鴨川は景色の移ろいを目で楽しむことができ、走っていてとっても気持ちいいです。

 

 

また、折角ランニングをはじめたのだから、

継続できるように、iPhoneアプリ「RunKeeper」でログをとっています。

 

当初は毎日走ろうと考えていましたが、風邪をひいてしまったりと、

逆に体調を崩してしまったので、無理なく走るようにして、とりあえず1ヶ月続けてみました。

 

その中で、ランニングによる効果として、感じたことを書いていこうと思います。

 

 

続きはこちら