Category Archives: ビジネス思考

トレードにおける具体的イメージ実演【動画コンテンツ】

こんにちは、江藤です。 
 
それでは、今回は 
新しい動画をお届けします! 
 
 
今回は 
==== 
トレードにおける具体的イメージ実演 
==== 
という形で、 
トレードの実践編としての動画を収録しました。 
 
 
 
 
 
これまで、いくつか動画をお届けしましたが、 
トレードに興味を持ってくれている人も結構いるので、 
今回は「これからトレードを始めてみたい」という方向けに 
トレードのイメージを知ってもらうための動画です。 
 
どちらかというと、これから始める人向けって感じですが、 
為替と株が連動している話など、実践編として参考になってもらえると思います。 
 
 
 
 
 
「こんな感じでトレードするんだー!」 
ということが伝われば嬉しいです。 
 
ぜひ、自分のライフスタイルの中で 
トレードをするイメージを持ちながら聞いてみてください! 
 
 
 
 
それでは、どうぞ。 
 
====== 
 
<トレードにおける具体的イメージ実演> 
 

 
 
 
動画では、 
 
トレードソフトの「メタトレーダー4(MT4)」の使い方や、 
注文のやり方、分析の基礎などをお伝えしたしたり、 
 
他にも、スマホでもトレードができることを、実演でお伝えしたり、 
様々な金融商品のチャートの表示方法をお見せしたいなど、 
色々なことをしています。 
 
 
 
この動画で主に伝えたいことは、 
MT4というトレードソフトは、色々なことができてすごいぞ! という事と、 
ライフスタイルに合わせて、トレードって色々なやり方があるんだぞ! という事、 
あとは、様々な金融商品をトレードできる! という事です。 
 
その上で、分析やトレードの方法が少しでも伝われば嬉しいです。 
 
 
 
 
それでは、質問や感想などもお待ちしています。 
ありがとうございました! 
 

悩んだり、1ランク上に行きたい時ほど『スイッチ』する!

こんにちは、江藤です。 
 
タイトルに「スイッチ」と書きましたが、 
任天堂の新しいゲーム機の「Switch」とは全く関係ありません笑 
 
今日は、 
「思考のスイッチ」についてメールを書いてみたので、 
お届けしようと思います! 
 
 
 
 
 
・・・とその前に、 
先日よりお届けしている、こちらの動画について 
繰り返しですいませんが、ちょっとだけ補足させてください。 
 
====== 
 
<2つのビジネス世界の楽しみ方と考え方>
 
====== 
 

この動画で「ビットコイン」の話をしてましたが、 
今日、ビットコインチャートを見てみると、 
僕が動画でお伝えしていたシナリオに沿う形で、 
来週以降、一旦下落しそうな流れになってきてますね。 
 
(上記ページに追記しているので、見てみてください。 
多分、なんとなく分かってもらえます。) 
 
 
 
 
 
僕は別に難しいことを言いたい訳じゃないのですが、 
 
僕としては、 
どんな金融商品を投資(トレード)するにしても、 
習得しておくべき「確固たるスキル」があることを、動画で伝えたい訳です。 
 
 
そして、それってどんなビジネスでも一緒で、 
そういった「確固たるスキル」を習得することが大事だという話を動画でしてます。 
 
詳しくは動画をぜひ見てほしいと思いますm(_ _)m 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・ということで、トレードの話はここまで! 
それは置いておいて、本日の本題に参ります^o^/ 
 
 
スイッチの話ですね。 
 
具体的には、 
「悩んだ時は、思考の根底にあるものを方向転換(スイッチ)してみる」 
という話です。 
 
 
 
 
 
例えば、ビジネスをしていて、 
なかなか思うように目標を達成できなかったり、 
思い通りにいかない時って、あると思います。 
 
その時に、結構あるのが、 
自分の中に、何かしらの固定概念を持っていたり、 
思考が偏ってしまっていることってあるんですよね。 
 
 
それによって、発想の視野が狭くなったり、 
目先の利益などを追及しすぎてしまったりなどを引き起こします。 
 
 
 
 
例えば僕も、 
ビジネスを始めた当初、 
 
もっと新規のお客さんを増やしたいのに、 
なかなか思いように増えないなー 
 
と思っていた頃がありました。 
 
 
 
 
広告費をかけて、もっとお客さんを増やした方がいいのか? とか、 
もっと集客の窓口を沢山増やした方がいいのか? など 
 
色々考えてやってみるのですが、 
なんかしっくりこない、ということがありました。 
 
 
 
 
 
そんな中、メールボックスを開けると 
ある読者さんからメールが来ていたんですね。 
 
その内容としては、 
「江藤さんの講座を受講して、自分はこんなに変化した!」 
という、感謝のメールでした。 
 
 
(こういう感謝メールは本当に嬉しんですよね。 
ちょうど昨日も、読者さんの1人から 
長文の感謝メールが届いて、ものすごく嬉しかったです。) 
 
 
 
 
そのメールを見た時に、 
自分が、新しいお客さんのことに 
視野が行き過ぎていたことに気づき 
 
「そうか! まずは自分のクライアントさんに 
 価値を提供することに注力しよう!」 
 
と思ったのです。 
 
 
そして、それを行っていくうちに、 
新規のお客さんの購入や申し込みも増えていきました。 
 
 
 
 
 
 
これはなぜかというと、 
 
1つは、クライアントが、自分のサービスを紹介してくれることで、 
新しいクライアントを連れて来てくれる数が増えた、ということが1点です。 
 
 
例えば、 
LPテンプレート「カラフル」は、そのいい例で、 
今もほとんど(8割ほど)が紹介によって売れ続けていて、 
去年には5000本の販売数を超えました。 
 
なかなか、これを実現できる人は 
いないのではないかと自負しています。 
 
 
 
 
 
 
そして、それ以外にも 
 
僕自身が、 
クライアントさんとしっかり向き合ったことで、 
クライアントの思っていることや、悩んでいること、潜在的な需要などを、 
知ったり、察知することが出来、 
 
それによって、 
新規のお客さんにおける集客が 
やりやすくなったことが1点あります。 
 
 
 
 
 
つまり、 
新しいお客さんを集めたいほど、 
今いるお客さんに価値を提供したり、 
コミュニケーションをしていった方が、実は良い、 
ということが分かったのです。 
 
回り道しているようで、実は最短だってことですね。 
急がば回れ、です。 
 
 
 
 
急ごうとすればするほど、 
焦ってしまって、目先に焦点がいってしまうことは、 
誰しもあります。 
 
そういう時こそ、 
今あるコミュニティを大事にしていった方がいいのです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
他にも、せっかくなので 
「トレード」においても例に出しますね。 
 
 
 
僕がトレードで勝てなかった時、 
「絶対に勝たないといけない」と思っていました。 
 
つまり、 
トレードには『絶対』というものがあって、 
100%勝つ理論が存在する、と思っていたのです。 
 
 
 
 
その思考でいたからこそ、 
これまで様々なテクニカルツールや、サインツールとかも買ってみては 
「全然勝てない」「なんかしっくりこない」という感じになっていたのです。 
 
(この「しっくりこない」という感覚は結構大事なのです。) 
 
 
 
 
 
 
そんな中、ある時 
僕がトレードを教わっている野田さんから、 
 
ーーーー 
 
トレードには絶対はない。 
相場は結局は予想できない。 
 
だから、可能性にベットするのがトレードなんだ。 
 
ーーーー 
 
という話を教わりました。 
 
 
 
 
多分、上記の話の意味が分からない方もいると思いますが、 
別に分からなくても全然いいです(笑)。 
 
また、 
「相場は結局は予想できないなら、ギャンブルなんじゃん!」 
という人もいそうですが、それは違います。 
 
 
 
 
 
まあ、この辺りを話すと長くなるので、 
今後話しますが、 
 
つまり言いたいのは、 
僕は「トレードには絶対がある」という思い込みを持っていたことで、 
いい成果を出すことができなかったという事です。 
 
 
 
そして、その固定概念を取っ払ってもらった事で 
トレードにおける考え方が大きく変わり、 
勝てるようになりました。 
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じで、2つほど例を出しましたが、 
 
上手くいかない時って、 
自分の中で、変に思い込んでいることがあったり、 
目先で考えて視野が狭くなっていることが大半だったりします。 
 
そういう時こそ、 
思考の根底にあるものを変換させることが必要なのです。 
 
 
 
 
 
 
いわば、 
ちょっとしたスイッチのようなものを 
切り替える感じなのですが 
 
そのスイッチは、 
自分の頭の中の、結構奥の方にあるので、 
それになかなか気づけないわけですね。 
 
 
 
 
 
だからこそ、 
一旦自分の頭の中を整理して、掃除をすることで、 
そのスイッチが見つかったり、 
 
何かのきっかけとなる出来事が、 
磁石のように、そのスイッチを引き寄せたり、 
 
また、人に教えてもらうことによって、 
スイッチの存在を教えてもらうこともある訳です。 
 
 
 
 
 
 
ただ、自分で気づくのには、 
場合によっては、結構時間がかかるので、 
人に教えてもらった方が、ある意味手っ取り早い時もあります。 
 
特に、未知の分野においては、 
それを早いうちに教えてもらっておいた方が 
当然ながら、成功も早まる訳ですね。 
 
 
 
 
 
ということでは、今回は 
「思考の根底にあるものを方向転換(スイッチ)する」 
という話でした! 
 
 
それでは、ありがとうございました。 
 

”現実世界”としての「夢」

 

こんにちは、江藤です。 
 
今、僕はフィリピンのマニラにある 
『グルーバルシティ』という所に来ています。 
 
 
 
グローバルシティは、近年都市開発がされた地区のようで 
大きな遊歩道の真ん中に、緑ある公園があり、 
その両脇に、オシャレなカフェやレストランがあります。 
 
 
前から来てみたいと思っていたのですが、 
実際来てみると「ほんとにフィリピンなのか??」 
というくらいオシャレな空間です。 
 
 
 
マレーシアのクアラルンプールとかは、全体的に都会感があるのですが、 
フィリピンのマニラは、一部だけ都会という感じで、差が大きい印象ですね。 
 
『グルーバルシティ』は 
マニラに来たら、ぜひ寄ってほしいところかなーと思います。 
 
 
 
 
 
さてさて、前回お届けした動画は 
もうご覧いただけましたでしょうか? 
 
====== 
 
<2つのビジネス世界の楽しみ方と考え方> 
 

 
====== 
 
 
「思いの他、結構面白い!」とか 
 
「時々分からない用語が出てくることもありますが、 
 分かりやすくて、興味深いです!」など 
 
色々な感想をいただいています。 
 
 
 
 
多分、時々トレードの用語とかが出ることもありますが、 
全部分からなくても全然OKですし、 
分からなくても理解はしてもらえるはずです。 
 
 
専門的な話をしたい訳じゃなくて、 
誰が見ても分かりやすい動画にしているはずですので、 
全体として、伝えたいことが伝われば嬉しいかなと思っています。 
 
 
 
 
 
 
さて、今回の動画では、 
 
ビジネスの世界として大きく2分させる 
・実業ビジネスの世界 
・金融投資ビジネスの世界 
についての考え方について説明しています。 
 
 
 
 
 
動画でもお伝えしている通り、 
この2つの世界は当然ながら繋がっています。 
 
 
しかし例えば、ドル円が上昇したからといって、 
明日からの自分のビジネスに影響が出るわけではない訳で(笑)、 
 
いわば、直接的なつながりを感じにくいことから、 
金融投資とかトレードについて 
「自分には関係ないから興味を持ちにくい」という形になると思うのです。 
 
 
 
 
 
 
なので、僕の提案としては、 
そこを無理やり繋げて考えるくらいなら、 
むしろ、「ビジネスには2つの別世界がある」くらいに分けて考えて 
それぞれ取り組んでいった方が、分かりやすいと思っています。 
 
 
それぞれの世界で頑張って、どちらでも利益を出せば 
それでいいのではないか、という感じです。 
 
 
 
そして、そんな感覚で、 
それぞれのビジネスを行なっている内に 
だんだん、繋がりを感じるようになってくるのです。 
 
 
 
その辺りは動画でも話しているかと思います。 
 

 
 
 
 
実際、僕自身「トレード」を取り組むようになってから 
なぜか、実業のビジネスの売り上げが上がったり、 
プロモーションとかも、以前より楽に成功させることが出来るようになりました。 
 
 
なんでなのかな? と思って色々考えてみると、 
トレードで、精神的な部分が鍛えられたからなんですよね。 
 
 
 
 
 
この『精神的な部分』というのは、色々あるのですが、 
1つ例を挙げると、 
 
トレードによって、世界の金融市場に参入できることで、 
自分の視野や世界が、これまで以上に圧倒的に広がったにも関わらず、 
なぜか、これまで以上に『現実的な思考』を身につけることが出来たことがあります。 
 
 
 
 
 
 
“世界が広がったのに、現実的になる。” 
 
これは一見、真逆の思考に思われるかもしれませんが、 
世界が広がったことで、目標をもっと先へと見据えることが出来たと同時に、 
それに伴って、より現実的なアプローチが見えるようになったのです。 
 
 
僕はこれを、以前メルマガでも軽くいいましたが 
『現実的成功思考』と呼んでいます。 
 
 
 
 
 
 
 
例えば、「成功する」という表現は 
非常に夢があり、可能性を感じるもので、 
 
自分の理想の未来を想像するだけで、 
ワクワクしてくるものだと思います。 
 
 
そして、自分が思う「成功=理想の未来」に向かって、 
日々勉強をしたり、ビジネスなどに取り組んで行く訳です。 
 
 
 
 
 
 
しかし、間違いなく「成功」とは、 
決して夢の世界で達成するものではなく、 
また、ずっと夢物語にしておくようなものではなく、 
 
僕たちが今生きている『現実世界』の中で達成していくものです。 
 
 
 
 
 
そして、それらは実際、蓋を開けてみると、 
非常に現実的なアプローチの積み重ねが必要になってくるわけで、 
その先に、「夢」や「成功」への実現があるのです。 
 
 
 
 
 
ところで、 
僕の好きなアーティストの1人である椎名林檎さんの言葉で 
次のようなものがあります。 
 
ーーー 
 
今打ち込んでいること、繰り返し鍛錬している事が 
どのような形で身を結ぶのか、 
イメージ出来る事が「夢がある」ってことだと思うんです。 
 
(リオデジャネイロオリンピック閉会式 
クリエイティブスーパーバイザー兼音楽監督インタビューより引用) 
 
ーーー 
 
 
 
 
 
つまり、「夢」や「成功」とは、 
決してフワフワしたものではなく、妄想的なものではなく、 
 
じゃあ、現実世界の中で、どのようなアクションを通して、 
どのようなプロセスを通して、それらに近づいて行くのか? 
ということを、イメージしてこそ、 
それは”現実世界”としての「夢」となります。 
 
 
 
 
 
また逆に、ただ闇雲に行動をしていても、 
(確かにそういう時期が必要な時もありますが) 
 
それによって、どこに向かうのかを 
リアリティのある形でイメージしておかないと 
決して、自分の思い描く夢に近づくことは出来ません。 
 
 
つまり、厳しい表現をすれば、 
一生その夢を達成したり、近づくことすら出来ないのです。 
 
 
 
 
だからこそ、 
「夢」と「現実」の両方の立場を客観的に捉え、 
それらを結んでいく必要がある訳です。 
 
 
 
 
そしてそれを、体系的に 
習得出来る場が「トレード」だと思っていて、 
 
僕は、だからこそ「トレード」を取り組むことの 
重要性を伝えたいという目的があります。 
 
 
 
 
 
 
 
例えばなんですけど、トレードって、 
「全ての行動が完全に自己責任となる空間」だったりします。 
 
 
というのも、実業のビジネスの場合は、 
 
取引先、ジョイントビジネスパートナー、 
クライアントさんの状況、 
マーケティングやターゲティング、 
販売時期や時代背景、などなど 
 
様々な要素が複合的に絡まりあい、1つの結果が生まれます。 
 
 
 
 
 
 
そのため、仮に結果が良くなかった場合でも、 
 
「販売時期が悪かったから」 
「クライアントさんの状況が想像と違っていたから」 
「取引先/ビジネスパートナーの対応が悪かったから」 
 
など、環境や他人のせいにすることって 
結構簡単に出来てしまうのです。 
 
 
 
 
 
当然、そのような思考になっていると、 
自分自身が成長することはできません。 
 
 
しかし、人間というのは、 
自尊心を高めたい潜在欲求があるため 
 
どうしても、 
そういう思考に潜在意識の中で偏りがちになってしまうのは、 
ある意味仕方のないことだとも思います。 
 
 
 
 
 
 
一方、トレードというのは、 
絶対に、他人や環境のせいにすることが出来ないビジネスです。 
 
 
なぜなら、[買うのか/売るのか/取引しないのか] 
その行動判断を行うのは、自分以外の誰でもないからです。 
 
つまり、結果がよければ、それは自分の成果として評価でき、 
その反面、結果が悪ければ、それは全て自分の責任となります。 
 
 
 
 
 
 
こうした環境下でトレードをすることで、 
「全ての判断や行動は自己責任である」 
という感覚が染みつきます。 
 
そして、これらはトレード以外の他のビジネスや 
日常生活での判断などでも、習慣として自然と身についていきます。 
 
 
 
 
だからこそ、性格的に謙虚になったり、 
また、楽観視や悲観視しすぎず、客観的に自分を見る能力を 
意識せずとも、自然と身につけることが出来るのです。 
 
 
 
 
 
 
 
他にも、色々ありますが、 
長くなってしまうのでこの辺にしておきます。 
 
 
 
今回の話をまとめると、 
 
実業の世界と 
投資金融のビジネスの世界。 
 
これらは本当は繋がっているけど、 
繋がりを感じにくいので、 
まずはそれぞれ別世界だと思って、 
取り組んでみることをお勧めします。 
 
 
 
 
今まで実業のビジネスしかしてなかった人は、 
投資金融のビジネスの世界を、 
『別世界』ないし『もう1つの世界』 
だと捉えればいい訳ですね^ ^ 
 
 
 
 
とはいっても、実際は繋がっている訳ですから 
それぞれ取り組む中で、だんだん繋がりが見えてきます。 
 
それはビジネス的な部分でもそうですが、 
精神的な部分でも、繋がりを感じてきます。 
 
その1例が、 
「より現実的に成功を考え、アプローチができる思考」 
です。 
 
 
 
 
 
 
そして、これらの繋がりを感じることが出来れば、 
それぞれの世界を、いい感じで行き来できるようになります。 
 
 
本来の「実業ビジネスの世界」と、 
もう1つの世界である、「トレードの世界」を 
精神的に行き来できるようになれば、結構楽しくなりますし、 
それそれの学びを、もう1つの世界の中で活かすことが出来るようになってくるのです。 
 
それによって、少なくとも、 
ビジネスステージは、相当上がります。 
 
 
 
だからこそ、僕はより多くの人に、 
それを実感してもらえると嬉しいと思っているということです。 
 
 
 
 
 
まだ動画を見ていない方は、 
ぜひ、そういう視点で、 
動画を見ていただければと思います。 
 
====== 
 
<2つのビジネス世界の楽しみ方と考え方> 
 

 
====== 
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。 
ありがとうございました。 
 
 
 
 
江藤誠哉 
 
 
 
 
 
 
p.s. 
 
 
以前提供の動画はこちらです。 
 
==== 
 
<ビジネスで非常に重要な2つのベクトル> 
 

 
==== 
 
 

2つのビジネス世界の楽しみ方と考え方【無料動画コンテンツ】

今回も、 
新しい動画コンテンツを収録してみましたので、 
お届けしたいと思います^ ^ 
 
 
今回の動画は 
ーーーー 
2つのビジネス世界の楽しみ方と考え方  
ーーーー 
というテーマです。 
 
 
 
 
 
以前からメルマガでもお伝えしていますが、 
僕は、ビジネスは大きく分けて 
 
・実業ビジネスの世界 
・投資金融の世界 
 
この2つの世界に分けられると思っています。 
 
 
 
 
そんな中、 
今回の動画を見ていただくことで、 
 
そんな2つの”ビジネス世界”を 
どのように捉えて、また関連づけて考えていけばいいのか? 
 
そして、それぞれの世界を上手く活用し、 
ビジネスをより発展させていくための思考法などを 
理解してもらえるかと思います。 
 
 
 
 
 
僕はこれまで、 
実業ビジネスの世界の話を、 
ずっと話してきていましたが、 
 
今回の動画では、 
投資金融の世界では、一体何が重要なのか? 
という話もしています。 
 
 
 
また、近年ブームになっている 
『ビットコイン』なども1つの事例にしてお伝えしているので、 
結構楽しんでもらえるかと思います^ ^ 
 
 
 
それでは、どうぞ! 

 

 

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

 

ビジネスで非常に重要な2つのベクトル【無料動画コンテンツを作りました】

今回は、無料の動画コンテンツを作ってみました^ ^ 
 
 
テーマは 
===== 
ビジネスで非常に重要な2つのベクトル 
===== 
です。 
 
 
 
これから、新しいビジネスを始めたい、 
または、今のビジネスをもっと向上させたい、という時に、 
 
必須と僕が実感しており、 
また僕自身がビジネスの成果へと繋げてきた 
“2つの思考の方向性”について解説しています。 
 
 
 
 
 
おそらく、 
この2つのどちらか1つでも欠けていると 
 
あらゆるビジネスで成功したり、 
1つのビジネスで大きな成果を出したり、 
また長期的に成功しつづけることが難しくなると思っています。 
 
 
 
 
逆に、2つのベクトルに基づいて、 
各ビジネスを考えていくことで、 
 
より短期間で成果・成功へと導くことができたり、 
自分の取り組むビジネスを、しっかりと成果につなげることが出来たり、 
ビジネスをシンプルに考え、回り道せず、まっすぐ進むことが出来るようになるはずです。 
 
 
 
 
それでは、早速ですがどうぞ! 

 

 

これから、行うビジネス、 
または、今のビジネスを発展させる上で、 
何か参考になれば嬉しく思います。 
 
 

『徹底』と『鍛錬』

 

こんにちは、江藤です。 
 
気づけばブログを最近書いていなかったのですが、 
ちょうど今年の末に差し掛かってきた事もあり、 
せっかくなので、書いてみようと思います。 
 
 
 
 
さて、みなさんは 
今年はどんな年でしたでしょうか? 
 
ちなみに僕は、今年はとにかく 
色々な面において『徹底』した年だったと思います。 
 
 
 
 
まずは、今年は例年に比べて、 
多くのコンサル生の方、クライアントさんとの 
1対1でのサポートを行ってきました。 
 
(これに時間をかけていたので、 
なかなか全体メルマガを書くことが出来ない形でした) 
 
 
 
 
おかげさまで、歯科医院さん、介護事業の方、 
サプリメント通販をされている方、 
会計士さん、セラピストの方、などなど事業は多事業に渡り、 
 
または、これから起業されたい方、 
情報発信をしたい方などのビジネス環境の構築を 
サポートしたりもしました。 
 
 
それぞれのクライアントさんの1人1人はもちろん、 
携わられている1つ1つの事業に対しても、徹底して向き合い、 
サポートをしてきたと思っています。 
 
 
 
 
 
 
僕がサポートの中で大事だと思っているのが、 
「攻め」のサポートです。 
 
 
 
「攻め」というと、圧力を感じるかもしれませんが笑 
決してそういう訳ではなく、 
 
こちらも一緒に事業を行なっているチームの一員のような感覚で、 
こちらから「これをやりましょう」「あれをやりませんか?」と、 
どんどん提案をしていく感じです。 
 
 
 
そして、例えばスケジュールなども決めて 
場合によっては、進捗などもこちらから随時確認したりして、 
とにかく前に進むためのサポートを積極的にしていきます。 
 
 
 
 
特に、コンサルをしていると、みなさん日々の仕事に忙しく、 
なかなか改善のために時間を割く事ができないケースが多いです。 
 
なので、こちらから随時様子をお聞きし、ペースを作って行った方が 
(全てのケースではないが)時にはいいこともあるのです。 
 
 
 
 
僕はむしろ、 
クライアントさんの要望にしか応えない「受け」の姿勢では、 
絶対にいいサポートはできないと思っています。 
 
表面化している需要だけではなく、 
いかに潜在的な部分を掘り出し、提案をしていくかが、 
事業にとっても、非常に大切なことだと思っています。 
 
 
 
 
 
 
そんな中、僕がそこまで詳しくない事業に対しては、 
逆にクライアントさんに知識をいただきながら、 
 
それ自体がヒアリングとなって、お互いの事業やサービスへの理解を深め、 
そして、それを事業をよりよくしていくための提案へとつなげていった形です。 
 
 
 
なので、クライアントさんからも感謝の言葉を 
今年は多くもらいましたが、 
僕自身も本当にたくさんの学びを与えていただきました。 
 
この場を借りて、改めて感謝いたします。 
 
 
 
 
 
そのおかげもあり、嬉しいことに 
既に事業をされているクライアントさんにおいては、 
おそらく全員が、何らかの数字上の成果を出すことに成功できたかと思っています。 
(各クライアントさんの頑張りのおかげです) 
 
 
このように、今年は 
比較的少人数のクライアントさんと密に関わり、 
そのサポートに『徹底』して関わる、ということをしてきました。 
 
 
 
 
 
 
また、今年の後半からは「コピラボ」という 
コピーライティングのコミュニティもスタートしているのですが、 
このコミュニティも、色々な個性のある方がいて本当に面白く、 
僕も非常に多くの学びをいただいています。 
 
 
さらに、コミュニティの中では、 
コピラボ内でご用意したコピーライティング案件を実際に取り組んでもらい、 
仕事として報酬をもらいながら、実戦レベルでコピースキルを学ぶ、 
ということをやってもらったりしています。 
 
 
 
 
20人ほどという、少人数のコミュニティですが、 
こちらも、グループ内のメンバーさんの質問や感想には、 
ほぼ全てにお答えしていくという形をとっています。 
 
こちらも来年6月までサポートをしていきます。 
まだ半分しか終わっていないので、まだまだ色々できると思っています! 
 
 
 
 
 
さて、こう振り返ると、 
今年は、少人数もしくは個別において 
『徹底』して向き合っていくことをテーマにしてきました。 
 
そして、そうすることで、 
今まで見えてこなかった、深い理解、深い学びや気づきを 
僕自身もいただきました。 
 
クライアントさんとともに成長させてもらった、という感覚があります。 
また、そういう年だったと思いますね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、そして僕個人としては、 
新しく「トレード事業(金融関連事業)」に本格的に取り組むためのベースを固めた年で、 
今年は、トレード・投資・金融に関する勉強をたくさんし、また実践しました。 
 
 
本当に今年はたくさん勉強しました。 
勉強代は今年だけで200万円は使ったと思うし、 
(ここまで勉強にお金を使ったのは個人的には初めてでした) 
 
実際に、海外不動産と、海外開発投資など、 
複数の中型・大型の投資も行いました。(これも初めてでした) 
 
 
 
 
また、トレードに関しては、 
シンプルな値動きの中に、本当に奥深すぎるほどの学びがあり、 
 
それに魅了され、 
今年は平日はほぼ必ずチャートチェックをし、 
機会を見つけてトレードをしていました。 
 
 
 
おかげで、かなりトレードスキルは上達しました。 
この1年では天と地の差が出来たと思います。 
 
なので、2017年からある程度の金額を投じて 
トレードを本格化していく予定です。 
 
 
 
 
 
 
トレードに関しては、 
また何か企画などをしたいと思っていて 
おそらく来年にメルマガで募集すると思います。 
 
 
多分、「サインツールどうこう」「テクニカルでこの数値が出たら買い」 
などというものの次元を超えた、 
その先にあるトレードの魅力・面白さのようなものを 
学んでもらえるように整えますので、楽しみにしていてください。 
 
 
 
 
 
 
ですので、金融の分野では 
今年は『徹底』して勉強をする年でしたし、 
ずっと忍耐のもと、踏ん張った年です。 
 
来年はこれを、しっかりと数値とした成果へ変えていく予定です。 
(しかし決して焦らず、長期的には2020年を見据えて頑張ります) 
 
 
こうやって、足元を固めて、基盤を固めていく忍耐は、 
どのビジネスにも必要なことだと僕は思っています。 
 
 
 
 
 
 
 
そして、最後に、 
今年はライフスタイルが大きく変わりました。 
 
今年の7月くらいからは、東南アジアにずっと滞在し、 
マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマーなどを巡りました。 
 
ここまで複数の国を渡り歩いたことは僕はなかったし、(全て初上陸の国です) 
また、ここまで日本を離れていたことも初めてでした。 
 
 
 
 
 
しかし、それによって、 
「日本からマレーシアにいくのは、大阪から東京にいくのと同じ」 
というくらい、日本と海外の距離感が大きく縮まりました。 
 
 
そして、様々な国の雰囲気、文化、人、経済状況を見ることが出来、 
日本を客観的に見れたり、自分を客観的に見ることができました。 
一言で言うと、視野が広がったと思います。 
 
 
 
 
 
やはり、写真などで見るのと、 
実際に行ってみて、空気を吸うのとは全然違います。 
 
僕も想像と全然違いましたし、 
東南アジアがとても好きになりました。 
 
 
おそらく、来年も、 
東南アジア、ならびに他の国を転々とする暮らしを 
もう少しつづけようかと思っています。 
 
 
 
 
 
ところで、「よく海外を旅している」というと、 
「遊んでいる」と思われがちなのですが笑(そして大抵羨ましがられる) 
 
むしろその逆で、環境を一気に変えることで、 
勉強、ビジネスと、色々なことに集中できるんですよね。 
 
 
 
 
実際に、海外にいっても、 
1日中ホテルにこもっている日も多かったし、 
観光という観光も、あまりしていないと思います。 
 
 
例えば、よく「合宿」とかって、遠くにいって行ったりすると思うのですが、 
あれと同じイメージで、環境を一気に変えることで覚悟が決まるのです。 
やるしかない環境をつくる、って感じですね。 
 
 
 
 
 
・・・とはいっても、もちろん海外のグルメを始め、 
せっかく色々な国にいったので、 
そこそこは海外の日常を楽しんだとは思います^ ^ 
 
なので、一石二鳥かなと思っており、 
ライフスタイルとしては気に入っています。 
 
 
 
このように、ライフスタイルでは、 
『徹底』して環境を意図的に変化させました。 
これは僕にとって、とてもよかったです。 
 
 
 
 
 
 
 
さて、こんな感じで、今年は一言でいうと 
色々なことを『徹底』して行った、という年にしました。 
 
 
中途半端じゃなくて、振り切って徹底したからこそ、 
今年はかなり、インプットもしたし、アウトプットもしたなーと思います。 
 
そして、ビジネス面、金融面でも、幅が広がったと思います。 
 
 
 
 
 
幅が広がることは、 
自分の可能性を広げることを意味します。 
 
つまり、勉強をすることって 
実は、ものすごく楽しいのです。 
 
 
 
 
「学ぶことの楽しさ」を知った人は、 
どんどん色々なものを吸収していき、 
それが1つの生きがいにすらなるので、とてもお得です。 
 
 
そして、頑張った分、 
それを糧に実った成果は、その価値以上に 
自分にとっての大きな成長を与えていくれます。 
 
だからこそ、また頑張れるし、 
より高みを目指したいと思えるのです。 
 
 
 
 
 
 
 
さてそんな中、来年の予定としては、 
まず、コンサルを追加で募集させていただくかもしれません。 
 
(しかし今のところ未定です。 
募集するときは案内いたしますが、しないかもしれません。) 
 
 
 
 
 
また、先ほどもお伝えした通り、 
トレードに関する企画(講座)はしたいと思っています。 
 
(といっても、トレードは僕が教える訳ではなくて、 
トレーダーの方に教えてもらう形になり、僕はそのサポートに回ります。) 
 
 
 
 
僕は今年は本当に 
「トレード」によって、精神を相当鍛錬しました。 
多分去年とかとは別人になったな、と自分では思っています。 
 
こんなに鍛錬したことは、もしかすると今までもなかったかもしれません。 
それくらい、相場とトレードからたくさんのことを学びました。 
 
 
 
 
 
 
そして、その学びは、 
実業のビジネスでも大きく役立ちました。 
 
今年は、おそらく法人を立ち上げてから最高益になったのですが、 
実際には計画的にビジネスの利益を上げることが出来たため、 
その分、自由な時間が増え、勉強などに時間を費やすことが出来ました。 
 
 
 
そんな背景から、僕はビジネスに取り組む多くの人に 
トレード思考を身につけてほしいと思っており、 
個人的には、絶対に習得するべきだと、実感をもとに確信しているのです。 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、それに関連して、 
少し前に「トレード」に関する動画コンテンツを収録していましたので、 
お届けいたします。 
 
もしよければ、年末年始の時間のあるときに聞いてみてください^ ^ 
 
====== 
 
【動画】トレードの魅力と、そこから学べる現実的成功思考 
 
====== 
 
 
結構ボリュームがあるのですが、 
トレードを知らない方から、ご経験の方まで 
参考になってもらえると思います。 
 
 
 

それでは、ありがとうございました。 
よいお年をお過ごしください。