1パーセントの幸運

img_5094

こんにちは、江藤です。 
 
 
現在、会社関係の手続きもありまして、 
クアラルンプールinマレーシアに2回目の滞在をしています。 
 
 
 
思えば、初めてのマレーシア滞在は7月なので、 
4ヶ月後の滞在になるのですが、 
 
初めて来た頃とは比べものにならないくらい、 
アットホーム感を感じます。 
(あと英語も上達しているのを実感しています) 
 
 
 
 
まるで家に帰ってきたような感覚で笑、 
住みたい国に、マレーシアが挙がる理由がよく分かります。 
 
実際に滞在をして実感したのですが、 
マレーシアは、利便性と都会感と治安と物価のバランスが結構いいんですよね。 
住みやすい場所であることは確かだと思いました。 
 
 
 
 
 
さらに、前の国がミャンマーだったということもあり、 
もう、マレーシアがものすごく都会に思えます。 
 
というか、実際の所、 
特にクアラルンプールはかなり都会なのです。 
 
 
 
コンビニもあちこちにあるし、 
ショッピングモールはあちらこちらにあるし、 
必要なものは基本なんでも揃うし、 
カフェもたくさんあるし、Wi-Fiも快適です。 
 
少なくとも生活に困ることはありません。 
 
 
 
 
 
そして、 
それ以上に都会である「日本」は、 
都会すぎるくらい都会であるという事が、 
海外に来て、ようやく実感しました。 
 
 
日本に生まれたというだけで、それはラッキーで、 
環境としては非常に恵まれているんだなーと思います。 
 
 
 
 
 
 
なぜなら第一に、 
ある程度の水準の学習環境に身を置いて育っているので、 
 
最低限の教養を営んでいるからこそ、 
自分の頭で考える思考力があります。 
 
 
 
 
 
一方、例えば東南アジアの国々には、 
ホームレスの人が一定数いらっしゃって、 
道端で募金をしている人がちらほらいます。 
 
 
前は、そういった姿を見ると、 
「なんかもっとその時間を使って出来るんじゃないのか?」 
「現状を打破する、もっといい方法があるんじゃないのか?」 
と思っていた自分が正直いました。 
 
 
 
 
 
しかし、改めて考えると、 
おそらく彼らは、生まれたころから貧困であり、 
最低限必要な学びすら受けていないので、 
自分の頭で思考することが難しい(考え方が分からない)のだと思うのです。 
 
なので、それしか方法がないと思っているのではないかと 
もちろん実情は詳しく分からないし、様々な理由があると思うのですが、 
生まれ持った環境としての原因が1つあると思っています。 
 
 
 
 
 
なので逆に、 
日本に生まれているということは、 
 
自分の頭で、解決策や、打開策や、方法論を 
思考することができるという環境の中で生まれ、 
育ててもらっているということで、 
 
だからこそ、僕たちには、 
やらないといけないことがあるのではないかと 
それを見て、最近特に感じるようになったのです。 
 
 
 
 
 
 
 
これに関連してなのですが、 
 
世界一の投資家の1人である 
「ウォーレン・バフェット」さんは、 
 
築き上げた資産のほとんどを、 
貧困の人たちを支援する慈善事業の寄付に費やしているそうです。 
 
 
 
僕は今まで、なぜこれまで頑張って 
自分の頭と力で稼いできたお金のほとんどを寄付するのだろうか? 
と、その感覚の真意が分からないものがありました。 
 
 
 
 
 
 
そんな中、先日本を読んでいると、 
バフェットさんのインタビューの中で、こういう言葉がありました。 
 
「幸運な1パーセントとして生まれた人間は、 
 残りの99パーセントの人間のことを考える義務がある」 
 
と。 
 
 
 
 
もちろん、バフェットさんは 
自分の力によって、一代で莫大な富を築かれました。 
 
しかしそんな中でも、教育環境に恵まれ、尊敬する人に出会い、 
好きな仕事が出来ている理由の1つに、 
”運”というものがあると考えているそうです。 
 
 
 
 
この「運がいい」と強く思い続けるというのは、 
実は、なかなかできない思考だと思っていて、 
なぜなら、それが自分にとっては当たり前だからです。 
 
なので、このように考えられる事自体、本当にすごいなと思うし、 
費やしている資金から、その思いの強さを感じます。 
 
 
 
 
 
 
そして、これを聞いて、 
僕は、この1パーセントの幸運の中に 
含まれているのではないかと考えています。 
 
というか、 
日本人のほとんどがそうなのではないかと思うのです。 
 
 
 
 
 
もちろん、 
寄付をするかどうかは、人それぞれの価値観によるし、 
強要されるようなものではありません。 
 
また、募金や寄付自体についても、色々な考え方があるはずです。 
 
 
僕も、バフェットさんの立場になった時に 
同じことをするかどうかは、額がデカすぎて分かりませんし、 
違う方向性になる気がします。 
 
 
 
 
しかし、そういうことを僕は言いたいのではなく、 
 
 
“自分自身は、恵まれた環境にいる” 
という認識が大事なのではないかと思っていて、 
 
だからこそ、実現できる選択肢ってものすごくあって、 
それらの環境を全うする役割のようなものを 
一人一人が担っているのではないかと思っているのです。 
 
 
 
 
 
 
 
日本の中だけにいると、 
それが当たり前に思ってしまうのですが、 
海外にいると、日本人は恵まれていることがひしひしと分かります。 
 
 
 
例えば、日本のパスポートというもの自体、 
ものすごく優秀で、信頼があります。 
 
ほとんどの国を観光ビザなしで一定期間滞在することができるし、 
さらにパスポートは強力な身分証明になります。 
 
 
 
海外にいきたくても、入国審査が通らない国の人だっているわけで、 
僕たちは、海外にいこうと思えば、いつでも行けてしまうのです。 
 
これは、すごいことだと思いますし、 
日本人であるメリットの1つだと思います。 
 
 
 
 
 
 
そして、先ほども言いましたが、 
日本人は、最低限以上の「考える力」を備えています。 
 
「考える力」=「思考できる力」を持っていることは 
もしかすると、一番の財産かもしれません。 
 
 
 
これがあるからこそ、 
 
ビジネスで壁にぶち当たった時に、 
どうすれば乗り越えられるのかを考え、解決策を見出すことができます。 
 
何か失敗をした時にも、 
なぜ失敗したのかという原因を考え、見出し、 
次に繋げることができます。 
 
分からないことがあれば、ネット検索で調べられて、 
また必要ならば、お金を払って知識をスキルを得ることができます。 
これによって、もっと自分の力をアップさせることができます。 
 
 
 
これができるのはすごいことだと思うのです。 
 
 
 
 
 
さらに、 
このように自分の頭で思考した中で 
それを実行できる環境があります。 
 
 
その環境の1つが、ネット環境であり、パソコン環境です。 
実際、日本のWi-Fi環境は、ものすごく早くて、快適です。 
 
 
だからこそ、それを思い存分発揮していく必要があって、 
それが、僕たちの役割としてあるのではないかと思っています。 
 
 
 
 
 
 
僕は海外に来て、自分の存在を客観的に見ることができた時に、 
「いかに自分は環境に恵まれていたのか?」ということが分かりました。 
 
だからこそ、それに感謝すると共に、 
その環境を存分に活かし、 
おおいに思考していく必要があるのです。 
 
 
 
 
 
ソフトバンクの孫さんが、 
「頭がちぎれるくらい考える」という言葉がありますが、 
 
考える頭がある以上、 
それくらいしないといけないと思うようになりました。 
 
 
 
そして、そのように考えに考え抜いた先だからこそ、 
自分の中に、明確な答えを見出すことができるはずだと考えています。 
 
 
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。 
ありがとうございました。 
 
 

 

img_5088 img_5087 img_5085