オフィスをシェアしてから1週間たって感じた、4つのよかったこと

11月から、僕の活動している「eewh[いーふ]」のオフィスを2人でシェアすることにしました。

eewh[いーふ]には、スタッフとして手伝ってくれている仲間が数人いるのですが、
基本的には僕が中心となって活動をしています。
なので、オフィスは一人で作業しているときが圧倒的に多かったのです。

22平米のオフィスは、1人で使うにはもったいないくらい広く、
誰かとシェア出来ればいいのに、、 と思っていました。

そんな時、日頃お世話になっている経営者さんとの打ち合わせ時、
ふとした話の合間にオフィスのことを伝えると、
「知り合いに事務所を探している人がいる!!」と、紹介していただけることに。
なんでも口に出して言ってみることから、始まりますね。

そんなこんなで今一緒にオフィスをシェアしているのは、
カメラマンのHさん。
結婚式の撮影を始め、とってもクオリティの高い写真を撮られていて、
最初見た時に、僕の予想を遥かに越えていて、唖然としました笑

Hさんとシェアを始めてから、たった1週間しか立っていませんが、
思う事があります。
「シェアをしてよかった。」

僕が、オフィスをシェアしてから1週間たって感じた、4つのよかったことを紹介します。


集中力が増す

photo credit: The U.S. Army via photopin cc

 

僕は基本的に、周りに誰かがいた方が集中できるタイプです。
例えばカフェなど、周りにたくさん人がいても、逆に集中力が増します。
どういう心理なのか、頑張っている感を見せたいのかもしれません笑
みなさんもそういうことってありませんか??

Hさんがオフィスにいてくれることで、同じ仕事でも20%くらいの時間削減が出来ています。
その分別の事に時間を割けれるので、とっても有難いです。


違うビジネスの分野を知る事が出来る

photo credit: osiatynska via photopin cc

 

僕はWeb関係の仕事ですが、Hさんはカメラマン。
同じパソコンを使っていても、もちろん使用するソフトは違います。
僕が尋ねると、写真を加工するときになんのソフトを使用しているのかなどを教えてくれたりします。

また、個人的な話ですが、一眼レフのカメラがほしいなーと思っていて、Hさんに相談しました。
すると、どのカメラがいいかなど、様々なことを教えてくれて、凄く助かります。

やはり、自分とは違った視点や専門性を持っている方のお話は、とっても参考になります。


違う仕事をしていても、同じ拠点でビジネスをするチームだ


(c) .foto project

 

僕たちはもちろんですが、全く別々の仕事を行っています。
しかし、それを同じ場所で行っているんです。

その意識や集中力が、オフィスの空気感をつくり、一体となります。
まるでチームでやっているかのような感覚になるのです。

これは、僕も想像していなかった、よいことでした。


経済的に助かる笑

photo credit: Jake Wasdin via photopin cc

 

これは、シェアする上でまず第一に考えるよいことですね笑。
毎月の家賃が半分になるわけですから、これは大きいです。
もともと家賃は安かったのですが、固定費はミニマムなほどベストですね。


オフィスをシェアする上で、一番意識したことが、
「心から信頼できる人とシェアする必要がある」ということでした。

同じ空間でほぼ毎日共に過ごすので、この決断は小さいものではないでしょう。
Hさんと知り合いお話をしているうちに、「この人なら」とお願いしました。

これからオフィスをシェアされる方は、しっかりとした判断基準を持っておくべきだと思います。

オフィスをシェアすることは、とってもいい選択だったと思っています。
これからシェアを通してどのように変化していくか、楽しみにしていきたいと思います。

オフィスをシェアしてから1週間たって感じた、4つのよかったこと」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 僕の2012年を振り返り、今年へ向かう。 | 脱固定ライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です