「神」に近づくことは、自己満足なのか?

10496036_670586092990909_5790960145543361329_o

 

先日、はじめて僕の家でビジネス仲間数名を募って

ホームパーティーを行いました^ ^/

 

みんなで1つのテーブルを囲み、

豆乳鍋と手巻き寿司を食べながら、ワイワイ話すのは、

なんか学生時代の様で面白かったです。

 

久しぶりにみんなに会うと、

色々な話や進捗を聞けて楽しいし、

僕も頑張ろう!って思いますね。

 

 

 

自分を進化させる事への興味

 

今回は集まったメンバーは、皆自分でビジネスをやっていて、

月に数百万円を稼いでいたり、

単発のプロジェクトで数千万円を稼いでいる人たちばかりでした。

 

なので、もちろん話はビジネスよりの話になる訳ですが、

僕を含めて昨日集まっていたみんなは、それ以上に、

『自分を高める(進化させる)』ということにとても興味があるようで、

終始その話で盛り上がっていました笑

 

 

例えば、僕が以前企画した

「カンボジアのリアルやビジネスに触れる」ということもそうだし、

 

他にも、ファッションコンサルを受けている人もいたり、

身体を鍛えることに数十万の金額を投資したり、などなど

みんな自分を進化させることを意識しているのです。

 

 

ビジネスとしてキャッシュを得る、とか収入を増やす、ということも

ビジネスをしている身としてはもちろん考えているのですが、

それは、自分を進化させれば必然的に上がっていくということは

僕たちでは当たり前の価値観になりつつあるのでしょう。

 

 

でも、もしかしたら

『キャッシュを得る』ということだけで見ると、回り道かもしれません。

 

カンボジアに行ったからといって、

次の日から収入が増える訳では当然ないし、

ファッションを極めても、逆に出費の方が多いかもしれないし、

筋トレをしてムキムキになっても自己満足で終わるのかもしれません。

 

でも、そういう問題ではなく、

ただ、自分を試して、高めて、進化させることに興味があって、

その先に見える景色を自分の目で確かめたい

ということにすぎないのだと思うのです。

 

 

 

 

そして、実はそれって結構自己満足の世界で、

前にもメルマガで言ったのですが、

自分を高めることって「最大の贅沢」なんですよね。

 

なぜかというと、時間とお金に余裕がないと生まれない選択肢だからです。

(もちろん時間もお金も入らない進化の仕方もあります。)

 

だからこそ、ある程度時間とお金に自由ができると

そういう方向に意識が傾くのだと思います。

 

 

 

進化=「神に近づく」ということ

 

そして、進化する究極の先にあるものは

「神」だと僕は思っています。

 

みんな自分の思う「神」に近づくために進化しようとするわけです。

 

まあ、もちろん完全な神にはならず、近づくというイメージなのですが、

これは特に情報発信系のビジネスをする人が結構行く末になってたりいます。

 

 

 

で、僕個人としては、

神に近づくことが絶対的に正しいとは思わないし、

「神になって、で? そっからどうするの??」って、あなたも思うかもしれません。

 

でも、これって実は

誰もがやろうとしていることを

抽象的に表現しているに過ぎないと思うのです。

 

 

みんな自分の中にある「神」を持っていて

人生を通してそこに近づくために歩んでいます。

 

そして、「神」は人それぞれ違うのですが、

そこの中で共通項のあることが

価値観となり、そこに共鳴する人同士でコミュニティを形成します。

 

そうやって、コミュニティ内で高め合っていきながら、

それぞれの神に近づいていくというイメージです。

 

 

 

そして、神は絶対ではなく、

自分の経験を通して、時に変化していきます。

 

自分のレベルがあがれば、神のレベルも上がるので、

結局は神に到達することが出来ない訳です。

 

 

・・・と、こんな感じで書くと

ものすごく宗教っぽい雰囲気ですが、

でも宗教も、それを具体化しただけに過ぎないので、一種のコミュニティなわけです

 

 

 

神に近づく事自体に意味があるのではない

 

そして、ここからが重要なのですが、

 

神に近づくのは単に自分の問題なので、

そこ自体にそこまで価値はないと僕は思っていて、

『その過程で何を生み出すのか?』に価値があります。

 

 

僕は、自分の進化を形にして『作品』をつくっていくことで、

初めて価値となると思っています。

 

 

その作品というのは、例えば、

メール文章かもしれないし、

企画かもしれないし、

Webサービスかもしれないし、

会社かもしれないのですが、

 

そうやって、進化を作品にしていくことが

僕たちのやっていく価値提供だと思います。

 

 

 

つまり、

神に近づくこと = 自己満足

神に近づこうと進化したことを作品として残す事 = 価値提供

だと僕は思っています。

 

これが出来る人がビジネスで成功し、

成功し続けることが出来ると僕は周りを見ていて思います。

 

逆に、神に近づくだけではビジネスにはならず、

その過程で、何か形をつくっていく必要があるのです。

 

 

 

また、時々

「自分はまだまだ未熟なので、情報発信をしたり人に教えることができません。」

という方もがいるのですが、

今の自分の出来る事からまずはやればいいのです。

 

なぜなら、神にはいくら近づこうと思っても近づけないからです。

 

なので、知識量とか経験量云々というよりは、

自分への満足度や、自信の問題に過ぎないのです。

 

 

なので、まずは自分の今のありのままで

何かビジネスの形にしていけばいいと思いますし、絶対に出来ます。

 

 

 

そして、僕自身、

自分がたどってきた進化をモノづくりを通して価値提供し、

だれかの意識、行動、ライフスタイルが変化する

きっかけづくりができれば、そう思っています

 

 

p.s.

今回の内容ですが、

「神」というワードが出てきて「一体何!?」って思われたかもしれませんが笑、

 

別に今回は「神」と表現しているだけで、

例えば、『理想のライフスタイル』

みたいなものだと思っていただければいいかなと思います^ ^

 

また逆に、同じことを言っていたとしても

『神』と言葉化したことで受けるイメージと

『理想のライフスタイル』と言葉化したことで受けるイメージは結構違うと思います。

 

今回はあえて『神』と表現しましたが、

そう考えると、言葉を言い換える(=視点を変える)ことで

いかコンテンツ自体の印象を変えてしまうのかということが分かります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です