「逃げてきてよかった」と心から思う。【情報発信を始めて半年が経ってから思うこと】

1234953_533066813428867_287982498_n

 

[aside type=”normal”] 補足説明

この記事は僕が情報発信を始めて、約半年が経った時に書いた記事です。

[/aside]

 

僕が今の仕事を始めて2ヶ月目までは、

月5万円の副業収入を得るくらいでしかありませんでした。

 

しかし、半年以上が経った今、

普通に生活ができてしまうくらいにまで成長できました。

 

 

自分のコンテンツもつくって、

セミナーや合宿もさせてもらって、

会員制サークルもつくることができて、

 

日々価値を提供すること、楽しんでもらうこと、

そして自己表現をすることで、生活が出来るようになりました。

 

改めて思い返すと、なんか不思議な感じですが、

今日はそんな今の仕事や、今までの人生を振り返ってみたいと思います。

 

 

 

逃げてばかりの人生だったけれど・・

 

僕はプロフィールでも書いていますが、本当に逃げてばかりの人生です。

今でも逃げています。

 

京都から東京にきたのも、言わば

今まで住んでいた土地を離れたかったから。

(決していやだったわけではなく、環境を変えたかったんです。)

 

 

でも、逃げたからこそ、今の自分がいて、今の生活ができている。

なので、そんな自分やそれを許してくれる周りの人たちにはとても感謝しています。

 

 

僕は、学生の時代から、

人と同じように、毎日登校したり、

集団で行動するというのがとても苦手でした。

 

部活とかにも入っていたけれど、

高校では1週間〜2週間ほど学校に行けないという期間もあったし、

 

大学時代は3ヶ月ほど学校に行かず、

いわば引きこもりのような状態で、1日中ゲームしたりしてました。

 

なんの為に生きているのか常に模索していたし、

どうやって自分を表現すればいいのか分からず、

でも、「みんなと同じように行動しないといけない。」とずっと思っていました。

 

そんな自分が、社会人になって

サラリーマンとして会社に毎日通勤するなんて、

想像しても無理な話だったし、やりたくもなかった。

 

そんな僕のことを、もしかしたら社会不適合者というのかもしれません^ ^

 

 

 

「起業」は消去法で選んだ選択肢にしか過ぎなかった

 

しかしだからこそ、自分で仕事をするという、

いわば「起業」という道を選びました。

 

よく、「起業してるってすごいね!」って言われたりするけれど、

決してすごいものでもなんでもなく、

ただ、消去法として出てきた選択肢にすぎませんでした。

 

僕は到底会社員にはなれないし、

逆に、毎日通勤している友人の話とかを聞いていると、

本当に凄いなって心から思います。

 

 

最初はデザイン事業として起業するも、安い下請けの仕事が本当に多く、

そんなんじゃ生活するのも大変で、どうしようか途方にくれていました。

 

そして、もがいた中で見つけたのが今のビジネスです。

 

 

職業でいうと、

「自己表現」をして収入を得る職業だと思っています。

 

どうしても、ネットビジネスは、

「〜〜万稼いだ」とかいう、お金系に話題がでてくるので、

端からみたら、怪しいように見えたりするようです。

 

 

友達や知り合いから、

「変わってしまった」と一部の人には思われているのかもしれませんが、

実際に直接言われたことはなく、逆に「教えてほしい」と言われる方が多いです^ ^

 

 

自分の事を主張し出して思ったこと

 

自分のことを主張して表現する前は、

周りの人の反応を恐れていたものだけれど、

いざやってみると、何のことはなく、

むしろやってよかったと思えるものだと感じました。

 

 

そして、仲間も増えた。

僕自身、表現することで本音を言えるようになったから、

本音を言い合える仲間ができました。

本当に楽しい毎日を過ごせています。

 

こんな、引きこもっていたような

逃げてばかりだった僕でも、世の中に価値を提供できる。

 

それを僕自身でこれからも証明していきたいし、

もっと面白い生き方をしていきたい。

 

 

こんな生き方があるっていうことを伝えて、

今社会になじめなかったり、1歩が踏み出せなかったり、

自分のことを押し殺してしまったりしている人に、

何かメッセージを送れたらと思う次第です。

 

もっと人間として、

成長して、進化していきたい。

 

そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です