メルマガではなく『手紙』だと思って、1人の人に書く。

こんにちは、

江藤誠哉です。

今日、読者さんからとても興味深いメッセージを

いただいたのでご紹介します!!

—-

読者さんと親しくなりました^ ^//

いつも、私の投稿を見ておられるようで、

いい加減な事は書けないなという気持ちになりました。

(ちょっとだけ文章変えてます。)

—-

これ、とっても大事な意識の変化だと思うんです!!

メルマガの読者さんが少ない時や、

全くいないという時って、

なかなか、読者さんのことを思って、

メルマガを書くことが難しいんです。。

しかし、メルマガ読者さんの中に一人でも親しい人や、

あなたのことを信頼してくれている人がいると、

メルマガの文章は大きく変わってきたりします。

つまり、読者さんに価値のあるコンテスツを

提供しようという気持ちが芽生えるんです。

これが、メルマガを書く上で、

1つレベルがあがる瞬間だと僕は思います。

あなたは、1回の送信作業なのだけれど、

読者さんにとってみたら、

1対1のメールと一緒です。

なので、「メルマガ」という意識で

逆に書かないで、「手紙」だと

僕は思うようにしています。

また、1人でも信頼のある読者さんができると、

下手な売り込みのメルマガとかを書こうと

思わなくなるんじゃないかと思います。

自分がいいと思ったものを

紹介したい。

そういう意識になります^ ^

なので、

まだメルマガ読者さんが少ないという場合でも、

そういった意識を持つ事で、

1人1人の読者さんがもつあなたの印象は大きく変わります。

コツコツですが、凄く大事なことです!

ポイントは、読者さんの1人のことを思って

メルマガを書くといい文章がかけたりしますよ^ ^

もし、そういう読者さんがいない場合は、

親しい友達とか、恋人とかを想像しながら

書くといいです。

なんども言いますが、

メルマガではなく、手紙だと思って、

書いてみてください^ ^

僕の読者さんがそういう体験をしてくれて、

とても嬉しく思います!!

あなたも、もしそういった体験があれば、

僕にぜひ報告してください^ ^//

それでは!!

One thought on “メルマガではなく『手紙』だと思って、1人の人に書く。

  1. kaden1000

    はじめまして。
    kaden1000と申します。

    読者さんを個人的に意識するのは大切ですね。
    読者さんとの距離を縮めていくように努力して行きたいと思いました!

    参考になる記事をありがとうございます!

    またおじゃまします~(^^)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です