心地よいほど、一度離れてみる

昨日の、「カメレオン人間」の記事を読んだ読者さんのお一人からメッセージを

もらったので、今日はご紹介したいと思います。

——–

「カメレオン人間」になるのも、悪くないとは思いますが、

それは結局、「群れ」から離れてはいないことじゃないでしょうか?

また、「個人」としてそれぞれが充実することで

集団もまたパワーアップしていくのではないでしょうか??

(文調は変化させています。)

——–

「カメレオン人間」というのは、

昨日僕がメールで伝えていたとおり、

1つの世界で群れるのではなく、

様々な世界になじめる人をそのように呼んでいます。

 

もちろん、グループに所属するのは、とても大事なことで、

逆に1人で孤独なほうがダメだと思います。

 

しかし、1つのグループに依存してしまうと、

その世界での視点しか持てなくなってしまうので、

そのグループから一度離れてみるということが凄く僕は大切だと

感じでいます。

 

例えば、

この業界では、これが当たり前のように行われているけど、

他の業界のグループに入ると、だれもやっていない。

とかって結構あるんです。

 

1つの業界しか知らないという状態だと、

客観視することも難しくなるし、

1つの目線ですべての物事を見る事になります。

 

そうではなくて、そこから離れた時に、

始めてわかることって結構多いです。

 

もしかしたら、そこは心地よい環境かもしれません。

 

だからこそ、一度離れてみるんです。

 

そういった意味での「カメレオン人間」ですね。

そして、グループに依存しないというのは、

同時に「個」を重要視するということだと思います。

 

個人の力が強ければ強いほど、

集まれば、協力な組織になります。

 

これは以前にも話したジョイントの考え方と同じで、

1人「10」のスキルを持った人が3人だと、

「10」×「10」×「10」=「1000」ですが、

 

1人「100」のスキルを持った人が3人だと、

「100」×「100」×「100」=「1000000」になります。

 

そして、ある分野において、

「10」の人よりも、「100」の人の方が、

自然に人も集まってきますよね^ ^

 

なので、今回伝えたいとは、

・1つのグループに依存せずに、一度離れてみてもいいかも!

ということと、

・「個」の力を付ければ付けるほど、組織は強力になる!

ということです。

 

ぜひ、自分の内面的環境と、外面的な環境を

充実させてほしいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です