黒毛和牛A5って??

先日も言っていたと思うのですが、

あるキャンペーンにおいて、

アフィリエイトランキング8位になり、

入賞景品として、「高級ステーキ肉」を

いただきました^ ^
以下、ランキングです。
————

第1位 T.K様

第2位 原田○平様

第3位 川○和正様

第4位 高木○作様

第5位 与○翼様

第6位 及川○則様

第7位 丹○雅則様

第8位 江藤誠哉様 ← ここ!!

第9位 黒瀬○吾様

第10位 T.M様

————

 

一昨日に、そのステーキを食べることにしました。

こちらの写真を見ていただければ分かるのですが、

「黒毛和牛A5」と書いてあります。

IMG_2350

 

 

「A5ってなに??」

 

 

普段、ステーキはもちろん、牛肉もあまり食べないので、

全然知識がないんです。

そう思い、調べてみました。

 

 

そもそも、

肉専用種の牛は4種類に分類されるそうです。


黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無短角種の4つで、

その中でも最も多いのが黒毛和種になります。
黒毛和牛肉のみではありませんが、

肉は様々な基準で等級がつけられます。

 

肉の等級を決める基準は、「歩留まり等級」と「肉質等級」です。

さらに、肉質等級はそれを決める基準があり、

脂肪交雑、肉の光沢、肉の締まり及びきめ、脂肪の色沢と質の四種類があります。

簡単にですが、これらの基準をご説明します^ ^

 

歩留まり等級

歩留まり等級とは、

簡単に言うと、ある決められた部位の中から、

どれだけ良い肉取れるかの基準です。

歩留まり等級は上からA、B、Cの3段階があります。

————

A:標準より良い

B:標準

C:標準より悪い

————

 

脂肪交雑

霜降り(肉の間にどれだけ脂が入っているか)の良さです。

脂肪交雑は1~5までの5段階があります。

その後段階の中でもサシの入り方でNo.1~No.12までランク付けされます。

————

5:No.8~No.12

4:No.5~No.7

3:No.3~No.4

2:No.2

1:No.1

————

 

肉の光沢

肉眼で判定される、肉の色や光沢です。

————

5:かなり良いもの

4:やや良いもの

3:標準のもの

2:標準に準ずるもの

1:劣る物

————

 

肉の締まり及びきめ

こちらも肉眼で判定します。肉の締まり具合と、きめ細かさです。

————

5:締まり具合がかなり良く、かなりきめ細かいもの

4:締まり具合がやや良く、ややきめ細かいもの

3:標準のもの

2:標準に準ずるもの

1:締まり具合が劣るり、きめか粗いもの

————

脂肪の色沢と質

脂肪の色、光沢と質によって決まる等級です。

脂肪の色は、牛脂肪色基準に沿って判定され、

光沢と質は肉眼で判定されます。

————

5:かなり良いもの

4:やや良いもの

3:標準のもの

2:標準に準ずるもの

1:劣る物

————

 

以上の歩留まり等級と肉質等級の基準にしたがって

肉の等級が決まるのですが、

肉質等級は項目が複数あります。

 

肉質等級は4項目を並べた際の、

一番低い等級で決定されます。

 

つまり、脂肪交雑、肉の光沢、肉の締まり及びきめが

最高の5番をマークしても、

脂肪の色沢と質だけ4番と判定された場合は、

肉質等級4というシビアな判定です。

 

つまり、『A5』というのは、

そのような厳しい審査を耐えた、

最高級の肉質だということなんです。

 

実はすごいものを食べてしまったんだ。。。

と食べた後に、気づきました笑

 

しかし、食べたときに、

肉汁があふれて、本当に美味しかったです。

IMG_2352
本当に読者さんのおかげです。

心から感謝いたします。

次回もランキングにのって、

また食べれるように頑張りたいと思います^ ^

 

アフィリエイターとして、

常にランキングに載っていられるように

なれるように

 

そして、

「よいもの」を紹介できる

アフィリエイターになっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です