正論だけが正しい訳じゃない

今日は、

ある知り合いの社長さんのお話をしたいと思います。

 
その社長さんは、とにかく「正しい」。

言う事が全て正しすぎました。

 
僕が何か質問をしたとしたら、

その質問に対して、

正しすぎるくらいの答えが返ってくるんです。

 
この社長さんとは、色々とお世話になり、

僕の様々な質問にも正しい答えで教えてくれたので、

とても学びになったのですが、

これは時にとても苦しかった記憶があります。

正しすぎて、逆にしんどくなってしまうんです。

 
もちろん、「正しさ」というのはとても大事な要素です。

しかし、

同じ質問があったとしても、相手がだれであるか?

どんな状況か、どんな答えを求めているか? など

答える内容は、相手によって変化してきます。

 
「正論だけが正しい訳じゃない」

 
このことについて、この社長さんから

気づく事ができました。

 
あなたも、正しさだけを求めてしまい、

苦しくなってしまうときもあるかもしれません。

 

その時は、一度、不完全な自分を認めてあげることで、

また前に進めたりします。

 
もし行き詰まったときには、今日のメッセージを

思い出してみてくださいね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です