営業電話からビジネスモデルを学ぶ~(・・?))

毎日は、気づきと学びの連続だなーと最近特に思います。

 

そして、物事をどのように捉えて、気づきへと変えていくかが、

重要だと感じています。

 

僕は、ちょうど一昨日あたりに、1,050円の小額商材を

infotopにて販売しました。

⇒ こちら

 

この商材は、infotopにて、900円、

そして、コピペ広告では、

1,000円というアフィリ報酬がついてますので、

ぜひあなたも紹介してみてくださいね^ ^//

 

さて、僕は今回が初のinfotopでの販売なのですが、

販売開始から数日たつ間に、

何件もの営業メール、

電話がかかってくるようになりました笑

 

無料で掲載させてください。というものや

(これは、掲載してアフィリ報酬を得るモデルですね)、

広報のサポートの営業など、

様々な営業を受けました。

 

このような営業は、

普通は「メンドクサイ!」と

思う人が多いのではないでしょうか??

 

出来れば関わりたくない、という感じになりがちです。

 

しかし、この営業の電話というのは、

実は凄くビジネスチャンスになるんです。

 

なぜなら、営業をかけてくるということは、

商材を売れるような仕組み作りが整っている

ということだからです。

 

つまり、営業先の仕組みを自分のビジネスに

生かす事ができる可能性もあるということですね。

 

実際、とても面白い仕組みをもった会社が1つありました。

 

「ボイスノート」というサービスを運営している会社です。

⇒ http://www.voicenote.jp

 

スクリーンショット 2013-03-29 3.04.47

 

このサービスは、まずユーザー登録し、

アンケートに答える事で、ポイントが貰えます。

そのポイントがたまれば、景品がもらえるサービスです。

 

一見どこにでもありそうなアンケートサービスですが、

このサービスは、

実はポイントによる景品よりも、

アンケートに関連する商品の販売を、

目的としているんです。

 

例えば、自社でつくったシャンプーを販売したいとします。

 

この販売に、「ボイスノート」を用いるとすると、

「シャンプーのアンケート」という形で、ユーザーに提供し、

このシャンプーを購入したいと思ってもらえるような質問を行い、

最後にシャンプーを販売するという仕組みなんだそうです。

 

つまり、最初に販売したいシャンプーがあって、

そのシャンプーを売るためのアンケートという感じですね。

 

アンケートは、商品に興味を持ってもらうためのプロセスであり、

そして市場調査にも生かす事もできるということです。

 

営業の電話がかかってきたときに、

僕は最初から依頼する気はなかったのですが、

この仕組みを知りたいと思い、

電話越しの営業の人に質問をしていくと、

丁寧にお答えいただきました。

 

このように、営業の電話というのは、

ビジネスモデルを知る事のできるチャンスだと

考えると、色々と楽しめます^ ^/

 

あなたも物事をどのように捉えるかで、

気づきと学びを得る事ができると思うので、

ぜひ意識して今日を過ごしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です