僕が確定申告をやってみて、伝えたい4つのこと

やっと解放された!!

昨日はそんな人も多かったのではないでしょうか??

 

photo credit: michibanban via photopin cc

photo credit: michibanban via photopin cc

 

僕もその一人でした。

「確定申告」の期限が昨日、15日までだったからです。

 

去年まで学生だった僕は、

今年はじめての確定申告でした。

 

また、起業し、自分で仕事を行っているため、

自分で売上や経費などを計算し、

書いていく必要があります。

 

さらに、青色申告といって、複合簿記で

帳簿をつけることで、65万円の控除があるので、

そちらを選択することにしました。

 

世間では、毎年確定申告が大変だ!

という声を聞いていて、

かなりビビっていたのですが、

正直1日でできました。

(と言いつつ前日はほぼ徹夜でしたが笑)

 

確かに考えてみれば、日本人全員が行う必要のあることが、

そんなに難しい訳はないですよね^ ^

 

世間の噂や評価というのは、あまり当てにはならないなと

改めて感じました。

 

さて、

もしあなたがこれから、

自分でビジネスを行って行く人は、

税理士さんに頼まない限り、自分で帳簿をつけて、

申告をしていくことになります。

 

僕の仕事のような、特に仕入れなどが

発生しないビジネスにおいては、

簿記は比較的簡単なのですが、

 

そんな中、これから自分で事業を起こし、

確定申告をしていく人に伝えたいことを

ご紹介したいと思います。

 

 

photo credit: dimiqueen via photopin cc

photo credit: dimiqueen via photopin cc

 

領収書とレシートを日頃から意識的に集める

ちょっとした買い物でも、レシートを受け取り、

財布のスペースに入れるという癖をつけることで、

かなり記帳が簡単になります。

 

会社や個人事業の場合、

自分が日頃の生活に使うお金は、

ほぼ経費として扱う事ができるので、

経費として出来るだけ処理することで、

控除される可能性が高くなります。

 

 

ss_01

 

会計ソフトを使うと、システムが自動的にやってくれる

Windowsだと「弥生会計」がメジャーです。

 

僕はMacユーザーなのですが、

「Macの青色申告」を使用していました。

 

帳簿をつけていくだけで、

決算までを自動的に行ってくれるので、

こちらは全く計算する必要がありません。

 

正直かなり助かりました。。。

絶対に会計ソフトで管理するのがいいです。

 

 

 

medium_3563255654

photo credit: gurms via photopin cc

売上などは、出来るだけ振り込んでもらう

銀行振込にしてもらうことで、

通帳に記入がされるので、

後の記帳時にとても簡単です。

 

手渡しで売上金を受け取ると、

領収書などで管理しないといけないので、

面倒くさいです。

 

出来るだけ、通帳に記入されるような手段を選ぶと

お金の管理もしやすいので、いいと思います。

 

 

 

photo credit: ~jjjohn~ via photopin cc

photo credit: ~jjjohn~ via photopin cc

 

支出管理ができる

レシートを常に集めて、記帳していくことで、

自分がどのような分野にどれだけのお金をつかったのかを

理解することができます。

 

これは、自分のお金の使い方について、学ぶことができ、

かなり効果的だと思いました。

 

確定申告のための簿記ではあるのですが、

自分の支出を管理できるというメリットがあることに

気づきました。

 

ちなみに僕は、接待交際費が予想以上に多かったです笑

 

 

 

僕もゆくゆくは税理士さんに頼む事に

なるとは思うけれど、

 

一度自分でやってみるという経験は、

いろいろと気づかされるものがありました。

 

これから起業される方に伝えたいのは、

確定申告は全然難しくないので、

「簿記ができないから」とか、

そのようなことは全く壁にならないです。

 

やるべきときには、なにげに出来るものなので、

まず、起業してみて、

やりながら学んでいくことが大事なのでは

ないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です