心のバリアフリー〜優先座席じゃないと優先しないのか??〜

最近、Facebookでよくシェアされている画像があります。

もしあなたがFacebookをされていたら、ご存知かもしれません。

 
視覚障害者の方は、「白杖」を持っておられることが多いですよね??

その白状を50cm頭上に掲げる動作をすることで、

SOSの合図ということなんだそうです。

 
その動作をしている視覚障害者の方がいらっしゃれば、

すすんで声をかけてあげましょう、という画像です。

 

45717_291566080972006_145093244_n
あなたはこれについて、どう思いますか??

ちょっと考えてみてくださいね^ ^

 

 

いやいやいや、根本的におかしくないですか??

と僕は言いたいです。

 
視覚障害者の方が、白状を上にあげてじっとしていることで、

助けを求める状態になる前に、声をかけてあげようよって話です。

 
イメージしてみてほしいんです。

この動作をするということは、かなり困っている状態です。

僕たちが、「だれか助けてください!」ってSOSのプラカードを

持って突っ立っているようなものですよね??

 

 

逆に視覚障害者さんがその動作をしない限り、

だれも声をかけないんですかってことですよね??

 
僕は、視覚障害者さんとよく交流し、

一緒に飲みにいったりするのですが、

今までそんな動作をしている人を見た事がないし、

絶対しないですよ。

 
根本的に考えがおかしいです。

 

JR西日本の優先座席

 

僕は、これって優先座席に対する考え方とよく似ていると思います。

優先座席じゃないと、優先しないんですか?? ってことです。

 

 

相手のことを少し考えれば分かる事なのに、

考え方が自分本位だなって、凄く思います。

 

 

今は建物のバリアフリー化がすすめられていますが、

何より、心のバリアフリーが大切だと思います。

 

 

今日のおすすめ無料情報

知識は最大の資産です。

無料で価値ある知識をストックしてきましょう^ ^

その1 ⇒  こちら

その2 ⇒  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です