1日を1つの人生だと思うと、様々な気づきがある

僕は朝起きてから、夜寝るまで、

1日の期間を1つの人生だと思うと、

結構面白いんじゃないかと思っています。

 

よく

「今日が人生の最後の1日だったら」

みたいな質問があったりすると思うけど、

1日を1つの人生だと思えば、

そのような概念がそもそもなくなります。

 

起きることが誕生で、寝る事が死。

そのように考えば、

今日という人生の過ごし方が

変わってくるんじゃないかと思うんです。

 

有意義に過ごさないといけないとか、

そういうことではないんです。

 

1日を1つの命ととらえる事で、

もっと自分に対して大切に、

そして正直になれると思っています。

 

IMG_7089

 

そして、明日やろうと思っている事、

明日予定させている計画。

 

それらは、明日の命に受け継がれていくことに

なります。要するに来世です。

それって結構責任重大だと思うんです。

 

簡単に明日の自分に任せることはできません。

今日中に全部やるということではなく、

明日の自分に快く任せられるような

計画をたてていくべきだと思います。

 

時間は有限で、

時間とは命そのものです。

 

あなたも仮に1日を1人生だと思う事で、

ちょっとした気づきがあるかもしれません^ ^

One thought on “1日を1つの人生だと思うと、様々な気づきがある

  1. Pingback: 思い出迷子は負けの始まり いまを実感する者だけが勝つ 東京事変(椎名林檎)/勝ち戦 | 脱固定ライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です