たどり着くことの寂しさ【青春の瞬き】

僕は、時々、目標や目指していることにたどり着いたときに、

少しばかり寂しい気持ちになります。

 

何も知らなかったあのころは、

全くたどり着くなんて思ってもみなかったけど、

いざたどり着いてみると、儚いもので、

また次の目指すべきものが見えてきます。

 

そうやって、ずっと目的地を目指すのかな??

でもそれがこの上なく面白くもあり、

少し寂しいんですよね。。

 

僕のとても好きな曲に「青春の瞬き」という曲があって、

時間を過ごしていくこのこといついて、

様々な感情があふれているこの曲がとても好きです。

 

その歌詞を紹介したいと思います。

曲もぜひきいてみてくださいね^ ^

 



 

青春の瞬き

歌 栗山千明/作詞作曲 椎名林檎

 

美しさと正しさが等しくあると

疑わないで居られるのは若さ故なんだ

子供みたいに疲れを忘れて寄り掛り合えば

僕らはたった独りでいるよりも有りの侭になる

時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ

今正に僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ

 

新しさと確かさを等しくもとめ

生命をほんの少しだけ前借りしたんだ

大人になって恥じらい覚えて寄り掛り合えば

僕らはきっと互いの重さを疎ましく思うだろう

いつも何故か 気付いた時にはもう跡形も無い

伸ばす手の先で消え失せる物程欲しくなるんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です