お金を働かせる!資産と負債の違い〜お金の価値観を変えてくれた「金持ち父さん貧乏父さん」Vol.2〜

「金持ち父さん貧乏父さん」これまでのシリーズ記事

[kanren postid=”1377″]

 

前回よりご紹介している本「金持ち父さん貧乏父さん」。

僕のお金に対する価値観を変えてくれたこの本について、数回に分けてご紹介しています。

 

 

今回は『お金を働かせる』という内容についてです。

 

「お金を働かせる」

 

この言葉を最初に聞いたときに、

「えっ、働いてお金をもらうんじゃないの??」と僕は思いました。

 

しかし、本書では

お金持ちでない人は、お金のために働く。

お金持ちは自分のたまにお金を働かせる。

と書いてありました。

 

でもこれって、一体どういうことなのでしょう??

 

 

これを説明するときに、

「資産」「負債」についての説明がありました。

お金持ちは資産を手に入れる。

お金持ちでない人は、負債を手に入れ、資産だと思い込む

 

なるほど! お金持ちになるには、

「資産」を手に入れることが大事のようです。

 

 

しかし、資産と負債ってどういう違いがあるんでしょうか?

資産はあなたのポケットにお金をいれてくれる

負債はあなたのポケットかたお金をとっていく

 

例えば、何かを購入したときに、

最初はお金を払っても、そのものが後にお金を生んでくれるものが「資産」

お金を払いっぱなしで、そのもの自体はお金を生むことのないものが「負債」

ということですね。

 

僕が思い当たる、「資産」は、

『本』・・・知識となって、自分のビジネスでお金を生む

『Webサイトやシステム』・・・僕の場合は、このシステムを使って、収入基盤となるWebサービスをつくるなど

『パソコン』・・・パソコンを用いて仕事をして、富を得る

『カメラ』・・・写真撮影や動画撮影に使用し、自己ブランドの手助けをしてくれています。

とかですね。

 

逆に「負債」は、

『家』・・・家賃を払う必要があります。

『税金』・・・国に払います。

『食費』『衣料費』『娯楽費』など・・・生活する上で自然に発生するものです。

こんな感じかと思います。

 

 

このように考えていたときに感じました。

「自分しだいで、負債を資産に変えることも出来るんじゃないか」

ということです。

 

例えば、僕が資産と書いた「カメラ」ですが、

娯楽用に購入した形だったら、お金を生む可能性は低いので、

負債となります。

 

しかし、僕はカメラを仕事に使用しています。

撮影の仕事につかったり、ブログなどの情報発信のときに使っているからです。

 

つまり、カメラは、お金を生んでくれているのです。

なので、これは「資産」としてとらえることができます。

 

こう考えると、

お金持ちは、様々なものを「資産」に変えることが得意なのかもしれません。

 

 

僕も、資産と負債について意識して、

お金を上手に使っていけたらと感じました。

 

次回は、資産と負債による

お金持ちの人とお金持ちでない人のお金の流れの違いについて、

ご紹介させていただきます。

[kanren postid=”1385″]

 

金持ち父さん貧乏父さん

お金を働かせる!資産と負債の違い〜お金の価値観を変えてくれた「金持ち父さん貧乏父さん」Vol.2〜」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 『資産』をもつ〜お金の価値観を変えてくれた「金持ち父さん貧乏父さん」Vol.4〜 | 脱固定ライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です