僕の2012年を振り返り、今年へ向かう。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!!

 

IMG_2052

 

去年は様々な人たち、環境に恵まれ、

本当に楽しい日々を過ごすことができました。

 

「2013」という響きが、なじめない部分があるけれど、

時間とともに、当たり前になってくるのかもしれません。

 

去年は大晦日まで忘年会が多くて、なかなかじっくりと

自分を振り返る時間がとれなかったので、

元旦ですが、2012年を大きく振り返り、

新たな年につなげていきたいと思います。

 

 

1月 起業

1月1日に起業しました。

事業内容はWebと印刷物のデザイン制作がメインで、

その他、イベント運営などの取り組みも行う形でスタートしました。

 

2011年から仕事の方はやっていたのだけれど、

起業の手続きをしっかりと踏むことで、自分の中で新たなスタートを切ることができました。

 

 

5月 オフィス設立

 

 

1月はバーチャルオフィスからのスタートでしたが、

なんと! 5月には自分のオフィスを持つことができました。

 

新しい仲間が2人増え、チームで1つのことを行っていくことを

経験することができました。

 

人を雇うということがどれだけ貴重で大変なことなのか?

これを身にしみて体感することになりました。

 

このオフィスは本当に窓からの見晴らしが最高で、

家賃も安い、本当にいい所に巡り会うことができました。

オフィスがほしいと願って、伝えていたことが実現しました。

 

 

7月 転機となった本の出会い

 

起業して、このころまでは、月々のお金のことで頭がいっぱいで、とりあえず仕事はほぼ何でも引き受けるスタンスをとっていました。
そのため、生活は不規則な日々もあったりしたけど、「これが仕事なんだ」と普通に思っていて、
逆に忙しいことがいいことだとも感じてすらいました。

 

そんな時、僕に大きく影響を与えてくれた本がありました。

四角大輔さんの「自由でありつづけるために20代で捨てるべき50のこと」。

 

ふとしたきっかけで手にしたこの本で、当たり前のことが自分の中で当たり前ではなくなりました。
社会になれるためになんでも身につけたいと毎日を過ごしてきた僕にとって、
「捨てる」
という行為そのものが自分にとってないフレーズで、刺激を受けました。

 

ここから、僕は自分がやりたいと思ったり、価値のあると思った仕事をやるという覚悟や、

自分でビジネスを生み出したいという思いとなりました。

この本に関する記事はこちら

 

 

11月 オフィスをシェア

オフィスのスペースが広く、ありあまっていたので、

「だれかとシェアしたい!」

と思うようになっていました。

 

本当に、言えば叶うもので、お得意先の方の知り合いのカメラマンさんがちょうどオフィスを探しているということから、オフィスをシェアするということに!

 

シェアというものを今までしたことがなかった僕は、シェアをすることによる意外な効果を感じることができ、今でも刺激を受けながら仕事ができています。

その記事はこちら

 

 

12月 Webサービス「コピペ広告」リリース

スクリーンショット 2012-12-28 22.21.08

 

 

そして、12 月。

自分から発信するビジネスとして、初のWebサービス「コピペ広告」をリリースしました。

http://copipekokoku.com

 

コピペ広告は、広告文をコピペするたった5分の作業で報酬をもらうことができるというサービスです。

 

これからは、1人1人がメディアを持っている時代です。

コピペ広告は、あなたが1人広告代理店となって、マイメディアで紹介をしていく形を目指しています。

 

登録はもちろん無料ですので、ぜひ登録していただけると嬉しいです。

 


 

2012年は、家族や取引先の方々、スタッフ、お知り合いの皆様、友達、、

本当に恵まれていた年で、

様々な人に助けられながら、サポートしていただけながら、ここまでくることが

できました。

 

しかし、まだなにもやっていなくて、やっと12月に自分のビジネスの基盤となるものができたのかなと思っています。

 

 

今年は「挑戦」の年です。

自分の考えや主張を全面に押し出して、自分でビジネスを作り上げていく年にしようと思っています。

 

2012年は、どちらかというと協調性の強い年でしたが、自分というものをビジネスにどのように取り入れていけばいいのか、迷いのある年でもありました。

 

やっと、方向性が決まりつつある今年。

誰もやったことのないことをやることに意味があると思うので、

自分の思うままに今年はやってみてみようと考えています。

 

来年も、様々な形でお世話になると思いますが、

どうぞよろしくお願いします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です